ワンピースにおける最大の謎「Dの意志」。Dの意志については様々な憶測が飛び交っていますが、ここではDの意志のモデルが「テンプル騎士団」及び「フリーメイソンリー」であると仮定して、Dの意志の正体とその思想を考察します。

これまでに登場した「Dの意志」に関する記述

まず、「Dの意志」について、ワンピース本編に描かれている情報をまとめます。

「Dの意志」についてわかっていること

  • Dの意志は「空白の百年」と関わっている(32巻301話)
  • ロジャー、白ひげは「D」の意味を知っている(59巻576話)
  • 遠い昔から受け継がれてきたもの(59巻576話)
  • 数百年分の歴史を背負って巨大な戦いを起こす(59巻576話)
  • 五老星は「D」が人目に触れることを危惧している(60巻594話)

これらのことから、Dの意志は「空白の百年」と関係し、その後の数百年の歴史を背負い世界中を巻き込む「巨大な戦い」を起こす存在として世界政府から恐れられているということが分かります。

また、「空白の百年」と関わっていることから、かつて栄えた「巨大な王国」とも関係していると考えられます。

以上の記述を前提として、「Dの意志」とは何かを考察します。

「Dの意志」のモデルは海賊の起源「テンプル騎士団」

海賊の起源「テンプル騎士団」とは

まず、「D」の名を持つ者のほとんどが海賊であることから、海賊のルーツをたどってみると「テンプル騎士団」に行き着きます。「Dの意志」とはこの「テンプル騎士団」をモデルとしていると考えられます。

テンプル騎士団とは

テンプル騎士団は中世ヨーロッパで活躍した騎士修道会であり、そのうちの最も有名な1つ。聖地エルサレムの巡礼者の防衛を目的として1096年に創設された。

「テンプル騎士団」は世界的に人気となった「ダ・ヴィンチ・コード」に登場したことで日本でもその名が広く知られるようになりました。

テンプル騎士団の歴史

中世のヨーロッパ全土を支配する程の勢力を持っていた「テンプル騎士団」は、13世紀の終わり、中央集権化を進めるフランス王フィリップ4世による会員の一斉逮捕により、壊滅に追い込まれました。

フィリップ4世は聖地エルサレムを制服して一族に継承し、何世代にもわたって全ヨーロッパに強大な影響力を及ぼすという計画のため、当時、慢性的な財政難に陥っていたフランスにおいて、富裕なテンプル騎士団に目を付けました。

フィリップ4世は最大の債権者であったテンプル騎士団からの債務帳消しをもくろみ、テンプル騎士団の資産の没収し、壊滅させました。

その方法は非常に残忍なものであり、異端行為(反キリスト、悪魔崇拝など)という不当な容疑をでっち上げてテンプル騎士団会員を一斉に逮捕し、罪を自白するまで拷問を行いました。

その後、フィリップ4世は口封じのため、投獄されていた4人の指導者たちの処刑を指示し、ジャック・ド・モレーら最高指導者たちは生きたまま火あぶりにされました。残された団員たちは海を渡って海賊となりました。

テンプル騎士団と海賊旗

テンプル騎士団最後の総長であった「ジャック・ド・モレー」はパリのシテ島で処刑されました。


テンプル騎士団最後の総長「ジャック・ド・モレー」

その後、残されたテンプル騎士団の団員たちが彼の遺骨を掘り起こした際、頭蓋骨がクロスした2本の骨とともに埋まっていた事から、「頭蓋骨と2本の骨さえあれば人は復活できる」という意味を込め「ジョリー・ロジャー」と呼ばれる海賊旗をシンボルとして掲げました。

これが海賊の起源とされています。

テンプル騎士団歴代総長の名と「Dの意志」

また、テンプル騎士団の歴代総長23名のうち、19名の名に「de(ド)」がついています。上でみた最後の総長「ジャック・ド・モレー」もその一人です。

テンプル騎士団歴代総長

  • ユーグ・・パイヤン(Hughes de Payens)
  • ロベール・・クラオン(Robert de Craon)
  • エヴェラール・デ・バレス(Everard des Barres)
  • ベルナール・・トレムレ(Bernard de Tremelay)
  • アンドレ・・モンバール(André de Montbard)
  • ベルトラン・・ブランシュフォール(Bertrand de Blanchefort)
  • フィリップ・・ミリー(Philippe de Milly)
  • オドー・・サンタマン(Odo de St Amand)
  • アルノー・・トロージュ(Arnaud de Toroge)
  • ジェラール・・リドフォール(Gérard de Ridefort)
  • ロベール・・サブレ(Robert de Sablé)
  • ジルベール・オラル(Gilbert Horal)
  • フィリップ・・プレシス(Phillipe de Plessis)
  • ギヨーム・・シャルトル(Guillaume de Chartres)
  • ペドロ・デ・モンタギュー(Pedro de Montaigu)
  • アルマン・・ペリゴール(Armand de Périgord)
  • リシャール・・ビュレ(Richard de Bures)
  • ギヨーム・・ソナク(Guillaume de Sonnac)
  • ルノー・・ヴィシエ(Renaud de Vichiers)
  • トマ・ベラール(Thomas Bérard)
  • ギヨーム・・ボージュー(Guillaume de Beaujeu)
  • ティボー・ゴーダン(Thibaud Gaudin)
  • ジャック・・モレー(Jacques de Molay)

この「de」とはフランス革命以前に貴族であった者の子孫を表します。つまり、テンプル騎士団と「Dの意志」が関係しているとすれば、「Dの一族」とは「かつて栄えた王国」の貴族、支配階級であった可能性が高いということになります。

テンプル騎士団の汚名が晴らされたのは、壊滅から600年後の1907年、ドイツの歴史学者によって完全な冤罪であったことが証明されました。

ワンピースにおいても、「かつて栄えた王国」の謎が明らかとなり、800年の時を経て、Dの意志の汚名が晴らされることになるかもしれません。

テンプル騎士団が「Dの意志」のモデルであった場合の可能性をまとめてみます。

  • Dの一族とは かつて栄えた「巨大な王国」の支配階級の末裔である
  • Dの一族は海賊の起源と深く関わっている
  • Dの意志には「復活」の意味が込められている
  • Dの一族の汚名はのちに歴史学者によって冤罪が証明される

さらに、この海賊の起源「テンプル騎士団」の歴史には続きがあります。

テンプル騎士団そして「フリーメイソン」とその思想

テンプル騎士団と「フリーメーソン」

フランス王フィリップ4世によって壊滅に追い込まれた「テンプル騎士団」ですが、その後、残党がスコットランドに逃げ延びて新たに組織を作りました。テンプル騎士団のシンボルや用語、階級が継承されているその組織とは「フリーメイソン」です。

フリーメイソンとは

「フリーメイソン」とは全世界に600万人もの会員を持つ友愛結社。「自由」「平等」「友愛」「寛容」「人道」の5つの基本理念を持つ。

「Dの意志」のモデルが「テンプル騎士団」であるとすると、その生き残りが作った「フリーメイソン」もまた「Dの意志」と深く関係していると考えられます。

むしろ、テンプル騎士団が「空白の100年におけるDの一族」であるとすれば、フリーメイソンは「世界政府によって滅ぼされた後の生き残りたちが受け継ぐ「Dの意志」と考えてもいいでしょう。

テンプル騎士団→ フリーメイソンの思想
空白の100年の「Dの一族」→ 「Dの意志」

それでは、Dの意志に繋がる「フリーメイソン」の思想とは何かを見ていきましょう。

フリーメイソンの思想と「Dの意志」

「フリーメイソン」とは全世界に600万人もの会員を持つ友愛結社です。「自由」「平等」「友愛」「寛容」「人道」を基本理念とし、宗教の壁を超え、世界が一つになることが大切であるという理念を持っています。

かつて、スコットランドの石工職人の同業組合が、自分たちの技術や知識を他の職人から守るために暗号を使用したのが始まりで、その名残として、石工の道具であった「直角定規とコンパス」がシンボルマークとされています。

この「石工職人」と「暗号」というワードも「かつて栄えた巨大な王国」が決して砕けない硬い石を扱い、「ポーネグリフ」を残したことと繋がるかもしれません。

また、フランス革命の背後に「フリーメイソン」が関わっていたこともワンピースにおける「Dの意志」と繋がります。フランス革命の当事者の多くが「フリーメイソン」であったことは有名です。フランス革命が掲げた「自由」「平等」「友愛」という理念は、先に挙げたフリーメイソンの基本理念とも一致します。

ワンピースにおいて「革命」といえば、Dの一族であるドラゴン率いる「革命軍」ですが、この革命軍の行動がフランス革命と関係していることは明らかです。

だとすれば、Dの意志を継ぐモンキー・D・ドラゴンもまた「自由、平等、友愛」というフリーメイソンの思想を持っていると考えられます。

Dの意志とは「世界を一つにする」という意志である

ここまで、ワンピースにおける「Dの意志」が、「テンプル騎士団」とその生き残りが創設した「フリーメイソン」をモデルとしているとして、その共通点を見てきました。

他にも「ユダヤ教」、「カバラ数秘術」など、ワンピース作中には「フリーメイソン」との関係が多数見られますが、ここでは「Dの意志」に関係するもののみ取りあげました。

「Dの意志」が「フリーメイソン」をモデルとしていると仮定すると、その思想は「自由」「平等」「友愛」「寛容」というフリーメイソンの基本理念、さらには「宗教の壁を超え、世界が一つになる」ことを目的としていると考えられます。

「世界を一つにする」とは、魚人族への差別や奴隷制度の撤廃といった差別のない世界を作るという意味だけではなく、「グランドライン」と「レッドライン」によって4つに分割された世界を一つにするという思想でもあるのではないか。この点については以下の考察で取りあげます。

【Dの意志考察】受け継ぐのは「3つの思想」神の天敵の正体と世界の破壊の目的
宿命の種族「D」の正体とは、Dの由来や意味、Dの一族の目的「世界の破壊」とは何か。ワンピースにおいて最も重要な伏線の一つ「Dの意志」について、Dに関する謎をまとめ、Dの一族の全てを考察する。

この考察にコメントする

47件のコメント

  1. 3ω3

    フリーメイソンに関してはデーヴィットアイクというジャーナリストがおすすめで、
    実はメイソンは平和な世界を目指して活動しているわけじゃなくて
    世界を統一して完全な奴隷制をつくろうとしているわけです。
    それに活躍したのがジョンレノンのイマジン
    「国境はない、天国はない、みんなが同じならば簡単なこと」
    海賊旗はスカル・アンド・ボーンズっていうアメリカ大統領のブッシュも入った秘密結社のシンボルでもあるけど、あれはインディアンの骸骨かなんかをシンボルとしてたような気がする。ブッシュは写真では真ん中ではなくて、左側にいて、ブッシュよりも権力のある人がいるというのがスカルアンドボーンズの写真の中でもわかる。スカル・アンド・ボーンズを表したアーティストでNWOからとったと思うワールドオーダーっていうダンスアーティストがいるけど、彼らもメイソン。
    NWOはいいものじゃない。
    それは世界を見ればわかる
    そしてDの意思ってのは廃れさせられたドラゴン族が
    世界を本当のひとつの平和にするってことならいいんだけどね。
    それとメイソンの平和ってのは嘘だってこと。
    ワンピースの世界観だと世界政府、グローバル(わかりづらくしてる)がメイソンのもので、Dの意思とはちょっと違う。この作品が秘密結社と関係しているのはそうだけど

  2. ばいなりい

    フリーメーソンもありなら、クリスチャン・ローゼンクロイツの薔薇十字団も登場させちゃえ。ドレスローザにつながるかもね(笑)

  3. 匿名

    俺がいなきゃワンピースは現れないんだなwww.

  4. 匿名

    まあまあ

  5. 匿名

    ワンピース、すごいわね。

  6. 123

    「Moon」「key」「D.」「Luffy」

  7. 黒ひげ

    人の夢は
    終わらねぇ!!!!!

  8. 参謀長(`・ω・´)

    な、なるほどぉ、、、。
    テンプル騎士団などの歴史や神話を入れるという、細かいですね(´・ω・`)
    でも、この考察は解りやすかったです(^ω^)

  9. saki

    スゲェこれはやばい

  10. ティーチ

    おれの夢はねぇ

  11. 歴史は繰り返す

    自由、博愛、友愛などはこの作品の主題だろう。
    これらの思想は過去に都合が悪いと考える人もいた。
    将来、この作品は禁書になるかもしれない。俺が生きているときか、死んだ後かわからないが。そして戦争は起こった。
    作品の中だけでなくリアルの歴史にも既に影響を与えているような気がする。
    管理人様の鋭い考察がリアルの歴史で戦争を起こさないことにも注がれることを望んでいます。

  12. GULEIRU

    やっぱるふぃーかっけ!!!!

  13. インシー

    海賊が夢をもつなど俺様がゆるさねぇ!!!!

  14. pochi

    歴史学者はロビンですかね^^

  15. 匿名

    ぞわっとしました
    当たりはずれを抜きにしても読んでいて面白いし、俺的にはこれが当たりでいいやって思わせる説得力がある
    それにたぶん当たってるだろこれ

  16. 匿名

    これ読むとDってdestroyのDっぽい

  17. 匿名

    面白いです!

47コメント

コメントをどうぞ