ルフィの夢の果て

【伏線】ルフィの夢の果て ロジャーと同じ「あの言葉」の意外な答え!

考察ワード:

「ルフィの夢の果て」と言えばワンピースにおいて有名な伏線の一つです。今回は「ルフィの夢の果て」に関して、ロジャーの「あの言葉」の考察をもとに考察します。

そもそもルフィの「夢の果て」とは何か

まず最初に「ルフィの夢」とは何でしょうか?

これまでのルフィの発言から考えるならば、「ひとつなぎの大秘宝”ワンピース”を見つけだし、海賊王になること」ですね。

しかし、この「ルフィの夢」には続きがあると言います。頂上戦争終盤、エースがルフィの「夢の果て」として次のような発言をしました。

心残りは……一つある…お前の—”夢の果て”を見れねェ事だ…… …だけどお前なら必ずやれる……!!! おれの弟だ……!!!

…昔誓い合った通り…おれの人生には…悔いはない!!

おれが本当に欲しかったものは…どうやら”名声”なんかじゃなかった… …おれは”生まれてきてもよかったのか”欲しかったのは…その答えだった
ワンピース59巻574話

「夢の果て」とういう表現とその後のエースの発言から考えると、「夢の果て」とはルフィが夢を達成した後に起こす何かということになります。

この「ルフィの夢の果て」について、ワンピース本編に描かれた記述をもとに考察していきます。

ヒント1:ゴア王国で語った「ルフィの夢」

エースは「夢の果て」という言葉のあとに「昔誓い合った…」と続けました。さらに続く「名声」が欲しいという部分はゴア王国における次のシーンを指しています。

エース、ルフィ、サボが幼少期を過ごしたゴア王国の回想部分ですが、この場面が「ルフィの夢の果て」と深く関わっていると考えられます。

ルフィの夢の果て

尾田 栄一郎「ONE PIECE」60巻585話/集英社

エース「最高の”名声”を手に入れる!! “大海賊”になって見返してやんのさ!!!」
ルフィ「ししし…!! そうかよーし おれはなァ!!! ………」
サボ エース「は??」
エース「お前は…何を言い出すかと思えば…」
サボ「あははは面白ェなルフィは!! おれお前の未来が楽しみだ!!
ワンピース60巻585話

この「ルフィが夢を叫ぶシーン」では、あえてセリフが伏せられており、その後のサボとエースの反応から、ルフィの発言が驚くべき内容であったことがわかります。

つまり、このシーンの「伏せられたルフィの発言」こそが、「ルフィの夢の果て」の内容であることは間違いないでしょう。

ヒント2:エースと白ひげの「夢の果て」

エースの「夢の果て」

頂上戦争における「エースの発言」には、「ルフィの夢の果て」に関するさらなるヒントが隠されています。

それは、後半の「おれが本当に欲しかったものは…どうやら”名声”なんかじゃなかった」というセリフです。

この「名声」とは、先ほどのゴア王国回想編でエースが叫んだ夢ですが、本当に欲しかったものは「生まれてきてもよかったのかという答え」であったと言っています。

つまり、エースの夢は「大海賊になり、名声を手に入れて周囲を見返すこと」でしたが、本当に欲しかったものは別にある。

この「本当に欲しかったもの」というセリフが、ルフィの「夢の果て」のヒントになっていると考えられます。

白ひげの「夢の果て」

同じことが、エースの発言の2話後、白ひげの回想部分でも描かれています。

海賊「おかしいぜ海賊が財宝に興味ねェなんてよ お前一体何が欲しいんだァ?」
白ひげ「ガキの頃から…欲しかったものがある……家族」
ワンピース59巻576話

エースと同じように、白ひげもまた、「本当に欲しかったもの」について語っています。

  • エース:「名声」ではなく「生まれたことへの答え」
  • 白ひげ:「財宝」ではなく「家族」

エースと白髭の「本当に欲しかったもの」は「名声」でも「財宝」でもなかったという部分が、ルフィの夢「ワンピース(財宝)を見つけて海賊王になる(名声)」の両方を含んでいるということは注目すべき点です。

つまり、ルフィにもまた、海賊王という「名声」でも、ワンピースという「財宝」でもなく「本当に欲しいもの」が他にあり、それこそがルフィの「夢の果て」であるということです。

ここまでの「夢の果て」に関する考察をまとめます。

  • ルフィの「夢の果て」とは夢を達成した後にルフィが起こす何かである
  • ルフィの「夢の果て」とはサボ、エースを唖然とさせるものである
  • ルフィの「夢の果て」とはルフィの「本当に欲しいもの」と関係する

ルフィの夢の果て=「本当に欲しいもの」とは

それでは、ルフィが「本当に欲しいもの」とは何でしょうか。

結論から言ってしまえば、それは「自由」です。さらに言えば、「ルフィの夢の果て」とは「支配のない自由な世界の王になる」ことであると考えられます。

以下では、その根拠をワンピース本編に敷かれた伏線を読み解くことで考察します。

まず、「ルフィの夢の果て」への伏線は、ルフィの夢「海賊王におれはなる」という言葉とともに描かれていることに注目します。このセリフが登場するのは次の3ヵ所です。

ルフィの夢「海賊王におれはなる」のセリフ

  • 1巻1話とそれに対応する61巻601話の新世界への出航時
  • ゴア王国回想編のラストにてフーシャ村を出航するシーン(60巻589話)
  • スリラーバーク編にてオーズに入ったルフィの影が叫ぶシーン(47巻458話)

以下、それぞれのシーンを詳しく見ていきましょう。

ロジャーと同じ「あの言葉」とルフィの「夢の果て」

まずは、魚人島へ旅立つルフィが「海賊王におれはなる」と叫ぶシーン。その姿を見てレイリーは、ルフィとロジャーと重ね合わせて涙していましたが、同じくシャボンディ諸島で、麦わらの一味はレイリーからロジャーの話を聞いていました。

シャンクス「レイリーさんおれァ本当に驚いたよ!!! “東の海”に…!! ロジャー船長と同じ事を言うガキがいたんだ……!! 船長のあの言葉を…!!!」
ワンピース52巻506話

ゴア王国でのルフィの発言と同じく、ロジャーの「あの言葉」も意図的に隠されていることから、この言葉がルフィの「夢の果て」と関わっていると考えられます。

さらに、その後に続くシーンで「この強固な海を支配できるか」と聞くレイリーにルフィは次のように答えました。

ルフィ「支配なんかしねェよ この海で一番自由な奴が海賊王だ!!!」
ワンピース52巻506話

レイリーが意味深に微笑んでいることから、このルフィの言葉がロジャーを彷彿とさせる発言であると分かります。実際に似た内容の言葉をワンピース0巻において、ロジャーも語っていました。

ロジャー「おれは”支配”に興味がねェんだよ シキ!!! やりてェ様にやらねェと海賊やってる意味がねェだろ?」ワンピース0巻

この2つのセリフは、ほぼ同じ内容であり、「支配ではなく自由を求める」という点で共通しています。

ルフィの夢の果てロジャーの「あの言葉」支配ではなく自由を求める

よって、ルフィの語ったロジャーの「あの言葉」とは、この発言に近い内容となっていると考えられ、ルフィーの「夢の果て」は「支配ではなく自由を求める」という内容であると考察できます。

ルフィの語ったロジャーと同じ「あの言葉」とは、「支配ではなく自由を求める」という内容である。

ここまでが「支配のない自由」をルフィが欲しがっていることの根拠です。

ゴア王国回想編に描かれた「ルフィの夢の果て」の伏線

先ほどから見ている「ゴア王国の回想」でも、ラストにフーシャ村を出航するルフィが「海賊王におれはなる」と叫んでいます。この60巻589話「風雲の志」では、サボの死の後、ルフィとエースが出航するまでが描かれましたが、ここで注目するのは以下のセリフです。

サボ(回想)「おれ達は必ず海へ出よう!!この国を飛び出して自由になろう!!!」
エース「サボが一体何に殺されたのかわからねェ…でもきっと”自由”とは反対の何かだ…!!自由を掴めずにサボは死んだけどおれ達が生きてる!!!(中略)いつか必ず海へ出て!!思いのままに生きよう!!誰よりも自由に!!!」
ワンピース60巻589話

ここでは、ゴア王国回想編のテーマであり、ルフィの求める「自由」という言葉が何度も使用され、強調されています。さらに、「自由」を求めるエースとルフィーがとった行動は「どくりつ国家」を作るというものでした。

手紙「どくりつ国家をつくった A・L」
ダダン「国家?」
ワンピース60巻589話

この手紙、実は先述のルフィが夢を叫ぶシーンの後にも描かれていました。

手紙「どくりつする ASL」ワンピース60巻585話

ルフィの「夢」と「夢の果て」を叫ぶシーンの両方にこの「独立国家」というキーワードが登場することから、ルフィの「夢の果て」が「自由な国を作ること」であるという伏線になっているのではないでしょうか。

スリーラーバークの魔人オーズと「ルフィの夢の果て」

「海賊王におれはなる」というセリフが登場するシーンの中で異例なのが、スリラーバークでルフィの影が入ったオーズが叫ぶシーンです。

このセリフが登場するからには、このオーズにも「ルフィの夢の果て」に関する伏線が隠されていると考えられます。

オーズとは、「国引き伝説」を残したことで有名な巨人です。その伝説とは「500年前、討ち取った国を島ごと自分の領土へ持ち帰り、悪党達の国を築いた」というもので、ここでもやはり「国を築く」という言葉が使われています。

また、「悪党の国」という部分に注目すると、ワンピースの世界では、海軍は海賊を「悪党」と呼んでいることから、「悪党の国」=「海賊の国」。ルフィが海賊になったのは「自由」を求めた結果なので、「海賊の国」=「自由な国」となります。さらに「この海で一番自由な奴が海賊王だ」と言っていることから、ルフィにとっての「海賊王」とは「海賊の王」=「最も自由な王様」ということになるのです。

悪党の国海賊の国自由な国
海賊の王最も自由な王様

まとめ:「ルフィの夢の果て」とは

以上、ルフィの「夢の果て」に関して、ゴア王国でルフィが叫んだ夢とロジャーの「あの言葉」などをもとに考察しました。ルフィの求めるものが「支配のない自由」であり、ルフィにとっての「海賊王」が「最も自由な王様」であることから、次のような結論が導き出せます。

ルフィの「夢の果て」とは、「支配のない自由な世界」を作り、支配せず「最も自由な王様」になることである。

長文になりましたが、ルフィの「夢の果て」に関する考察が伝わればと思います。皆さんはどのように思われるでしょうか。何か意見がありましたら下のコメントにどうぞ。

ワンピース知識に自信のある方は検定に挑戦!

この考察を支持しますか?
  • - (56)
  • + (117)

考察へのコメント [178]

  • 匿名

    おれは世界をひっくり返してんだ…!!
    ドンッ!!!かなー

    0
  • 匿名

    現在でも池沼ぎみのルフィなので、子供時代に自由だとか言わないと思うなー
    ルフィの言葉で
    「海賊は宴をするもんだ」
    的な発言あったと思う。
    海賊=宴
    海賊王=宴王
    「世界中で宴をする」的なことを言ったんじゃないのかな?
    それがルフィの夢の果て

    0
  • 匿名

    ロジャーも同じことを言った、と?その可能性は低いと思う
    池沼は知らんが、それがエースが最期につぶやいたことなのか……?
    確かにポカンとはするかもしれないが、ルフィは何もないのに宴をやりまくるタイプでもないし、違うと思う
    たとえばリトルガーデンでは、宴はしていないんだから

    0
  • 123

    「世界中のみんなと友達になる」

    0
  • 匿名

    なんでその意見多いんだろう…
    ルフィとアンパンマンを一緒にしてないか?

    0
  • ジン

    ルフィはロジャーの生まれ変わりだと思う。ロジャーの言っていた、『俺は死なねぇ』もそう言う意味なんだろうな。

    0
  • 匿名

    世界を買い取る!!
    だな

    0
  • 匿名

    世界を一つの島にする
    かな

    0
  • 匿名

    海に自由を。
    大陸ぶっ壊すんだろうな。
    そして現れるのはサンジの夢である
    オールブルー。

    0
  • 匿名

    支配に興味のないルフィが国を作るってのは
    どうも解せない。誰かしらの支配と統治によって
    国家というものが成り立つわけで、自由を求める
    人間が国家を作ろうとは思わないのでは?
    グランドラインを一周すること=海賊王なのだから、
    海を制して海賊王の称号を得ることがルフィの
    純粋な夢だと思う。
    エースが言った「夢の果て」…。海賊王になったあと
    ルフィが何を成すのか見てみたいっていう単純な
    思いじゃないのかな~と思いますけど。
    でも魚人島編あたりから、支配に興味のないルフィの意思が
    ブレてる気がする。
    魚人島を「俺のナワバリにする」発言にちょっと冷めたのは
    私だけでしょうか。

    0
  • みかん

    圧倒された

    0
  • ttt

    wakeupってネタバレじゃね?

    0
  • あやぶ

    自由な王様ねぇ
    考えそうだわ
    今のルフィなら
    私は麦わらの一味の望み通りになるか
    最後で敗北してしまうか

    0
  • 匿名

    3899
    「ナワバリにして支配する」なんて一言も言ってませんよ。アナタが勝手に曲解して失望してるってだけです
    友達が暮らす国なのに、危ない奴に預けてたらまたいつどうなるか分からない
    だから自分のものにして手出しさせないようにする
    そんなトコでしょ。なんで支配なんて発想になるのよ

    0
  • ゴロゴロの実こそ最強

    ルフィの夢の果て・・・。
    「オレは4つの海を1つにするんだ!!」
    だからタイトルが「ワンピース」
    だから宝の名が「ひとつなぎの大秘宝」
    プルトン(陸)でレッドラインを破壊。
    ポセイドン(海)でカームベルトを消去。
    その2つを無くすことで起こるであろう大災害をウラヌス(空)で収める。
    そしてオールブルーの出来上がり。
    その世界になり、はじめて海上に浮かぶラフテル。

    0
  • 匿名

    だからその意味不理論の詳細言ってよ
    古代兵器も知らないのにそんなこと言うのってアンタと同じで妄想家だよ?
    ウラヌスで鎮めるってなに?どうやるの??

    0
  • ゆとりある名無し

    王の統治する国家、それ自体が支配という存在であろう
    では、支配のない国家とは王がいない、つまり民主国家ということでは?
    そういえばワンピ世界には民主共和国家がない
    元ドラム国のサクラ王国も民衆がドルトンを推したが、結局王政である
    つまり、大統領に俺はなる!

    0
  • エピソードサボ

    エピソードサボを見て思ったのですが、エースが逝くときに「夢の果て」とセリフを言いますがその時に、「ワンフレーズのに切り出してセリフにして桜が散る」という演出があるのですが、その辺りはどのように思われますか?

    0
  • ケンシロウ

    ルフィがロジャーと同じ言葉を口にした事を、驚きながらも嬉しそうにレイリーに話したシャンクス。
    ではなぜシャンクスはロジャーの意志を引き継がなかったのか?
    ロジャーの麦わらを受け継いだのはシャンクスだ。
    それに、シャンクスも支配に興味がないのは海軍の「シャンクス評」でもわかる。
    ①今は引き継ぎ航海している途中。
    ②引き継ぐ意志がない。
    ③単純に実力不足。
    ④引き継ぎたいが自分の力や信念だけではどうにもならない、物理的に足りない物がある。
    答えが①②③なら問題ないが、その答えが④だった場合ならどうだろうか?
    ロジャーの船で世界一周したからこそ、自分では無理だと分かる諦めざる得ない何かがあるのかもしれない。
    ルフィにあってシャンクスにないもの・・・
    レイリーが言った「あいつは万物の声が聞けた」が大きなポイントになるのではなか?
    その片鱗を魚人島で見せたルフィ。
    ロジャーに出来てシャンクスに出来ないこと。
    シャンクスに出来なくてルフィには出来ること。
    それがなにか?と、言われれば私にもわからないし、ただの妄想空想の類ですが、
    シャンクスがロジャーの意志を引き継ぎ目指している描写がないのが気になるところ。

    0
  • ひろ

    世界を一つの国にする、とかどうでしょう。昔の回想シーンでエースがルフィに俺に生きていて欲しいのかてきなの聞いてるシーンありますよね。そこがエースの夢の根底的なのだとすれば、ルフィは一人になるのが嫌だっていうようなのを言っています。そこから、ルフィの夢の果てはだれも一人にならない世界。つまり世界を一つの国にするか、世界ごと「麦わら海賊団」に入れてしまう。。。。とか?少し無理がありますかね?

    0
  • 匿名

    ありすぎますね
    他でも述べたんだが、いつからルフィは「世界中の人間と友達になる!!」みたいなアンパンマン思想を持つようになったの???
    世界を統一したいみたいなこと言って、やろうとしているように見えるの?自由の果ての海賊王を目指しているのに?

    0
  • かい

    ルフィの夢が何なのかは、ハッキリとわかりませんが、なんらかの目的を達成する為には海賊王になる必要があるんでしょうね。
    ちょっと思ったことですが
    ドフラミンゴにルフィが、「お前が俺の邪魔をしたんだ」や「お前」と「鳥カゴ」が邪魔だと言ってるのが夢のヒントになるのかなぁと…
    ドレスローザの平和を上っ面だと言ったり、アラバスタでも空島でもどこでもそうですが、影で泣いてる人や耐え忍んでいる人がいることを知るとルフィの怒りは爆発してます
    そして、それはまだ証されていないルフィの幼少期に関係してくるんじゃないでしょうか
    ドラゴンは、サボにゴア王国の出身だと言ってることや、ルフィの1人になるのは痛いのより辛いや、両親と暮らしていないなど、何かしらのトラウマ的なものがあると思います
    ルフィは、支配されない自由を望んでいる
    だから、祖父が海軍にも関わらず、海賊を目指した
    ドフラミンゴに「友達を泣かし、仲間を怒らせた」とあるように、ルフィの中では友達と仲間は違うので、世界中の人と仲間や友達になるというより
    「海賊王になって、みんな海賊にする!」
    みたいな感じかなぁと思いました。
    子供ルフィの発想なので、海賊=自由に楽しく生きる人でしょうし
    それにしても、ルフィの育った村はガープがいるのに海賊になることを見守ってる感じだし、シャンクス達に対する態度も寛容って不思議な所のような気がします。その辺りにも何かあるのかなぁって考えちゃうのは、いきすぎですかね(笑)

    0
  • 匿名

    いや確かに、ルフィは自由を望んでいるよ。友達が虐げられているなら、それも壊そうとしています
    けれど、いつからルフィは海兵みたいな考えを持つようになったのかが分かりません
    世界中のみんなはルフィと関係しているんですか?遠く離れた地での惨劇に胸を痛め、それでも世界のために戦うんですか?
    立ちはだかった敵は倒してきたけれど、「だから他の者にも自由を強いる」のは違うと思いますよ

    0
  • かい

    世界中の人ではなく、ルフィ自身が出会って助けて欲しい、助けたいと思った人や出来事みんなです。子供だから、それをわざわざ区別して言わないだけという意味でした。説明不足ですみません。

    0
  • 匿名

    それでも違うと思いますね~
    既に書きましたが、別にルフィは平和でいて欲しいとかそういうことは思ってないと思うんですよ
    困っていたら助けますけど、ドレスローザについても市民が困っていようとどうでもよかったみたいに、半端というより興味がないという意味での放置といいますか・・・
    魚人島は救いましたけど、魚人島に殺人犯が出ても多分友達に被害が行くまで動くことはないみたいな・・・
    なんか自分で言っててワカランようになってきた
    母親のことについては、確かにアレほど1人を強調していたのはちょっと不自然ですよね。今ならともかく、そりゃガキの頃は母親が恋しくて当たり前ですし
    ガープが海兵になっていたことも、さらにいうなら革命軍をドラゴンが作った理由もいつか明かされるのでしょうかね

    0
  • 匿名

    おれは海賊王になって、海賊の国を作るぞー!

    0
  • やっぱ世界中を旅して仲間や知り合いをつくって
    シャンクス達のような楽しい大宴会をしてみんなで美味いものいっぱい食う
    といったニュアンスじゃないですかね
    子供だし。
    ワンピース世界においては
    自由に航海するためには海賊になるしかない
    その海賊の中で最も自由に航海するためには海賊王になるしかない
    だから海賊王になる
    国を作るとか王になるとか平和を実現するといったことは、ルフィのキャラクターに合わないと思いますね。
    また以前悪人とも友達になるのかという批判がありましたが
    ルフィはあいつは悪人で今後生涯にわたって関わりたくないから仲良くしない。する気もない。そういう偏見はもっていないような気がしますね。
    良くも悪くも常にフラットで、あくまでその時のその人がどんな人か?というところだけ見ていると思います。
    なので確かに怒って他人と衝突することはありますが、それを憎んだり恨んだりそれほど根に持ったりする(一応過去の悪行は覚えてるようですが)タイプではないですよね。
    喧嘩はしかたないし、改心させるつもりもないけど、ことが済んだら、それはもう済んだこととして水に流す。そういうタイプだと思います。
    まあつまりルフィの考え方は悪いことしたやつだから友達にしないとか、そういう次元にないということ。

    0
  • >>4066
    ロジャーとルフィにあって
    白ひげ、シャンクス、その他四皇に足りないもの。
    それは人望じゃないですかね。
    ミホークが言うところの周囲を味方につける能力です。
    白ひげの力がいかに強大であろうと、世界全体から見たら微々たるもの。
    世界を揺るがすような大きな変化をもたらすことができるのは、敵も味方も一般人もひっくるめ、たくさんの人を味方につけられる者。
    ロジャーには人望があったけど、時間がなかった。
    シャンクスや白ひげは、一部の人間からの人望は厚く、比較的簡単理性的な海賊だけれども、良くも悪くも大人で打算的な麺もあるので、ルフィほど分け隔てなく人と接することは出来ない
    という意味でロジャーの意志をつげないのではないでしょうか。

    0
  • 匿名

    >4237
    自分的に、それはポカンとする理由にならんと思った
    知り合い作るために航海してるようには見えないですね。そりゃ友達増えて喜ばないタイプじゃないですが、だから積極的に増やそうとしているのも違うかと
    あと、白ひげやシャンクスに人望がないとか何言ってるんですか?汗
    微々たるものって、魚人島やその他のナワバリ、大将とも戦える隊長を持つ白ひげの人望がないなら、この世に人望なんて存在しないと思います
    敵が~というなら、センゴクだって白ひげ認めてたでしょ
    ルフィは「誰でも」友達にするヤツじゃないよ。ドフラミンゴと友達になると思いますかね・・・
    過去のことをほとんど気にしないのは事実だが

    0
  • >4242
    たしかに積極的に仲間を増やそうとしてるようには見えませんね。何か別の目標に対して行動した結果、自然に増えて行ってるというのが現状ですね。
    微々たるものというのはいいすぎたかもしれませんが、結局白ひげは負けたので、世界の力には敵わなかったということですよね?
    世界を変えられるのは、白ひげよりもさらに大きな力が必要だということだと思います。
    そしてそれはおそらくグラグラの実とかヤミヤミの実とか覇気とかそういう個の力ではなく、曰く周囲味方につけて大きなうねりを起こす力のことだと思います。
    シャンクスや白ひげはもちろん人望の厚い人物ですが、ルフィやロジャーと比べてどちらが味方が多いかと言うと、旅したほぼすべての場所から好かれているルフィの方に軍配があがるんじゃないでしょうか?
    おそらくロジャーもそういう人物だったんじゃないかと思います。
    ドフラミンゴと友達になるかと言うと、現状ではならないでしょうね。
    しかしこの先ドフラミンゴと利害…というか目指す方向が同じになることがあれば、過去のことはそれほど気にせず協力し合うんじゃないかと想像します。ミスター3しかりベラミーしかり。
    と、考えますけどどう思います?

    0
  • 匿名

    >>4249
    いえいえいえ!
    頂上戦争のときの“白ひげ”は老いと病気と重傷でしたからね?当たり前ですが、全盛期はあんなレベルじゃないですからね?
    ロジャーだけが唯一渡り合えた化け物なんで、当たり前ですが今のルフィ程度じゃ全然敵いません
    今週の話にもありますが、白ひげは世界に敗けてませんよ。ただ王座に就かなかっただけです
    白ひげは“ワンピース”を求めていなかっただけですから
    >ルフィ、ロジャーとくらべて
    魚人島は元々白ひげの味方で、ナワバリからも人望は厚く、敵も味方も認めているレベルでした
    確かにルフィは色々な勢力を味方にする力があると思います
    が、白ひげにしたってクルーと傘下合わせて戦闘員5万人揃えられるくらい、そしてそのクルーすべてにしたわれるくらいの人望ですよ?
    単純な数にしても、ルフィはやっと10分の1くらいですから
    規模が明確になっていないのも理由ですが、ルフィやロジャーのほうが上、という根拠がそもそもないでしょう
    >ドフラミンゴ
    いやぁ、ドフラミンゴはないと思いますね汗
    よく挙がる例としてクロコダイルがありますが・・・クロコダイルはきちんとした海賊でした
    目的のためなら手を組み(同盟と同じ)、挟持の邪魔をするなら標的を変えるくらいの男でした
    しかしドフラミンゴは・・・「自分は神様、特別な種族。キサマら人間は操られるだけのゴミ。血を恨め」なんて言う、エネルと同じくらい傲慢な男です
    脱獄すればルフィを倒すために動くことはありえると思いますが、共闘のために手を組むとは、ちょっと・・・

    0
  • >4251
    でもその「ロジャーだけが渡り合えた」といっているロジャーほどの人物でさえ、世界の真実を知った後、自分で歴史を背負って世界に戦いを挑む選択せず、おそらくはさらに大きな動きを生み出すために、次世代にバトンを託したわけですよ。これは恐らくはですけどね。
    歴史を背負って世界に戦いを挑む時には
    全盛期なら云々傘下が5万人云々という単純に強いとか弱いということがだけが求められているのではないと思いますね。
    根拠がないと言えばそれまでですね。
    今は白ひげになく、ルフィやロジャーにある資質 という物語で明らかにされていない事実を想像しているわけなので明確な根拠は提示しようがありません。ルフィが各地から慕われているという描写は繰り返しされているという程度です。
    でその資質というのが何かというと、人望という言い方がまずかったのかもしれませんが、ワンピース的ではありませんが、硬く言えば世論を味方につける力というか、ドラゴンボールで言えば元気玉を集められるような資質なのではないかと考えますね。
    それはドフラミンゴがルフィに協力する訳がない、という理屈ですよね。
    それは私も現段階ではそう思います。
    物語中にドフラミンゴと手を組む展開が来る、と言っている訳ではありません。
    この際わかりやすく改心という言葉を使ってしまいますが、ドフラミンゴのような過去鬼畜の諸行をした男でも、もし仮に改心すればそれを拒まない器をルフィは持っているだろうと言っているだけです。

    0
  • 匿名

    戦いをしなかったのは、寿命も大きいと思いますよ。制覇したときは余命1年くらいでしたし
    ただそれだけじゃなく、あのときは無理だったとは言われていますよね。当時はしらほし姫が生まれてもいませんし
    ルフィは各地から慕われてますが、それはロジャーや白ひげだった間違いなく同じのハズです。特に、似ているとされるロジャーは
    やはり大きな戦いは、要はタイミングの問題だと思ってます
    ifの話ですが、ロジャーが今の時代に生きていればロジャーが引っ張っただろう、という感じで

    0
  • そうですねーたしかにタイミングは関係あるんでしょうね
    ただそれだけじゃ筋が通らない部分もあると思いますね
    タイミングだけが問題ならば、後継者を探せばいいはずです
    そうではなく大海賊時代を作ったということは
    そこには何か理由があるはずです
    何かはわかりませんが

    0
  • 匿名

    いえ、ですからその後継者を見つけるための時代でしょう?
    どうやって見つけるんです?
    ネットみたいにつながりさえない、断絶された海の世界で目当ての人物をどう特定するか。そもそも、探す寿命さえない。レイリー達がやるにしても、何百年もかけなければ調べ尽くすなんて不可能
    だからそういう状況にした、ということだと思いますが
    まあ、本当にそこまで深い(これは深いのだろうか・・・?)理由があるのかは分かんないですけどね(笑)

    0
  • リンリン

    幼少時にルフィがエースとサボに語った内容とは・・・。
    子供が話す言葉を子供が呆れ「面白い」と表現できる内容だったこと。それは、今までの考察を読むと、恐らくロジャーが語ったことと同じ内容であろうと考えられる。しかし、ルフィとロジャー2人の言葉を聞いているシャンクスとレイリーは呆れもしていない。夢物語や笑い話の類とも思っていないことを考えると、ルフィには実現不可能ではないことが分かると同時に、その「夢の果て」をルフィが口にするということは、ロジャー含め、誰も成し遂げずに今の世界があるということも分かる。
    既に、自由を手に入れている者もいると思われ、ドフラミンゴのように国を支配で統治している者もいる。なら、やはりルフィとロジャーが言った言葉は自由と支配、国家造りではない気がする。
    「世界を引っくり返す」という言葉の意味が重要だと思う。
    今、幸せに平和に暮らしている国々がある。一つの陸地とか、一つの海にとか、物理的に引っくり返すと解釈するなら、その幸せな暮らしを無にすことになる。赤の他人から見れば大きなお世話以外にない。
    善と悪を引っくり返す。今の世界の人々の思想や理念、価値観引っくり返す事ではないだろうか・・・。
    『ようしおれはなぁ・・・海賊王にもなって、じいちゃんを部下にして海軍のトップにもなる』
    ん~それはないか・・・

    0
  • 匿名

    考察は悪くないと思うが、最後の言葉は突拍子がなさすぎるでしょ・・・

    0
  • 長いよ。

    「夢の果て」
    「果て」へ行く前に、まずルフィの「夢」を少し深く掘り下げ考えてみたい。
    ルフィの夢は「海賊王」になること。
    それは、白ひげのように興味のない者やクロコダイルのように挫折した者もいるが、今でも多くの海賊がその称号を目指している。
    そこで大きな疑問にぶつかる。
    その多くの海賊達にとって目指す「海賊王」の称号とは・・・
    「ワンピース」を手にすること。
    「グランドライン制覇」をすること。
    これこそが目指すべき「海賊王」の姿のはず。
    しかし、ルフィにとって「この海で一番自由なやつ」が「海賊王」なのだ。
    なぜ、ルフィは「海賊王」の定義を「一番自由なやつ」と考えたのか?
    「海賊王」とは、当然ロジャーを指している。それは、ルフィも「海賊王」=「ロジャー」と認識している。
    なら、ルフィの「ロジャー像」が「一番自由なやつ」だったのではないだろうか?
    もしロジャーが魅力もなにもない男なら、ルフィにとって「海賊王」など目指す価値もない称号に写っていたはずだ。
    だから、ルフィにとって「ロジャー」は目指すべき偉大なる海賊と記憶したと思う。
    【誰も】知らないロジャーの人物像。
    【誰も】知らないロジャーの生き様、人生観。
    その【誰も】知らないはずのロジャーの人となりをなぜ知ったのか?
    海賊としての魅力。男としての魅力。なぜ知ったのか?
    答えは一つ。
    ロジャーに惚れ、憧れ、命を預けるのに一切の不安も持っていなかった人間から聞いたとしか思えない。
    そこで、その答えに近い発言をした人間がいる。
    ルフィの祖父ガープだ。
    「赤髪に毒されよって・・・」
    シャンクスと出会い海賊になろうと決意したか、出会う前から海賊になりたかったがシャンクスとの出会いがより強くそう決意したのかは微妙だが、ルフィにとってシャンクスは憧れる男だと感じたのは間違いないと思う。
    ガープはルフィを強い海軍にしたかった。恐らくガープも説得したのだろう。海軍の魅力や正義の偉大さを。
    しかし、ルフィは統率のとれた縦社会である海軍には、残念だが何も魅力は感じなかったと推測できる。
    「支配」を嫌い「自由」を好むルフィには、海軍はあまりに窮屈で別世界に見えたかもしれない。
    それより、シャンクスから聞く「海賊王」ロジャーの話は実に魅力的だったはずだ。
    だからこそ、ルフィの中で「海賊王」とは「一番自由なやつ」という考えに行きついたと思う。
    「この海で一番自由なやつ」を目指しているルフィが考える「果て」とは?
    ロジャーは海軍に捕まり処刑されたのではなかった。
    自首をし大海賊時代の扉を開けた。
    それは、病に侵され志半ばだったロジャーの一世一代の行動だったと推測できる。
    そのことは、きっとシャンクスも知っていたはず。
    そして、ロジャーの目指していたものも知っていたはず。
    ルフィの「果て」とはロジャーの「心残り」とは考えられないだろうか?
    ロジャーと同じ言葉を言ったルフィ。
    それを聞いたシャンクスは、ロジャーを継ぐべき人間を見つけたと衝撃が走ったに違いない。
    だから、包み隠さずロジャーの全てを話したと考えても不思議ではない。
    シャンクスが白ひげに言った。
    「この腕は未来にかけた」
    きっとシャンクスは、ルフィに全てを懸けたいと心底思ったはず。
    片腕すら惜しくはなかったシャンクス。ロジャーと同じ言葉、同じ志、同じ信念、同じ目線で話をするガキが目の前にいる。
    だからこそ、ロジャーから受け継いだ麦わらをルフィに託したシャンクス。
    シャンクスが東の海に滞在していた理由も、ロジャーの意志を受け継ぐべき人間を探していたと思えてならない。
    シャンクスの情報網に「ロジャーの息子が東の海にいる」と、耳に入ってたとしたどうだろうか?
    実は、ルフィではなく「エース」を探していたとしたら?
    自分の麦わらをエースに託すために。
    その時はまだ「エース」という名前すら知らなかったなら、エースと会って「ルフィの兄」と言われれば疑わなかったとしてもおかしくはない。
    ここから「果て」について進めたい。
    ロジャーは病に侵されなければやり遂げたいことがあった。
    ロジャーの言葉で、今だ成し遂げられずにいることと言えば・・・?
    「世界を引っくり返す」
    きっとそれが、ルフィの「夢の果て」に繋がると考える。
    それは、ロジャーからルフィへ引き継がれる意志。
    「D」から「D」へ引き継がれる意志。
    ロジャーの意志だけならシャンクスでも受け継ぐことが出来たかもしれないが、シャンクスはロジャーと共に歴史の全てを知って自分では無理だと悟ったのだろう。「Dの一族」こそロジャーの意志を受け継ぐ人間だと。
    「世界を引っくり返す」ことができるのは「Dの一族」
    「D」の意味を直接ロジャーから聞いていた白ひげが言った。
    「血縁を絶てど・・・脈々と受け継がれてきた・・・ワンピースを見つけた時、世界はひっくり返る」
    このことでもわかるように「血縁」「脈々」というフレーズは「Dの一族」を言っていることは間違いない。
    そして、世界を引っくり返すには「ワンピース」を見つけなければならないこともわかる。
    レイリーが言った。
    「我々は急ぎ過ぎた」
    歴史の全てを知って出た言葉。急ぎすぎたとは、何かが足りなかったと考えてもおかしくない。
    ポーネグリフも読めた。ラフテルも確認できた。
    それでも足りない何かがあった。
    それは「古代兵器(ポセイドン)」なのか?
    それとも仲間の中の能力なのか?
    単純に「古代兵器」かと思えるが、仲間だったとしたら?
    ポセイドンが足りなかったなら、ロジャーの前に何度も誕生しているポセイドン。
    今まで、ポセイドンがいればDがいない。
    Dはいるがポセイドンがいないを何百年も繰り返してきたのだろうか?
    ここは「仲間の能力」と考えたい。
    もちろん「世界を引っくり返す」ために古代兵器は使用すると思う。
    ただ、それはどんな目的であろうと大量虐殺だと思える。使い方と状況が問題。
    今のワンピースの世界地図を考えると、海軍側に都合が良いように思うが、実は海軍にとって不都合極まりない地理的状況だと推測できる。
    なぜなら、滅ぼされたと言われている「Dの一族」が残したとされるポーネグリフを、今の磁気によって行き先が決まっていた方が見つかる可能性が非常に高い。その中に「Dの一族」も必ず通ると予測できるからだ。自由自在に行き来できるなら、いつ誰がどこを通るか運でしかない。そうなれば見つけ読まれる可能性も随分と低くなる。
    よって、海を分断したのは「Dの一族」だと思う。
    古代兵器とは元の海の形へもどすためのアイテムと考えたい。
    古代兵器を使うことによって起こるであろう「津波」「地震」「荒れた天候」など色々と考えられる。これを抑えることのできる能力者が味方にいたらどうだろうか?
    グラグラ、ゴロゴロ、ヒエヒエ、ナミの技、まだ不明なドラゴンの能力、これから出てくる能力もあるかもしれない。
    そうしなければならない状況がきたとして、今のままではドフラミンゴが知ったとされる天竜人の秘密(それが何かは不明だが)によって、世界の島々が危険に晒されたとしたら?
    ただの妄想しかないが可能性はゼロではない。
    アラバスタ、魚人島、ドレスローザのように、悪と思われた海賊ルフィが、最後はヒーローとして島民を救う縮図が、最後の最後への大いなる伏線だったとしら?
    このパターンが「世界を引っくり返す」時に生まれる状況ならどうだろう?
    その災害を防ぐ術を知って使用するなら?
    恐らく麦わら海賊団は使うだろう。
    ロジャー達は古代兵器と能力者。この二つが足りなかった。
    そう考えると、ルフィの「夢の果て」とは
    「ワンピースを見つけ世界(海)を一つにする」
    自分の空想に長々とお付き合いしていただきありがとうございます。

    0
  • 匿名

    海賊王?それはどこの国の王様だ?
    偉大なる海の王様だ!
    みたいな問答が空島編でエネルとあった。

    0
  • 匿名

    途中からドンドンおかしくなってるぜよ
    ・描写だけがすべてじゃないだろうが、シャンクスがロジャーのことを自慢気に話しているシーンも、そしてそれ以上にルフィがロジャーに憧れている姿がない
    確かに不可思議な部分はあるけれど、それをロジャーに直結というのは不自然かと
    さらにいえば、よく聞くが、シャンクスがロジャーの後継者を探していたとは思えない
    代替品を探すような男なの?
    麦わら帽子は、シャンクスさえも超えてみせるといった意気込みへのプレゼントにしか思えない
    そんなに計画的なら、あんな無様も晒さないかと

    0
  • 匿名

    おかしいのは承知してますが、どうしても不思議に思うことがあります。
    なぜルフィは「海賊王」を「一番自由なやつ」と思っているのでしょうか?
    ルフィは「ロジャー」を「海賊王」としっかり認識しています。「海賊王」の称号はたった一人だけに与えられたもの。歴代の「海賊王」には色んなタイプがいましたって話じゃない。唯一無二の「海賊王」だ。
    言い換えれば「ロジャーはこの海で一番自由なやつ」だったと認識していることになる。
    そして、このことを声高々に宣言しているのもルフィただ一人だけと考えると、ルフィだけがロジャーの本質を耳にしていたと考えた方が自然と思います。
    「憧れる」表現方法なんていくらでもある。純粋に「海賊王」を目指しているなら憧れていると思ってもいいと思います。
    まぁおっしゃる通り九分九厘は的外れな妄想かと思いますが・・・。

    0
  • 匿名

    確かに、そこに何らかの理由はあるように思いますよ
    シャンクスと会う前から海賊になりたかったようで、またその理由が「1番自由になりたいから」という理由は、子供として変ですから
    ただ、自分としては、むしろ両者は切り離しているように思えます
    「自由でいたい」のはルフィ自身です。海賊王とか関係なく、自由でいたいんです
    そして海軍などに自由がないなら、目指すのは海賊王になっても変じゃありませんしね
    思考を単純に考えても、宝物を見つけてみたいという子供のような冒険心、好奇心で目指しているのでも充分理由になりますから
    多分、ですが

    0
  • 匿名

    他の記事のコメ欄にもあったけど、
    海は何万年も前から分断されていたんだって。
    リトルガーデン編に、リトルガーデンはグランドラインの影響で恐竜時代の自然が残っていると書いてある。
    Dも天竜人も人間すらいない恐竜の時代からグランドラインはあったんだわ

    0
  • 匿名

     最初は「海賊王になって世界中のうまいものを食べる」とかかなと思ってました。
    でも、ルフィって『結果』よりも『過程』を重視するんですよね。冒険して手に入る財宝よりも「冒険」そのものを欲しがっている。彼がゴール・D・ロジャーを尊敬するのは、単純に「誰も行った事がない場所」に行き「誰も見た事がない物」を見たから、つまり『誰もした事がない冒険』をすることが出来たから、だと思うんですよね。
    なので自分の意見は
      『最高の仲間と最高の冒険をする。そして誰もたどり着けなかったところへ行く』です。

    0
  • 愚jgっっ

    一番自由なやつが海賊王って
    みんな自由って言葉にだけにとらわれ過ぎてないか?
    この自由は別にフリーって意味の自由ではないと思うぞ

    0
  • 匿名

    俺ァてっきりレットラインを壊して世界を一つにするとかぶっ飛んだ考えをしてると思ってたけど「自由な王国」いかにもルフィが考えそうなことですね(´∀`)

    0
  • 匿名

    いやでも、ルフィが王国作る可能性は低いと思うよ
    生涯冒険っぽい

    0
  • 匿名

    海を自由に生きたやつが海賊王なんだぞ
    国を作ってどーすんだよ?
    まず海賊マンガだぞ
    海が舞台のマンガで最後は国を作って終わりわまずありえないと思う
    たぶん笑顔で死ぬとかだと思う

    0
  • はーーー

    それはないな
    1.まず幼少期のルフィが頭良くないという事
    2.自由=海賊が考え 出身地=支配から、海賊になり自分たちが自由になりたいと思っていた
    つまり自由な国を作りたいという意味とは限らず ルフィの考えは自分たちの自由を求めているわけであり建国は望んでない
    よって自由な国の王様はないと思います

    0
  • それはまずないw

    ルフィの夢は海賊王
    ルフィの夢の果ては
    その冒険の漫画化(アニメ化)
    ラフテルの正体は
    マンガの世界(ワンピースの世界)と
    現実のこっちの世界(リアルの世界)との出入り口
    (どこでもドア的な)
    ルフィは最終的にラフテルにたどり着き
    ルフィはそこを通り
    まだワンピースを描く前のヤング尾田に出会い
    自分の冒険を話す

    0

メールアドレスが公開されることはありません。