ワノ国に古代兵器プルトンがある!!?ワノ国編カイドウの「新鬼ヶ島計画」発表の場で、ワンピース本編に久しぶりに登場した「古代兵器」。実は、ワノ国編には古代兵器に関する情報が明かされる伏線がある。今回は、2つのプルトン編である「アラバスタ編」「W7&エニエス・ロビー編」とワノ国編とのリンクを確認し、古代兵器の中でも「プルトン」の登場や正体が明かされる可能性について考察する。1053話追記あり。

古代兵器プルトンがワノ国とカイドウを結ぶ

カイドウと古代兵器プルトン

ワンピース985話でカイドウは「古代兵器」を手に入れると宣言しました。この古代兵器とはどの兵器を指すのでしょうか。

カイドウ「おれ達は『ビッグ・マム海賊団』と手を結び!! この世で最も強大な力『古代兵器』を手に入れる!!(中略)

『古代兵器』の存在は!! 世界に”恐怖”と”戦争”をもたらすだろう!!! 覚悟しろ それこそが おれ達の望む暴力の世界!!!」

引用:ワンピース98巻985話

結論から言ってしまえば、カイドウの求める兵器とは「古代兵器プルトン」であると考えます。

根拠は「ワノ国編」と古代兵器プルトン編のリンクです。

ワノ国編は空島編とリンクしていますが、実は古代兵器プルトンが話題となった「アラバスタ編」「エニエス・ロビー編」と非常によく似たストーリーとなっており、これらはワノ国編の裏リンクエピソードであると考えます(記事下に詳しく書いています)。

特に、アラバスタ編とワノ国編の対応関係の意味として考えられるのは、両ストーリーに共通する「国の乗っ取り」の理由です。

ワンピース985話にて、カイドウは「新鬼ヶ島計画」を打ち出しました。その内容はクロコダイルの「ユートピア作戦」に非常によく似ています。

カイドウ「新鬼ヶ島計画」

目的:ワノ国に海賊の楽園「新鬼ヶ島」を築く
対政府兵器として古代兵器を手に入れて「暴力の世界」を実現する

クロコダイル「ユートピア作戦」

目的:アラバスタに軍事国家「理想郷(ユートピア)」を築く
古代兵器プルトンを世界政府との交渉カードとして利用する

クロコダイル「ユートピア作戦」とカイドウ「新鬼ヶ島計画」は、対世界政府兵器として古代兵器を手に入れようとする点、海賊の「楽園」「理想郷」となる軍事国家を築こうとする点で、リンクしていると言えます。

だとすれば、カイドウが手に入れようとしている古代兵器とは「プルトン」である可能性が高いと考えられます。

カイドウの発言の中に使われる「強大な」「戦争」などのワードは、古代兵器ポセイドンの正体である人魚姫しらほしを表しているというよりは、古代兵器プルトンを表すセリフに近いです。

クロコダイル「勢力を増し いずれは政府をも凌ぐ力を得る…夢のような国だ!!(中略)だから必要なのさ 強大な…”軍事力(プルトン)”」

引用:ワンピース21巻193話

アイスバーグ「兵器が人の世にもたらすものが…”平和”であるわけがねェ…(中略)あまりに強大な兵器を生み出してしまったかつての造船技師は 万が一その力が暴走を始めた時 “抵抗勢力”が必要だと考え その設計図を代々後世に引き継がせた」

引用:ワンピース36巻344話

よって、カイドウ「新鬼ヶ島計画」とクロコダイル「ユートピア作戦」の類似、2つの古代兵器プルトン編「アラバスタ編」「W7&エニエス・ロビー編」と「ワノ国編」とのリンクから、カイドウは古代兵器プルトンを手に入れようとしていると考察します。

ワノ国でついに古代兵器プルトンの謎が解ける

ワノ国と古代兵器プルトンの秘密

この記事では、ワノ国編と2つの古代兵器プルトン編「アラバスタ編」「W7&エニエス・ロビー編」とのリンクを見てきましたが、ワノ国編は前回も見たように、対応ストーリーが多く、明確な「プルトン編」とは言えません。

しかし、カイドウの求める古代兵器がプルトンでなかったとしても、2つのプルトン編とのリンクから、ワノ国編で古代兵器プルトンの在り処を含む情報は明かされると考えます。

アラバスタ編の最後にはコブラの「”兵器”の全てが記してあったハズだ」というセリフがあり、直後に空から過去の船が降ってきました(ワンピース24巻218話)。また、「W7&エニエス・ロビー編」後に描かれたのは、やはり過去の船の上でのストーリー「スリーラーバーク編」でした。

アラバスタ編直後過去の船が落下
W7編直後過去の船の上が舞台

ワノ国編が「アラバスタ編」「W7&エニエス・ロビー編」と対応するストーリーであるならば、ワノ国編後には過去の船「古代兵器プルトン」が登場すると考えられます。

前回、メインの対応ストーリーの流れとして、ワノ国編はインぺルダウン編に繋がると考察しています。よって、古代兵器プルトンの登場はインペルダウン編に対応するであろうストーリーであると考えます。

前半の海とのストーリーリンク
【ワノ国編考察】月の人降臨の地と空白の100年の秘密!!!ワノ国の伏線まとめ

ワノ国とプルトン編の対応

また、古代兵器ポセイドンの情報が書かれたポーネグリフが登場した「空島編」と対応していた魚人島編では、ラストに古代兵器ポセイドンの正体が明かされました。両ストーリーには「上空1万メートル」と「海底1万メートル」という対比がありました。

空島ポセイドンのポーネグリフ:上空1万メートル
魚人島ポセイドンの在り処:海底1万メートル

アラバスタ編とワノ国編との対比を考えるならば、アラバスタは「太陽の国」ワノ国は「月の国」と当てはめられるかもしれません。

アラバスタプルトンのポーネグリフ:太陽の国
ワノ国プルトンの在り処:月の国

ちなみに、古代兵器プルトンと「月」の関係は以下で考察しており、古代兵器プルトンは月の技術を使用した宇宙船であるとしています。

古代兵器プルトンは宇宙船!?「悪魔の実」を食べた戦艦とマクシムの秘密を考察

そして、ワノ国は「月の人」が最初に降り立った地であるとも考察しているので、ワノ国には古代兵器プルトンの原型となった月の人の宇宙船が残っている可能性があります。

古代兵器プルトンがアラバスタに存在しないという根拠は以下に考察しています。

【ワンピース】在り処はアラバスタじゃない!!?古代兵器プルトンとコブラの発言の矛盾とは?

さらに、ワノ国が「月の国」であり、「月」の秘密が明かされるならば、古代兵器ウラヌスに関する情報にも触れられる可能性があります。

↓以下、ワンピース1053話のネタバレ注意

追記:ワノ国に古代兵器プルトンが存在すると判明

ワンピース1053話でやはり、古代兵器プルトンがワノ国に存在していることが判明しました。

ロビン「ねェ天狗さん…!! この国にある筈なの!! 古代兵器『プルトン』 アラバスタ王国の”ポーネグリフ”に記されていた」

スキヤキ「…………あるとも」

引用:ワンピース1053話

ただし、カイドウが求めていた兵器が「古代兵器プルトン」であったかについてはまだ確定していません。もう少し情報を待ちたいと思います。

以下、ワノ国と古代兵器プルトン編の共通点を詳しく書いています。

「W7&エニエス・ロビー編」と「ワノ国編」の物語に多数のリンクあり

まず見ていきたいのが、古代兵器プルトンの設計図が話題となった「W7&エニエス・ロビー編」と「ワノ国編」の共通点です。

ウォーターセブンとワノ国

「水の都」と呼ばれるウォーターセブンと「花の都」を中心とするワノ国。孤立した島であり、沈んでいるような地形や周囲の荒波がリンクする他、強すぎる「船大工」と「侍」に守られているという共通点があります。

ウォーターセブン編では潜伏していたCP9によって、ロビンとフランキ―がエニエス・ロビーへ連行されました。このウォーターセブンとエニエス・ロビーの関係は、モモの助がワノ国本土から鬼ヶ島へ連行されたシーンと対応するのではないでしょうか。

だとすると、「W7&エニエス・ロビー編」と「ワノ国編」には次のような対応関係が見出せます。

そこで、「W7&エニエス・ロビー編」と「ワノ国編」の対応関係を詳しく見ていきましょう。

「エニエス・ロビー」と「鬼ヶ島」

両島は共に敵勢力の拠点であり、荒れ狂う嵐と荒波の中、無理に海を渡ろうとするシーンも共通します。「エニエス・ロビー」も「鬼ヶ島」も周りに侵入を拒む海流があります。

また、エニエス・ロビーへ連れ去られたフランキ―&ロビンは、鬼ヶ島へ連れ去られた光月モモの助と対応しています。

フランキ―&ロビンとモモの助のリンク

代々船大工に受け継がれてきた古代兵器プルトンの設計図と代々光月家に受け継がれてきた古代文字の読み書きというリンク。さらに、ロビンもまた古代文字を解読できるオハラの生き残りとしてモモの助と対応していると考えられます。

特にモモの助とフランキ―には、親(親代わり)を敵勢力に殺されたという共通点があります。

また、「ワノ国の将軍」と「フランキ―将軍」、モモの助の「龍」と他の考察でも触れたフランキ―に描かれた「龍」のイメージも共通しています。

さらに、世間的にはトム連行の際に死んだと思われていたフランキ―、おでんの処刑後に殺されたと思われていたモモの助が、共に数年後に生きていたことが明かされる点もリンクしています。

そして、この2人に関係して、「トム」と「光月おでん」も対応関係にあると言えます。

トムの夢とおでんの夢

トムは海列車の開通という夢を実現し、交易のままならない閉ざされた島を救いました。しかし、司法船襲撃事件の罪をかぶることで、弟子のアイスバーグとフランキ―を庇ってエニエス・ロビーに連行されました。

一方、光月おでんは閉ざされたワノ国を開国するという夢を家臣に託し、家臣を庇って処刑されました。

光月おでんとトムは共にロジャーに関係する人物であるという点も共通します。

ちなみに、フランキ―はウォーターセブンで光月おでんに会っており、以下のような会話をしていますが、その際のやり取りはトムの反応と意図的に重ねられていると言えます。

トム「そうか!! 親に捨てられたのか!! ケッサク」
フランキ―「おい!! 笑いすぎだ!!」
トム「よし!! ドンとウチに来い!!」

引用:ワンピース37巻357話

おでん「何だ身なし子か! ウチの船長に口利いてやろうか」
フランキ―「海賊ならいいよ! 海賊に捨てられたばっかだぞ」
おでん「捨てられた!? わはは笑える!!」

引用:ワンピース96巻967話

さらに、「W7&エニエス・ロビー編」と「ワノ国編」の敵側のリンクも確認しておきます。

CP9とカイドウ率いる「百獣海賊団」

CP9には動物系悪魔の実の能力者が多く所属していましたが、カイドウ率いる百獣海賊団は動物系人工悪魔の実SMILEや古代種の動物系悪魔の実の能力者が多い点で共通しています。

さらに、古代兵器を求める点でも共通します。

ワノ国編でのカイドウがエニエス・ロビー編でのCP9ロブ・ルッチであったとすると、黒炭オロチはCP9長官であったスパンダムとよく似た印象を受けます。

スパンダムの父スパンダインによるCP9抹殺の計画(扉絵)とオロチの祖父による大名家暗殺、オロチがCP-0と取引をしている点も意図的なリンクと考えられます。

さらに、ワノ国編はもう一つのプルトン編である「アラバスタ編」とも多くの共通点があります。

「アラバスタ編」と「ワノ国編」にも隠された対応関係が

同じように、「古代兵器プルトン」という名が初めて登場した「アラバスタ編」と「ワノ国編」のリンクを確認していきましょう。

王族を母国へ送り届ける

前半の海突入直後、麦わらの一味はバロックワークスに潜伏していたアラバスタ国王の娘ビビと護衛隊長のイガラムと出会い、その後、ビビをアラバスタ王国まで送り届けました。

後半の海突入直後のパンクハザードでは、ワノ国大名家後継ぎの光月モモの助と錦えもんを同じようにワノ国まで送り届けています。

上陸時にエースの話題

アラバスタでは上陸と同時に黒ひげを追うエースとルフィが再会しました。ワノ国上陸時にもエースを慕うお玉が登場し、両ストーリーの冒頭にエースが関係しています。

さらに、アラバスタ編とワノ国編は中心となるストーリー「国の乗っ取り」という点も共通しています。

アラバスタ王国とワノ国の「乗っ取り」

アラバスタ王国とワノ国のストーリーは、外部から来た海賊が国の乗っ取りを企て、その陰謀によって国王の信頼が失われ、崩壊の危機にあるという共通の背景があります。

荒廃した国土、干ばつで飲み水が手に入らないアラバスタ、安全な飲み水がないワノ国の状況もリンクします。

アラバスタ編と明確な対応関係が見られたドレスローザ編では、乗っ取りに成功したドフラミンゴの支配によって、国のネガティブな部分は闇に隠されていましたが、ワノ国とアラバスタ王国は、疲弊した国が浮き彫りになっている点で共通しています。

ちなみに、ドフラミンゴとカイドウは「SMILE」や武器製造などを巡る協力関係にあり、下で考察するカイドウの計画にドフラミンゴも関わっていたと考えられるので、「アラバスタ編」と「ドレスローザ編」の対応もワノ国編と無関係ではないと考えられます。

「バロックワークス」と「百獣の海賊団」の組織形態

バロックワークスの社員には13までの数字の付いた階級、「ミリオンズ」「ビリオンズ」などの階級が設けられていました。

同じように百獣海賊団では「大看板」「真打ち」などの階級のほか、「ギフターズ」「ナンバーズ」などの階級があり、メンバーにはトランプゲームに関係する名前が付けられています。さらに、敵陣営に「マネマネの実」の能力者がおり、国の乗っ取りに関与しています。

反乱と仲間の印

王家と反乱軍が対立したアラバスタと同じように、ワノ国では将軍オロチに対する反乱の意志を持つ侍達が描かれました。

また、同志を見分けるための印として「左足首に逆さ三日月」という部分は、アラバスタでの麦わらの一味が用いた仲間の印である左手首に「×」と対応しています。

地下にポーネグリフ

両国の地下にポーネグリフがある点も共通しています。

アラバスタ葬祭殿の地下には「古代兵器プルトンの全て」が記されていたとされるポーネグリフがありましたが、同じくワノ国オロチの城の地下にもポーネグリフがあります。

アラバスタ編とワノ国編のリンクをまとめると下のような図になります。

ここで問題となるのは、「国と対立する勢力」の存在と、国の「乗っ取り計画」の類似です。詳しく考察していきましょう。

アラバスタ王国の歴史とワノ国の歴史

おでんの回想の中で、ワノ国は「巨大な力」から国を守るために鎖国をしたと語られました。

おでん「大昔…この国を海外から閉ざしたのは…『光月家』だった!! ―それは…”巨大な力”からワノ国を守る為…!!」

引用:ワンピース96巻972話

「巨大な力」の正体は判明していませんが、ワノ国光月家はポーネグリフを残した一族であり、オハラの考古学者クローバー博士の仮説と照らし合わせると、「巨大な力」とはポーネグリフを残した勢力に敵対した「20の連合国」であると考えられます。

ポーネグリフを残した「巨大な王国」 敵対 連合国

ポーネグリフを作った光月家 敵対 巨大な力

一方、アラバスタ王国は連合国側でしたが、マリージョアへの移住を拒否していることから、連合国側と何らかの対立関係があったと考えられるので、ワノ国との共通点がここにも見られます。

ちなみに、アラバスタのマークと光月家の家紋が共通していることもこの部分に関係してくると考えられます。

この考察に関する意見や感想はコメント欄に何でもどうぞ。

この考察にコメントする

3件のコメント

  1. 匿名

    共通点確かに多いですね!特にエニエスロビーはまんまな感じします!

  2. 匿名

    カイドウの目的が世界政府を倒すことならルフィの仲間になる展開もありますかね!?

  3. ますぱんまん

    すごい

3コメント

コメントをどうぞ