有名な伏線「麦わらの一味数字の法則」に関して、麦わらの一味の新しい仲間とバーソロミュー・くまの「ニキュニキュの実」の関係をワンピース本編に敷かれた伏線をもとに考察する。

「バーソロミュー・くま仲間説」を尾田先生の発言から考える

ワンピース59巻SBSの質問と尾田先生の答え

そもそも、「ニキュニキュの実」の能力者バーソロミュー・くまが麦わらの一味の仲間になるという噂はワンピース59巻SBSにおける以下の質問に端を発する。

D:尾田っち!!僕、すごい事に気づいちゃいました!!!それは麦わら海賊団の能力者の食べた実を、数で表すと1〜10の数になるんです!!

ルフィ→ゴムゴム(5.6.5.6)
チョッパー→ヒトヒト(1.10.1.10)
ロビン→ハナハナ(8.7.8.7)
ブルック→ヨミヨミ(4.3.4.3) (1.3.4.5.6.7.8.10)と、

でも(2.9)がないという事は、ニキュニキュの実(2.9.2.9)を食べた、バーソロミュー・くまが仲間になるという事ですか?教えてください!!!

O:なにィ〜っ!! いやーびっくりしました! どういう意味で驚いたかって!? ノーコメント〜!!!
ワンピース59巻SBS話

ここで注目すべきは、「バーソロミュー・くまが仲間になるか」という質問に対して、尾田先生がYesでもNoでもなく「ノーコメント」としている点である。

尾田先生「ノーコメント」の真意と「バーソロミュー・くま仲間説」

この質問を要約すると

  • A: 麦わらの一味の能力者を数字にすると「2929の実」の能力者が足りない
  • B: よってニキュニキュ(2929)の実の能力者バーソロミュー・くまが仲間になる

この「Aである。よってB」の是非を質問している。質問には答えられないが驚いているということは

  • どちらか一方は核心をつくような驚くべき指摘であるが
  • どちらか一方はYESまたはNOとはコメントできないものである

ということになり、必然的にAの数字の指摘が核心をつき、Bの「バーソロミュー・くまが仲間になる」という結論部分がコメントできない部分であるということになる。

そもそも「バーソロミュー・くまが仲間になるか」という質問に対して、答えが「YES」であっても「NO」であっても今後の展開のネタバレとなるため、尾田先生がわざわざSBSにこの質問を取り上げることはしないであろう。例えば同じ革命軍であるサボを例とすると「サボは仲間になりますか?教えてください!!!」という質問をSBSにわざわざ取り上げるかを考えれば分かりやすい。

だとすれば、この質問を選んだ理由は、前半の「麦わらの一味と数字の法則」の部分にあり、それに気づいたことに尾田先生が驚いたとするのが妥当であろう。

また、答えについては「ノーコメント」としているが、SBSに取り上げている時点で「バーソロミュー・くまが仲間になる」という指摘が正解である可能性は低いと言える。根拠と結論の全てが正しいのであれば、まだ明かされていない伏線とその答えをわざわざネタばらしすることになり、これまでのSBSでも前例がないことである。

よって、ワンピース59巻SBSより分かることは以下である。

麦わらの一味の数字の法則により今後「2929の実」の能力者が仲間になるが、その人物はニキュニキュの実のバーソロミュー・くまではない。

ニキュニキュの実のバーソロミュー・くまは麦わらの一味の仲間にはならない

麦わらの一味と「バーソロミュー・くま」

ここで「バーソロミュー・くま仲間説」否定の根拠を現在の麦わらの一味の仲間と照らし合わせて考えてみたい。というのもバーソロミュー・くまの特徴は麦わらの一味の仲間と重複する部分が多くあるからである。

  • Dr.ベガパンクにより改造された人間兵器である ≒ フランキー
  • 革命軍という立場 ≒ ロビン(革命軍とのラインあり)
  • 身体からダメージを弾き出す技 ≒ チョッパー
  • 元王下七武海 ≒ ジンベエ(後に仲間になると予想)

さらに、シャボンディ諸島で麦わらの一味を世界各地に弾き飛ばした技は航海や冒険というワンピース最大の魅力を半減させることになりかねない。

以上の根拠により、当サイトは「バーソロミュー・くま仲間説」否定の立場をとることとする。

麦わらの一味の誰かが「ニキュニキュの実」を食べる?

バーソロミュー・くまが仲間にならないとすると、麦わらの一味の仲間になる「2929の実」の能力者とは誰か。ワンピース本編に張られた伏線によって導き出されるその人物とは「ニキュニキュの実」を食べたフランキーである。

つまり、麦わらの一味に欠けた「2929の実」は、新しい「2929の実」の能力者の加入ではなく、既に麦わらの一味の仲間であるフランキーがバーソロミュー・くまの「ニキュニキュの実」を受け継ぐことによって埋められるということである。

そもそも、「ニキュニキュの実」という不自然な名前は「麦わらの一味の数字の法則」に当てはめるために命名されたものと考えるのが妥当であろう。バーソロミュー・くまが麦わらの一味の仲間にならないとすれば、この「ニキュニキュの実」の能力を得たバーソロミュー・くま以外の人物が麦わらの一味の一員になるということになる。

ではなぜ「ニキュニキュの実」を食べるのがフランキーなのか。以下、その根拠を見ていく。

バーソロミュー・くまとフランキーの共通点とニキュニキュの実

バーソロミュー・くまの「パッド砲」とフランキーの「クー・ド・ヴァン」

バーソロミュー・くまと麦わらの一味フランキーには共通点が数多く存在する。ともにサイボーグである点は先に見た通りであるが、その技にも共通するものがある。

スリラーバーク編で使用されたバーソロミュー・くまの「圧力(パッド)砲」は、空気を光速で弾き、衝撃波を放つ技である。この技の仕組みはフランキーの高圧の空気を利用した「風来砲(クー・ド・ヴァン)」とそっくりである。

悪魔の実の能力は「訓練次第でいくらでも強い戦闘手段になる」とはクロコダイルのセリフであるが(20巻178話)、フランキーが「ニキュニキュの実」の能力者となってもバーソロミュー・くまの全ての技が使えるとは限らない。しかし、くまの「圧力砲」に関してはクー・ド・ヴァンを越える威力の技にフランキーが磨き上げるのではないだろうか。

さらに、フランキーの技「ウエポンズ・レフト」にも伏線が見られる。手首の部分に描かれた穴がバーソロミュー・くまの肉球によく似ているのである。これこそ、フランキーが「ニキュニキュの実」を食べるという伏線ではないだろうか。

ドレスローザ編に描かれた「ニキュニキュの実」復活の伏線

ドレスローザにおける「メラメラの実」と「ニキュニキュの実」の対応

フランキーが「ニキュニキュの実」を食べるという伏線はドレスローザ編にも描かれている。ワンピース71巻702話にてエースの「メラメラの実」が再生していたことが明かされた。ここで重要なのはドレスローザ編において「メラメラの実」の描写に「ニキュニキュの実」を連想させる描写が隠されていることである。

「メラメラの実」-対応-「ニキュニキュの実」

ドレスローザに向かう途中、ドフラミンゴがルフィに対し「メラメラの実」のことを「お前が喉から手が出る程欲しがる物」と表現し(70巻700話)、ルフィは「それは一体どれほどおいしいお肉なんだ」と返しながら「お肉が一匹 お肉が2匹」とヨダレをたらす描写がある。「お肉(29)が2匹」=「29×2」=「ニキュニキュ」である。

少し強引に思われるだろうか。しかし、この700話にはカリブーの扉絵シリーズが描かれており「革命家」ガブルに間違えられたカリブーが「ミート(肉)パイ」を持っている絵が描かれているのである。「革命家」と「肉」でやはりここにも革命軍くまの「ニキュニキュの実」が隠れている。

先ほどの「メラメラの実」復活が描かれた702話でも「まさか…!!ミンゴが言ってたおいしいお肉か!!?」と繰り返していることから、ドレスローザ編において「メラメラの実」と「ニキュニキュの実」が対応していることがわかる。

ニキュニキュの実を食べるフランキーの伏線とサボ

さらに、コロシアムの賞品が「メラメラの実」だと知ったルフィが「お前食わねェか!? フランキー」と「メラメラの実」を食べることをフランキーに勧めている。「メラメラの実」と「ニキュニキュの実」の対応から考えると

  • ドレスローザ:「メラメラの実」復活 ー サボが食べる
  • 隠れた対応:「ニキュニキュの実」復活 ー フランキーが食べる

という関係が示されており、「メラメラの実」と「ニキュニキュの実」と同じようにサボとフランキーもまた対応しているのである。

サボ-対応-フランキー

2人の共通点といえば、親に捨てられた過去や政府(天竜人)の攻撃で生死不明になった点など様々な共通点が見いだされるが、ここで重要なのは以下のシーンである。

メラメラの実を受け継いだサボが初めて火拳を使うシーンとウォーターセブンでルフィと初めて出会ったフランキーが火を吹くシーンである。ちなみに直前までサボとフランキーが変装していた点も共通している。

ならば、サボの初登場回にもフランキーと「ニキュニキュの実復活」に関する重要な伏線が隠されているのではないだろうか。

探してみると59巻583話サボ初登場回とはまさに冒頭の「麦わらの一味数字の法則」の質問が載せられたSBS回なのである。

よって以下の関係が成り立つ。

  • フランキー初登場:サボが復活したメラメラの実を食べるシーン
  • サボ初登場回:麦わらの一味数字の質問SBS = フランキーがニキュニキュの実を食べる

となり、「麦わらの一味数字の法則」とはフランキーが復活したニキュニキュの実を食べることを意味していることが導きだせるのである。

以上をまとめると

「麦わらの一味数字の法則」によって仲間となる「2929の実」の能力者とはバーソロミュー・くまの「ニキュニキュの実」を受け継いだフランキーである。

そのように考えるとシャボンディ諸島にてサニー号を死守したバーソロミュー・くまのもとに最初に現れたフランキーとのツーショットは「サニー号」を受け渡す以上の何かを感じずにはいられないのである。

「ニキュニキュの実」についてコメント欄からの指摘を参考に新しく考察しました。興味のある方はどうぞ。

【数字の法則】プルトンの抵抗勢力!!「二キュニキュの実」をサニー号が食べる可能性は?
二キュニキュの実と麦わらの一味「数字の伏線」にサニー号が関わっている!!? 二キュニキュの実をフランキーが食べると考察した記事について、二キュニキュの実と古代兵器プルトンの伏線を考察する。

以上、「麦わらの一味数字の法則」とニキュニキュの実に関する考察でした。感想や反論などありましたら、コメント欄に残していってください。

この考察にコメントする

367件のコメント

  1. 通りすがりの考察ファン

    右記に続き…
    二つ目の理由はおでん様のことを考えたら、ということです。
    もし、おでん様が生きていたとしたら、桃の助に補佐を着けるようなことをするでしょうか?答えはノーだと思います。まだ、おでん様の性格についてはよく分かりませんが、おそらく、桃の助にも「世界を見てこい。」と言うような性格だと想像できます。
    また、ルフィたちが和の国を出航するとき…それは、カイドウを倒した時です。
    その時には、桃の助も少し、人間として強くなっている可能性が高いです。
    さらに、錦衛門もルフィ達の強さを信じて疑わないでしょう。
    以上の理由から、桃の助は見習いとしてクルー入りするも、単独。と
    僕は思います。
    ただ、12支族がいまいちよく分からないので、反論したものの錦衛門入船説も少し、信じているのも事実です。
    長文失礼しました。
    反論、感想よろしくお願いします。

  2. りょうた

    ルフィーの、能力が増えるんじゃない?

  3. 嘘八百

     『仮面ライダー』の主人公、本郷猛は脳を改造される前に、ショッカーに無理やり協力させられていた緑川博士により助け出されます。そして、ショッカーの野望を打ち砕くために戦います。
     『サイボーグ009』では、00ナンバーのサイボーグの改造に携わったギルモア博士が、悪の組織ブラックゴーストに協力してしまった罪悪感から、00ナンバーの9人のサイボーグとともに、ブラックゴーストに反旗を翻します。
     昔の漫画に『エイトマン』という作品があります。某国でスーパーロボットの開発をしていた谷博士が、自分が制作したスーパーロボットを兵器として使用されるのを拒み、機体08号を日本に持ち込みます。そして、犯罪者により射殺された東八郎刑事の記憶を08号の電子頭脳に移し、エイトマンが誕生します。
     上記のように兵器として作られたサイボーグ・スーパーロボットが正義のヒーローとなる物語があります。特に『サイボーグ009』と『仮面ライダー』は自分を生み出した悪の組織と戦います。
     クマは肉体を改造しなければならない事情があった。例えば、不治の病に罹って
    いたとか?また、ぺガバンクは悪魔の実はどこに宿るのかを研究していた。二人の利害が一致し、徐々に肉体の改造を進めたのだと思います。クマの記憶は電子頭脳に移され残っていると思います。
     クマとペガバンクが仲間になるのではないでしょうか。
     妄想が止まりません。 

  4. aaaaaa

    2929を一文字ずつひっくりかえしたらSPSPっぽくなって
    バネ(spring)のSPでベラミーとか?笑笑

  5. ccc

    革命軍とフランキーがくまを修理して仲間入りとなりそうな気が・・・

  6. 匿名

    肉肉の実かなと思ってた

  7. 匿名

    ジェネラルフランキーに取り込むんじゃないの

367コメント

コメントをどうぞ