ワンピース物語の核となるであろう謎、古代兵器プルトンの正体。一発放てば島一つ跡形もなく消し飛ばす威力を持つという「プルトン」とはどんな兵器なのか。古代兵器プルトンの正体に関してワンピース原作に隠された伏線をもとに考察した。

古代兵器プルトンに関する原作における記述

ワンピース本編既出情報から見る古代兵器プルトンの正体

古代兵器プルトンの正体を探るにあたり、ワンピース作中に登場した古代兵器プルトンに関する情報を以下にまとめる。

古代兵器プルトン既出情報

  • プルトンは一発放てば島一つ跡形もなく消し飛ばすほどの威力を持つ
  • アラバスタのポーネグリフにはプルトンの全てとその在処が記されていた
  • プルトンとはウォーターセブンで造られた戦艦である
  • 造船史上最悪の戦艦であり、造船技師はプルトンの暴走を危惧した

これらの情報をふまえ古代兵器プルトンの正体について考察する。

この考察には新しい記事が存在します。

【プルトン考察】マクシムは伏線!古代兵器プルトンの正体”月へ帰る宇宙船”とインペルダウン
古代兵器プルトンの驚愕の正体とは!!? 実はこんなに伏線があった!!! アラバスタ編、ウォーターセブン編を経て、未だ詳細が明かされない古代兵器「プルトン」の正体を考察します。

ギリシア神話におけるプルトンとケルベロスの考察

古代兵器プルトンの名称から考える

まず、古代兵器プルトンに関して「プルトン」という名称からその正体を考察する。

「プルトン」とは神の名を持つ古代兵器であるとされていることから、ギリシア神話の「ハーデス」の別名「プルトン」と関連しているであろうことは明らかである。ギリシア神話においてハーデスといえば冥界の神、あるいは地下の神として有名であることから古代兵器プルトンは「冥界」「地下」と関わっていると考えられる。

古代兵器プルトンとケルベロス

さらに、ハーデスの物語は冥界を舞台としており「ケルベロス」がたびたび登場する。ギリシア神話においてケルベロスはハーデスの支配する冥界=地獄の番犬であるからである。よって、ワンピースにおいてもプルトンとケルベロスは深い関係にあると予想される。


ハデスとケルベロス

ワンピースにおいて「ケルベロス」とは何を指すか。以下の記事を読んでいただいた方は納得して頂けるだろう。ケルベロスの能力を持つ黒ひげティーチである。

眠らないからケルベロス?黒ひげの正体と能力者狩りの理由を考察
黒ひげの正体とは何者か。ティーチが「ヤミヤミの実」と白ひげから奪った「グラグラの実」という2つの悪魔の実を手に入れることができた理由と古代兵器プルトンとの関係は…最新話バギーの「眠らない」発言とケルベロスの追記あり。

つまり、古代兵器プルトンを手に入れ、操縦するのがケルベロスの黒ひげティーチということになるだろう。ちょうど古代兵器ポセイドンを導く者がいるように。

古代兵器プルトンを操縦するのは黒ひげティーチである

プルトンと対応するエピソードと「悪魔の実を食べた武器」

古代兵器プルトン編に共通する事柄

古代兵器プルトンの正体について、ここからは原作に張られた伏線を見ることで検証して行きたい。プルトンをめぐるエピソードは「アラバスタ編」及び「ウォーターセブン&エニエス・ロビー編」の2つである。

したがって、古代兵器プルトンの正体に関するヒントはこの2つのエピソードに置かれていると考えられる。そこで、これらのエピソードを見てみると、ある共通の事柄が描かれているのである。それが、「悪魔の実を食べた武器」である。

  • アラバスタ編:犬銃ラッスー(イヌイヌの実モデルダックスフントを食べた銃)
  • エニエス・ロビー編:象剣ファンクフリード(ゾウゾウの実を食べた剣)

注目すべきは、この2つが共に動物(ゾオン)系悪魔の実を食べた武器である点である。プルトンをめぐる2つのエピソードにおいてのみ、悪魔の実を食べた武器が登場することから、古代兵器プルトンもまた動物系悪魔の実を食べた戦艦であるという伏線となっているだろう。

古代兵器プルトンは動物系悪魔の実を食べた戦艦である

悪魔の実の能力はどこに宿る?悪魔の実を食べた物とプルトンの伏線

悪魔の実の能力の宿る場所と古代兵器プルトン

それでは、どのように戦艦であるプルトンに悪魔の実を食べさせるのだろうか。

アラバスタ編にて犬銃ラッスーが登場した際、悪魔の実を食べた物に関しては「グランドラインの新技術」と説明されている(20巻184話)。さらにエニエス・ロビー編ではその「新技術」は軍の科学者Dr.ベガパンクが解明したものであると明かされた(45巻433話)。その新技術、物に悪魔の実を食べさせる方法について以下、検証していこう。

「物が悪魔の実を食べる」という事例を考える前に、そもそも、悪魔の実の能力はそれを食べる人間のどこに宿るのかを考える必要があるだろう。その答えは以下のセリフにある。

ブルック「私をこの世に生かす”力”は…臓器でもない筋肉でもない そう……”魂” !!!」
ワンピース65巻643話

ブルックといえばヨミヨミの実の能力により白骨化した体で蘇ったためその体に臓器などは存在しない。それでもブルックを生かす「力」とは=「魂」であると言っているので、悪魔の実は能力者の魂に宿っていると考えられるのである。

そうだとすれば物体であってもそこに「魂」があれば能力を得ることは可能なのである。突拍子のない意見に思えるだろうか。しかし、原作にはその根拠がしっかりと描かれている。

古代兵器プルトンと船に宿る妖精クラバウターマン

船の化身「クラバウターマン」、やはりプルトン編2回目のエニエス・ロビーで描かれた内容である。

尾田 栄一郎「ONE PIECE」37巻351話/集英社

クラバウターマンとは「本当に大切に乗られた船にのみ宿る妖精」であると説明されている。ここではメリー号であったが「大切にされた物」にもクラバウターマンのような魂を持つ「化身」が宿っているのではないだろうか。

犬銃ラッスーの画像をもう一度見てほしい。犬銃ラッスーは「Mr.4の愛銃」であると書かれており、Mr.4が大切にしている銃であることが意図的に示されているのである。

そのように考えると、大切にされた物には魂を持つ化身が宿っており、その化身が悪魔の実を食べることで能力を得ることができるという結論になる。つまり、古代兵器プルトンに悪魔の実を食べさせるためには戦艦の「クラバウターマン」に悪魔の実を食べさせるという方法を取るだろう。先の画像に描かれたクラバウターマンにも口だけが不自然に描かれているのはそのためだろう。

古代兵器プルトンを手に入れるであろう黒ひげティーチも以下のように発言している。

黒ひげ「こんな事ならマリンフォードで軍艦一隻奪って来るんだった!!」
バージェス「物には愛着ってもんがあるだろう!?」
ワンピース61巻595話

「軍艦」そして「愛着」というキーワードは、まさしく黒ひげティーチが手に入れるであろう古代兵器プルトンとそのクラバウターマンに関する伏線と捉えることができる。

古代兵器プルトンとは戦艦のクラバウターマンが悪魔の実を食べた状態である

— 以下、追記しました(2015.3.2) —

古代兵器プルトンは海に浮かない船である

アラバスタ編に描かれた古代兵器プルトンのモチーフ

古代兵器プルトンが悪魔の実を食べた戦艦であるとすれば、気になるのは海に浮くかどうかという問題である。

悪魔の実を食べた能力者が海に嫌われ泳げないように、悪魔の実を食べた古代兵器プルトンは海を航行できないのではないか。ということである。結論から言ってしまえば古代兵器プルトンは海を航行できないと考えられる。以下、その根拠を示そう。

プルトン編1回目にあたるアラバスタ編において、レインベースからアルバーナに向かう際に一味を乗せた「ヒッコシクラブ」という幻のカニが登場した。

カニといえば海に生息する生き物であるが、ヒッコシクラブは砂漠の生き物であるため、水が苦手であると説明されており、本編でも水に沈んでいる。このヒッコシクラブの設定は海を航行できない戦艦プルトンを暗示しているのではないか。少し強引に思われるかもしれないが、このシーンが描かれたワンピース20巻の表紙裏の作者コメントにそれを裏付ける記述がある。

リズムのある言葉は聞いてて気持ちがいいでしょ。「河童の川流れ」とか。「やっぱり春なのね」とかね。
ワンピース20巻表紙裏

「河童の川流れ」といえば「泳ぎのうまい河童も水に流されることがあるように名人も時には失敗する」というような意味で用いられる諺である。ヒッコシクラブが水に溺れるシーンが描かれた巻にこのコメントを寄せているのは、このシーンが何か重要な意味を持つことを示しているのではないか。それが、戦艦でありながら水に溺れる古代兵器プルトンなのである。

ウォーターセブン編に描かれた古代兵器プルトンのモチーフ

さらに、2回目のプルトン編であるウォーターセブンにおいても「海を走れない船」が登場する。麦わらの一味の船メリー号である。竜骨を損傷し、次の島まで持つ確率は0であると言われたのメリー号はやはりエニエス・ロビー編ラストで海に沈んでいるのである。

「悪魔の実を食べた武器」と同様に「海を走れない船」の伏線も2つのプルトン編にしっかりと描かれていることをここに付け足しておく。

古代兵器プルトンは海を航行できない戦艦である

以上、古代兵器プルトンに関して、作中の記述からその正体は悪魔の実を食べた戦艦であり、海を航行できないと考察しました。古代兵器プルトンについて、その目的や食べた悪魔の実については、いずれ古代兵器編に書く予定です。

【プルトン考察】マクシムは伏線!古代兵器プルトンの正体”月へ帰る宇宙船”とインペルダウン
古代兵器プルトンの驚愕の正体とは!!? 実はこんなに伏線があった!!! アラバスタ編、ウォーターセブン編を経て、未だ詳細が明かされない古代兵器「プルトン」の正体を考察します。

この考察にコメントする

215件のコメント

  1. 匿名

    黒ひげ海賊団は二年後編できちんとした船持ってましたよ。
    ドレスローザでもバージェスが黒ひげ海賊団を支える10人の巨漢船長の一人!!って紹介されてます。

  2. 新世界

    メリー号の意思を継いだサニー号にはもちろんクラバウターマンがいますよね。
    悪魔の実食べる説が本当ならサニー号にも可能性はあるかも
    しらほしのポセイドン、戦艦プルトン、天候を操る力ウラヌス。ウラヌスは親元がなぜかわからないナミ説が有力
    3大兵器を麦わら海賊団が持つ意味は、古代兵器を
    作られた本来の目的であるこの世を大いなる災から守ることを果たすため。

  3. D

    強引に伏線に持っていきすぎでわろた。意味分からん笑

  4. 匿名

    その考えなら魚人島に沈んでるノアが有力になるね。海を航行できない点も、ノアは海王類が引くと明言してるから辻褄が合う。

  5. 匿名

    プルトンてフランキーが持ってた設計図のやつかな?なら、サニーとフランキーでしょ。シラホシの話で古代兵器と操り手みたいな関係が出てきたし、空島編もチビが出てきてアラバスタはビビがいたし、モモノスケもそれっぽいし。

215コメント

コメントをどうぞ