世界会議レベリー考察

【世界会議編】古代兵器プルトンと空白の100年の秘密!!?レヴェリーの重要議題を考察

レヴェリー編でアラバスタの古代兵器プルトンと「空白の100年」が明かされる!?

アラバスタ王国(グランドライン)

出席者:ネフェルタリ・コブラ / ビビ / イガラム / ペル / チャカ
護衛:海軍本部少将ヒナ / フルボディ / ジャンゴ

レヴェリーに参加する国の中でも特に重要な役割を果たすと思われるのがアラバスタ王国です。

82巻823話でレヴェリーに向かう王達の様子が描かれた際、アラバスタ王国国王コブラが意味深なセリフを残しています。

コブラ「あわよくば知りたい・・・その昔ネフェルタリ家の王は世界に何をしたのか・・・!!」ワンピース82巻823話

世界政府にこの謎を問いたいというのが、国王コブラが病を押してレヴェリーに出席する理由です。

アラバスタでのロビンとのやりとりを考えれば、「その昔」とはポーネグリフに書かれた「空白の100年」ということになります。

さらに、アラバスタのポーネグリフに書かれていたのは古代兵器プルトンに関することなので、アラバスタが世界にした行動とは古代兵器プルトンに関することと考えられます。

よって、国王コブラは「空白の100年にネフェルタリ家の王が古代兵器プルトンに関連して、世界にある行動をとった」と考えていて、その真実の歴史を世界政府に問いたいと思っているようです。

国王コブラがレヴェリーに提示する議題によって、空白の100年に起きたプルトンに関する歴史が明らかになるのではないでしょうか。一体、アラバスタは世界に何をしたのでしょうか。

世界会議で語られる空白の100年の謎とアラバスタ、そして古代兵器プルトン。レヴェリー編の最大のポイントとなることは間違いないでしょう。

レヴェリー編(世界会議編)で魚人島リュウグウ王国の移住はどうなる?

リュウグウ王国(新世界)

出席者:国王ネプチューン
同行者:しらほし姫 / ネプチューン3兄弟
護衛:モンキー・D・ガープ

レヴェリー編でもう一つ重要な議題はリュウグウ王国の地上への移住です。

魚人島にてオトヒメ王妃による地上への移住のための署名活動が始まったのが16年前です。
しかし、フィッシャー・タイガーによる「マリージョア襲撃事件」が起きて以降、リュウグウ王国はレヴェリーへの参加を認められていませんでした。

今回のレヴェリーでついに、ネプチューン王が世界に対して「魚人島移住」の意志を伝えると言います。集められた署名が提出され、オトヒメが命がけで手に入れた天竜人の書状が効力を発揮するはずです。天竜人の書状にはこう書かれています。

天竜人の書状「魚人族と人間との交友の為 提出された署名の意見に私も賛同する」

天竜人による言葉はレヴェリーにおいて強い力を持つというので、この書状と共に集まった署名が提出されれば、魚人島移住はより現実的になるかもしれません。レヴェリーを経てオトヒメの願いは叶うのでしょうか。

この考察を支持しますか?
  • 支持しない (1)
  • 支持する (11)

考察者:

関連ワンピース考察

考察へのコメント 2

  • ゾロ

    ドレスローザの出席者はスカーレットではなくてレベッカだと思います。

  • 天才の高1

    ドラスローザはリク王とスカーレット、レベッカ、マーシェリー、キュロスだと思われます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。