Dの意志エース

【最終回考察】Dの意志の正体とその本当の意味!Dの引き起こす巨大な戦いとは

ワンピースにおいて最も重要な謎の一つである「Dの意志」。ワンピース最終回の考察として、Dの意志の正体について、ワンピース原作における記述から考察する。

白ひげの言葉から考える「Dの意志」の正体

「Dの一族」の正体とその思想「Dの意志」を探るヒントとして、頂上戦争の際の白ひげの発言は極めて重要な内容を含んでいる。

白ひげとひとつなぎの大秘宝

尾田 栄一郎「ONE PIECE」59巻576話/集英社

“血縁”を絶てど あいつらの炎が消える事はねェ そうやって遠い昔から脈々と受け継がれてきた そして未来…いつの日か その数百年分の”歴史”を全て背負ってこの世界に戦いを挑む者が現れる

センゴク…お前達「世界政府」は…いつか来る…その世界中を巻き込む程の”巨大な戦い”を恐れている

興味はねェが…あの宝を誰かが見つけた時 世界はひっくり返るのさ 誰かが見つけ出す その日は必ず来る “ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”は実在する ワンピース59巻576話

このセリフを「Dの意志」を中心に言い換えると以下のようになる。

白ひげ発言における「D」

  • 「Dの意志」とは遠い昔から受け継がれてきたものである
  • 「D」を継ぐ者は数百年分の歴史を全て背負って世界に戦いを挑む
  • 「Dの意志」が起こす世界中を巻き込む程の「巨大な戦い」を世界政府は恐れている。

この白ひげのセリフと同じ内容がシャボンディ諸島でのロジャー海賊団の副船長シルバーズ・レイリーとの会話に登場する。以下、レイリーの発言からDの意志の正体を探る。

ロジャーの言葉から考える「Dの意志」の正体と目的

「Dの意志とは何か」と問うロビンに対し、空白の100年を含む「歴史の全てを知った」とレイリーは答える。そして、続くセリフが以下である。

我々もまた “オハラ”もまた 少々急ぎすぎたのかもしれん キミ達に今ここで歴史の全てを私が話しても 今のキミらには何もできやしない ゆっくりと世界を見渡してその後に導き出す答えが我々と同じとも限らない ワンピース52巻507話

このレイリーの言葉は「歴史の全てを知る」→「何らかの答え(行動)」という図式で白ひげのセリフと共通している。すなわち、白ひげのセリフにおいて主語は「Dの意志」であり、レイリーのセリフにおいては「ロジャー海賊団」及び「麦わらの一味」というように「D」を名に持つロジャーとルフィという個人に落とし込んでいる。

  • 「Dの意志」:歴史を知る→世界に戦いを挑む
  • ロジャー海賊団:歴史を知る→大航海時代を作る(少々急ぎすぎた)
  • ルフィ:歴史を知る→???(現時点では何もできない)

ロジャーは「世界をひっくり返す」ために海へ出たとされている(61巻603話)。「世界をひっくり返す」とは白ひげのセリフから「巨大な戦い」の結果であるから、Dの名を持つロジャーは、世界中を巻き込む程の「巨大な戦い」を起こし、世界をひっくり返そうとしていたことになる。

しかし、当時はまだ時期が早く、「世界に戦いを挑む」という答えは出せずに自首することで大航海時代を引き起こし、その意志を次世代へと託した。

この意志を継いで、世界中を巻き込む程の「巨大な戦い」を起こすという答えを出すのが主人公モンキー・D・ルフィであるということをレイリーのセリフは表しているのである。

以上のことから「Dの意志」とは次のようにまとめられる。

「Dの意志」の目的は 世界中を巻き込む「巨大な戦い」によって「世界をひっくり返す」ことである

「D」が引き起こす 世界中を巻き込む程の「巨大な戦い」と革命軍

それでは、「Dの意志」が起こそうとする「巨大な戦い」とは何か。

冒頭に挙げた白ひげの発言が頂上戦争時のものであることから、Dの意志が引き起こす「巨大な戦い」とは、世界政府を倒す戦いにヒントがあると考えるのが妥当である。

「世界政府を倒す」というワードから思い浮かぶのは「世界政府を直接倒そうとする力」であるという革命軍であろう(45巻432話)。革命軍総司令官ドラゴンもやはりDの一族である。とすればDの引き起こす巨大な戦いとは革命軍の動きと一致すると予想される。

Dの意志を継ぐモンキー・D・ドラゴン率いる革命軍の思想とは「自由と平等の世界を目指して世界政府を打倒する」ことであると以前考察したた。よって、Dの意志もまた、「自由」や「平等」のために「巨大な戦い」を引き起こし、世界政府を打倒しようとしているのではないだろうか。

ドラゴンがゴア王国に訪れた際、以下の言葉を叫んでいる。

自由の為 共に戦う意志のある者は この船に乗れ!!! ワンピース60巻587話

ここであえて「意志」という言葉が使われていることから、ドラゴンのこの言葉こそ「Dの意志」そのものであると考える。

「Dの意志」とは「自由」の為に戦う意志である

「Dの意志」と かつて栄えた「巨大な王国」の思想の共通点

Dの名が世間に触れることを世界政府が危惧していたように、革命軍の思想もまた、世界政府によって危険視されている(ワンピース16巻142話)。

しかし、ワンピース作中にはもう一つ危険視されている思想がある。それが、かつて栄えた「巨大な王国」の思想である。

世界政府が恐れているもの

  • Dの意志の引き起こす「巨大な戦い」(59巻576話)
  • 革命軍(ドラゴン)の思想(16巻142話)
  • かつて栄えた「巨大な王国」の思想(41巻395話)

ここまで「Dの意志」が革命軍の思想と共通することを述べた。ならば、この2つの思想はかつて栄えた「巨大な王国」の思想とも共通するのではないか。オハラの考古学者クローバーが五老星に対し、以下の発言をしている。

おそらく後に「世界政府」と名乗る連合国の前に敗北を悟った彼らは その思想を未来へ託そうと全ての真実を石に刻んだのじゃ それこそが現代に残る”ポーネグリフ”!!! “古代兵器”は確かに世界を脅かす!!! だが!!それ以上に歴史と共に呼び起こされるその王国の”存在”と”思想”こそが お前達「世界政府」にとっての脅威なのではないか!!! ワンピース41巻395話

かつて栄えた巨大な王国は何らかの「思想」を未来へ託そうとポーネグリフに歴史を刻み、その王国の残した「思想」こそが世界政府にとって脅威であるというのである。

同じように「D」の名を持つ者たちも何らかの思想=意志を受け継がせており、世界政府の脅威となっていることから、かつて栄えた巨大な王国の思想とDの意志とは共通のものである可能性が高い。

そうであるならば「D」の受け継ぐ思想は世界政府が誕生する以前から存在していたことになる。ここが最も重要である。Dの意志の引き起こす「巨大な戦い」とは革命軍の行動のように単に「世界政府の打倒」ではない。

したがって、Dの意志が引き起こす「巨大な戦い」には別の意味が込められているのではないだろうか。

「Dの意志」とは世界政府が誕生する以前から存在しており、「Dの意志」の引き起こす「巨大な戦い」とは 世界政府の打倒ではない

「D」が引き起こす 世界中を巻き込む程の「巨大な戦い」の本当の意味

「巨大な戦い」と頂上戦争

それでは、「世界政府の打倒」以外に世界政府が恐れるというDの意志が引き起こす「巨大な戦い」とは何か。その伏線は、やはり頂上戦争の中に隠されている。

頂上戦争の始まりのシーンを思い出してほしい。白ひげのグラグラの実によって引き起こされた「海震」とそれに伴う「津波」が印象的に描かれている。センゴクはそれを「世界を滅ぼす力」と表現しており、頂上戦争は大災害から始まるのである。

巨大な戦いと古代兵器

尾田 栄一郎「ONE PIECE」57巻552話/集英社

さらに、頂上戦争の終わりには、その「グラグラの実」の能力を黒ひげが奪い、「この世の全てを思い通りにできそうだ」と発言した(59巻578話)。

このように、頂上戦争という巨大な戦いは「グラグラの実」による「津波」という大災害に始まり、「この世の全てを思い通りに」することで終わる。これはDの意志の引き起こす「巨大な戦い」を表しているだろう。Dの引き起こす巨大な戦争とは「大災害」によって始まり「世界を思い通りに作り替える」ことであろうと考えられる。「グラグラの実」=「世界を滅ぼす力」、そう「古代兵器」を使用することによって。

  • 頂上戦争:グラグラの実→この世の全てを思い通りにする
  • 巨大な戦い:古代兵器→世界を思い通りに作り替える

巨大な戦いとは「巨大な災害」の隠喩(メタファー)である

Dの引き起こす「巨大な戦い」が災害を表すであろうことはワンピース作中に伏線が多数存在する。

アマゾン・リリー元皇帝のグロリオーサは頂上戦争という「巨大な戦い」を「巨大な嵐」と表現していた(59巻582話)。また、トラファルガー・ローの「”D”はまた必ず嵐を呼ぶ」という発言(60巻591話)もやはり、Dの意志が「嵐」を巻き起こすことを表しているだろう。

さらに、白ひげの「巨大な戦い」というセリフが描かれた59巻576話の扉絵にもそれを裏付けるような絵がある。

Dの意志の巨大な戦いと扉絵

尾田 栄一郎「ONE PIECE」59巻576話扉絵/集英社

フランキーの服には「METAL」とあり、ブルックの服には「メタボ」と書かれている。ロビンの服の文字は「…taph…」と隠れているが、先の2人から考えれば、文字の頭にくるのは「meta」であると分かり、「metaph…」だとすれば、そこに書かれているのは「metaphor=隠喩」である。

つまり、この576話に何かしらの隠喩が隠されていることのヒントだとすれば、それが「巨大な戦い=災害」である可能性は十分にある。

「巨大な戦い」で世界を作り変える

「古代兵器を使い 世界を思い通りに作り替える」といえば、ワンピースの世界において海を4つに分ける「レッドライン」と「グランドライン」の破壊以外に考えられない。「自由」を求めるDの意志にとって、一番自由を阻んでいる存在は「レッドライン」と「グランドライン」である。

しかし、自由のためとはいえ、世界を一周するような巨大な大陸を破壊すれば、大災害は免れないであろう。世界政府が恐れているというのはこの世界中を巻き込む程の巨大な災害である。

「Dの意志」とは かつて栄えた「巨大な王国」の思想を受け継ぎ、世界を4つに隔てるレッドラインとグランドラインを古代兵器によって破壊し、人々の自由を実現する意志である。

追記:Dの意志と天竜人(2014.12.4)

ワンピース764話において、Dの一族が「神の天敵」と呼ばれていることが、コラソンのセリフから明らかとなった。同話では「神」=天竜人であると仮定した場合、Dの一族は「この世界の破壊」という天竜人に相対する思想を持つとも明かされている。

よって、ここでの考察と照らし合わせるならば、Dの一族の思想とは「この世界の破壊」=「グランドライン及びレッドラインの破壊」であると考えられる。

また、「天竜人に相対する思想」とされていることから、天竜人の思想とは4つに隔てた海を利用した世界の支配を持続させるというような思想となるだろう。

天竜人とは「この世界の創造主の末裔」とされており(ワンピース52巻503話)、「創造主」が旧約聖書創世記における「神」のような存在を表しているとすると、天竜人とはグランドライン及びレッドラインを作った天地創造の神である可能性が高い。この天地創造がワンピースの世界においてどの時期に行われたかは定かではないが、空白の百年より遥かに昔の出来事であろう。

天竜人とDの一族の関係を表すと以下の様になる。

天竜人:世界の創造主の末裔=ワンピースの世界を創造した神の血を引く者
Dの一族:(4つに隔てられた)世界の破壊という思想を受け継ぐ者

以上、「Dの意志」の正体に関する考察でした。これに関わる詳しい最終回の考察は「古代兵器」「空白の百年」「ひとつなぎの大秘宝」「かつて栄えた王国」に書く予定です。何か意見のある方は何でもコメントしてください。

この考察を支持しますか?
  • 支持しない (5)
  • 支持する (9)

考察者:

関連ワンピース考察

考察へのコメント 336

  • 匿名

    Dの意思が世界政府打倒ではなく「それ以前から有る意思」っていうのが凄いと思いましたー!。天竜人が作らせてる巨大な橋(ロビンがくまに飛ばされた橋)はどんな目的なのー?

  • 匿名

    面白いな、ここまで読みとくとか、もはや考察の域越えてる(笑)
    でも、ルフィーが海割りたいとかレッドライン邪魔って思ってる描写がないんだよな。
    どう関わってくるんだろ?

  • 名無し

    ワンピース=ひとつなぎの財宝=隔たりが無くなりひとつなぎになった自由な世界って事か

  • りゅう

    「ジュラキュール・D・ミホーク」だそうです。名前の中に「だ・で・ど」が入っていなくてもDの一族の可能性が出てきたので考えが広がります。

  • アンピース

    タイトルの「Piece」が「Peace」にかけてあるのは自明です。
    作者は言葉遊びが大好きで、駄洒落の天才なのですから。

  • エターナルヒーロー

  • ムック

    災害を起こして4つを1つに
    災害の悪魔のみ能力
    グラグラ、カゼカゼ、ゴロゴロ、
    後なんだろ…
    でそれぞれ用途に合う古代兵器…

  • 匿名

  • popoburazil

    世界ひとつなぎの大秘宝。それは命。dは夢の頭文字。悪魔の頭文字ともとれるが。善と悪の間で悩む。人間とは動物より高等で直感で動かず意思によってNニュートラルになる理性を持ったため選択肢が増えて、様々な文明を築く運びとなったようだ。地球も宇宙も人間も生き物から量子や肉眼では見えない物質全て命の派生である。他者と干渉せず共感する生き方が必要となる。無関心ではいつまでもテロリズムの歯止めをすることはできないようです。

  • popoburazil

    月の民は現代の人に期待をしています。(たぶん(^^;)夢は大きく、きっと叶うと。ドラえもんもドラゴンボールも小さい頃からよく観てました。大きな夢ならば…と月に行って餅つきに行きたいな。(^^)と…
    つ…つまらん(ノ-_-)ノ~┻━┻

  • お宝としてのワンピース自体が何か物質的な物である可能性はあると思いますが、
    結局、その上で、本当の one piece は one peace だったんだ!
    みたいな感じになるんじゃないでしょうか?
    そう思う理由は単純で、どんなに予想外の物質であれ、
    ワンピースが物質だったら、これだけの大ヒット作でこれだけ引っ張った訳だから、
    たぶんほとんどの人は、なんだ、そんな物かよ、ってなると思うから。
    いくら天才尾田でも大勢をおお~!とうならせる物質的お宝は出せないと思います。
    短期連載だったら、うなる物でも、読者の期待はもはや無限大の境地にあるので、それが別世界への入り口の様は途方もない物であっても、逆に一粒の種の様なシンプルな物であっても、無理だと思う。
    その点、「平和な世界」なら、そんなダジャレかよ、ってなるだろうけど、
    テーマと言うか内容的にと言うか、そう言う意味では、
    納得はできるんじゃないかな?と思う訳です。
    それに基本、今も少年漫画だと考えると、多少の英語を覚えたての
    (もしくは知らない)小中学生でも、そうだったんだ!って理解できそうだし。
    (むしろ素直に受け入れて感動してくれそう。)
    ついでに、作品内での文字が主に英語なのも、その為の伏線とも考えられるかも。
    別にワンピースが平和だった!とかルフィ達が言う訳じゃなく、
    最終回の最後の一コマ、見開きでニュース・クーの配った新聞の一面に
    ルフィ達一味の笑顔の写真が大きく掲載、ヘッドラインに英語で、
    WAR IS OVER !
    NOW ONE PEACE !
    書いてあるとか。(いつも通りに日本語訳も付けてね)
    小中学生にも分かる最初の英語の教科書の最初の言葉として
    ONE PEACE HAS COME !
    とかも有力かな?

  • popoburazil

    お宝がどんなものかわくわくする。物語も昔からの語り部や伝える物がないと存在がないように時と場が必要。時はじいさん、場はばあさんと例えればこれまた命とつながる(^_^)-c<^_^;)。少しずつ知ることができてたくさんの共感する人と何気に嬉しい気持ちになる。月はいつも同じ面を見せるが、自転と公転の周期が一緒なんだとか、月と地球の絶妙なシンクロももし、ちょっとでもずれて干渉したとすると、命の派生するかけがえのないこの場はどうなるのか。クエーサーまではならないと思うが何かしら影響はある。生命自体存在できなくなるかもしれない。人はどこから来てどこへ向かうのか、そこから殺の感情は生まれることはない。命を頂戴するというのはあり得ない。ひとりひとりの命が地球や宇宙という大きな命から派生すると考えれば当人だけでは奪いきれないはずだ。奪ったのは活動のみ、そして残るのは後悔である。命は悠久で始めも終わりもない。ここ日本は世界から注目されている。同時にテロにも狙われるのは必然的だが、そいった殺伐とした干渉をも包みかえしてみたいと願うものである。将来の東京のオリンピックの大成功をと。月の民も一緒に期待してるのです(^^)たぶん(^^;

  • popoburazil

    火、水、木、金、土。水は火を消し、金は木を切り、火は木を燃やし、木は土に還る等、それぞれが生かして循環している。その中で物質も結び付いて複雑に化合して新しい物質を生成している。星も元々は元素から成り、時間かけてたくさんの化合物を生み、また結び付いてそれぞれが太陽の熱や光、まだ解明されてない宇宙の物質や作用を得て銀河や太陽系を成している。これらは場の提供と考え、古代の人達の記憶、伝えたかったことは各地でヒントとして残されているものもある。現代の人に何らかのメッセージを学びとって欲しいと。微妙なバランス、法則性があってここ地球が多種多様な生き物と地形も豊かな土壌と海、宇宙線を防ぐ大気。色々な物質と化合して我々に欠かすことのできない酸素。そう、元素はどのように生まれてくるのだろうか。そこに始まりも終わりもない命があり、意思によって生物が派生する条件を整えながら場の提供へとつながり、肉体に宿り活動をする。その命を汚すような血生臭い歴史は度々営みの場を破壊してきたので、気付かせよう、警告をしようと意思は地獄の鬼、悪魔と働きを変えて促しているのを感じる。情報が複雑になり競争が激化し、善悪の判断が分からなくなる。ストレスの過多で自ら活動を絶つ人も増え、経済貧富の差、各国のバランスは乱れ干渉によって、しなくても良い部族間の抗争や紛争、疫病の蔓延、意思を恐れて又は畏敬を感じて創った思想や哲学も熱さを忘れた人らに利用され拝金や快楽と思想を曲げ、または蛇足のように昇華され禁欲や苦行を強いたりと政治に影響ある思想とかよく分からない現代である。よく分からないから同期できず、干渉を起こすのは当然のこと。人間の派生は地球の歴史と比べてたったの1万年に満たない。古代兵器により文明が滅んだことは幾度もあったと研究されていることから、いよいよクリティカルマスに皆で学びとって命が脅かされる事象から関心を持って身にかかる現実から心はプラスやマイナスに荷担なく天秤をとるように欲をニュートラルにコントロールしながら生かして欲しいのではなかろうかと感じる。その時、干渉も協調、同期へとつながり脅威はなくなる。空に隔たりがないように。…と月の民が期待してたらいいなとf(^^; 

  • popoburazil

    おそらく意思は命を育み守るため戦うことを必要としても、主義や主張を守るために他者の命や活動を奪うようなことをしてはならない。お互いに学び、意見を議論しあい、次の世代に受け継ぐ知恵の媒体?を残してきたのだろう。…気まぐれか偶然かもしれないけどf(^^;
    意思はどの生物、物体にも潜在している。だからこそ時と場所があり、直感とは別に判断の選択肢を増やすことができる人間として昇華できた。ここから先に昇華するヒントが作品の伏線となるよ。…と何気なく
    ワンピースは一欠片のかけがえのない宝物。どんな人にも持っている。命を軽く扱うような繰り返した歴史から学び、昇華する時が近いのかもしれない。そしてその時、昇華を選ぶか現状でいるかを選ぶのも自由です。何故なら元素の化合にプラス、マイナスとあるように、善か悪かも表裏一体で判断が難しい。意思はどんなエゴも縛られない原生の直感のようなものであり。かつ推し量れない悠久な情報を与えつづけるようなもので独占することも奪うこともできない宝。そんな無限大の宝の一片を潜在している…とふと思った。単なるインチキおじさんの独り言です。Ψ( ̄∇ ̄)Ψ

  • papa

    トラがるふぁー
    12子

  • 匿名

    それは、「千と千尋の神隠し」(宮崎駿)に、通じますね。ハクの本名は、映画で「ニギヤハヤヒコハク」と、最後に名前が明かされる。(ハクは、龍に変身できる=ドラゴン(ドラゴニアン)この題名の「神隠し」の部分が、本当の題材だそうです(古事記のニギヤハヤヒは、スサノオウの子供で、本当の初代天皇との事。)なので、「神隠し」(本当の神は、現在の系譜の天皇家ではなく「ニギヤハヤヒ」の系統だよって、のが、本当の意味との事。
    これは、ワンピースの天竜人と、D(ドラゴン)との関係に似ている。という話が含めれているらしい。(これは大昔の話なので、天皇家が、今は人間と言う事になったので、本当であったとしても、調べようがないので、物語話としては、問題ないと思います。

  • 匿名

    海軍本部がある島が三日月の形をしているように思っています。
    これって考察の材料になりませんか?

  • 政経ch@名無しさん

  • ばいなりい

    聖地マリージョアの大広間の壁には、さりげなく、
     第793話(博)の文字
     第233話(愛)の文字
    が掲げられている。なにやら、意味深です。

  • 匿名

    すごいです!!

  • 匿名

    変な宗教に騙されそうなやつらの宝庫だな、ここはwww

  • のなめ

    プルトンの材料である陽樹イヴをブッ飛ばす
    魚人島に光と空気が供給されなくなり結果滅ぶ
    言ってみただけだが・・ケンカしてる奴らの為に
    陽樹イヴをどうこうすることで魚人島が滅ぶ説

  • ロモォコ

    その言葉のまんまでワンピースの世界が俺らの世界とひっくり返んじゃね(適当)
    で、最終的にワンピースの世界が作りものってわかったルヒーが全知全能の尾田先生と対決すんだよ

  • 予想

    天竜人とは元月の民。
    Dの一族とは月の民と地球人のハーフ。
    ワンピースとは王冠。
    海賊王とは海賊の王様。
    王様には王冠が必要。
    一巻に王冠が記載されている。
    王冠を身につけると古代兵器が動かせれる。

  • 匿名

    同じDでもロジャーが早すぎてロジャーが待ってる人が黒ひげじゃないようにラフテルにたどり着いた人によって起きる結果が異なる点が重要かも。

  • a

    グランドラインとレッドラインが無くなると世界中の海が一つになってオールドブルーができる

  • 匿名

  • 匿名

    巨大な災害に生き残った人間達は名前にDを入れ手作りの一人乗りタイムマシンでいろんな時代に仲間を送り込む(12モンキーズ&ターミネーター)

  • 匿名

    世界がひっくり返るってのは、海と陸が逆になるって事じゃないのん

  • 匿名

    あと月とのからみがどうなるか。

  • Spica

  • 名無し

    全く本文と関係ないのですが、ルフィの親は本当にドラゴンなのか、エースの親は本当にロジャーなのか?と未だに疑問に思ってます。尾田さんの作風の割にはあっさりし過ぎに答えを出しているのがそもそもの疑問だし、物語のストーリーからも、この関係とDの意思の流れが弱いように感じます。
    このあたりの考察を改めてしてもらえると嬉しいですね!

  • 匿名

    ロジャー・C. シャンク

  • 匿名

  • 匿名

    このサイトの考察、とても好きです。ルフィの求めてる自由が、グランドラインを冒険した後に出す答えと、どう繋がるのか楽しみになりました!ゴア王国で育ったルフィが世界を見てきて、それでも人々が幸せだと思うか、壊した方が良いと思うか。ロジャーやレイリーはこのままが幸せだと思ったのか。世界の海を支配しているのが世界政府なら、レッドラインは壊されたくないでしょうねー。自由に航海出来るようになったら支配出来そうにないし。天竜人のむちゃくちゃぶりが許されるのも世界政府がいるからで、見せかけの平和を良しとするかですかね。

  • zakki

    難しすぎて、よくわからないので、もっと簡単に説明してください

    chara2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。