超人系&自然系も可能!?ベガパンクの人工悪魔の実と血統因子の秘密|ワンピース1070話追記

新型パシフィスタ「セラフィム」

ベガパンクは超人系・自然系の人造悪魔の実を完成させている?血統因子に記憶される体験と人工悪魔の実の秘密とは。ワンピース1070話追記あり。

人造悪魔の実と能力の複製

人造の動物系悪魔の実

科学者により人工的に造られた悪魔の実が存在します。これまでに登場した人造悪魔の実は以下の2つです。

シーザー人造悪魔の実「SMILE」
ベガパンクモモの助が食べた人造悪魔の実(失敗作)

シーザー、ベガパンクが作り出した人造悪魔の実はどちらも動物系悪魔の実ですが、その製造方法は大きく違います。

人造悪魔の実と血統因子

人造悪魔の実の製造に深く関わるのがベガパンクが発見した「血統因子」です。シーザーの製造した「SMILE」もベガパンクが発見した「血統因子」を応用して開発されました。

血統因子とは

科学者Dr.ベガパンクが無法な研究チーム「MADS」所属時に発見したとされる「生命の設計図」。一歩間違えば神の領域に達するとされ、これを危険視した世界政府によってチームは解散した。後に政府の手から逃れたヴィンスモーク・ジャッジがこの技術からクローン兵を製造している。

今回はシーザーとベガパンクが作り出した人造悪魔の実の違いから、動物系悪魔の実以外の人造悪魔の実の可能性について考察します。

シーザーが開発した人造悪魔の実「SMILE」

人造悪魔の実「SMILE」の正体

シーザーが作り出した人造悪魔の実は「SMILE」と呼ばれます。

人造悪魔の実「SMILE」とは

ドフラミンゴがシーザーと組んで製造した動物系の人造悪魔の実。通常の動物系能力とは異なり、体の一部を動物のある部位に変えたり、常時体の一部が動物のものに変化する。

人造悪魔の実「SMILE」の正体については、ワンピース99巻SBSに詳しく説明されています。

SAD色々な動物の血統因子を混ぜ込んだ液体
↓ 植物に吸わせる
SMILE完成

尾田先生「(SMILEに)本物の”悪魔の実”は関係ないのです。だから同じ動物のギフターズは存在しますし、血統因子は現存する生物からしか抽出できないので、”幻獣種”や”自然系””超人系”のような能力者は生まれません。これが科学者シーザーの限界です。

が、かの天才科学者ベガパンクはその領域を超える研究をしていたとか…いなかったとか。

引用:ワンピース99巻SBS

シーザーの作り出した人造悪魔の実は実際の動物から抽出した血統因子を使用しているため、悪魔の実や能力者とは関係がなく、動物系悪魔の実のみ製造可能でした。

人造悪魔の実「SMILE」と血統因子

人造悪魔の実「SMILE」と血統因子

しかし、尾田先生はベガパンクはシーザーを超える研究をしていたと言うので、悪魔の実や能力者から抽出した血統因子を使用して、超人系、自然系の悪魔の実を作り出している可能性が高いのではないでしょうか。

ベガパンクの人造悪魔の実と能力者の血統因子

ベガパンクの人造悪魔の実

ベガパンクが作り出した人造悪魔の実はパンクハザード編で登場し、モモの助が食べていますが、何らかの理由で「失敗作」とされています。

そして、ワンピース1007話にて、ベガパンクの人造悪魔の実はカイドウから抽出した血統因子を使用して作られたことが判明しました。

SP-0「カイドウといえば………昔 奴を『海軍』が捕らえた時………!! ベガパンクがカイドウの『血統因子』を抽出し作った”人工悪魔の実”があった…政府はそれを渡すよう要請したが どうしても納得のいかない”失敗作”だったらしく それはずっと『パンクハザード』に保管されていた」

引用:ワンピース100巻1007話

カイドウが「ウオウオの実」を食べたのは38年前に起きた「ゴッドバレー事件」以降であるので、血統因子が抽出されたのは1035話に描かれたキングとの出会いのシーンであると考えられます。

だとすれば、ルナーリア族の血統因子も同時に採取され、セラフィムの製造に使用されたのではないでしょうか。

そして注目すべきは、動物系悪魔の実「ウオウオの実」の能力者カイドウの血統因子に幻獣種であるはずの「龍」の血統因子が含まれていたということです。

この発言により、悪魔の実は能力者の血統因子にまでも影響を及ぼすということが確定しました。

シーザーは実在する動物から血統因子を抽出していましたが、ベガパンクは悪魔の実によって変化した能力者の血統因子を抽出することによって人造悪魔の実を作り出している点が両者の大きな違いです。

血統因子と体験の記憶

人造悪魔の実に深く関わるとみられる「血統因子」について、1065話に興味深い発言が描かれています。

ベガパンク04「セラフィムの成長による攻撃パターンの変化!! やはり”体験”は『血統因子』に記憶されていくんでしょうか!!」

引用:ワンピース1065話

ミホークのセラフィムは剣術を使用し、ジンベエのセラフィムは魚人空手を使用しています。

このことから、セラフィムに組み込まれた血統因子には、それぞれの戦闘の「体験」が記憶されていることが分かります。

だとすれば、能力者としての動きや身体の変化という「体験」を記憶した血統因子を使用した人造悪魔の実を作ることで、動物系以外にも超人系、自然系悪魔の実を複製することが可能であるのではないでしょうか。

ベガパンクの人造悪魔の実と血統因子

ベガパンクの人造悪魔の実と血統因子

悪魔の実の基本的な構造については、以下に詳しく考察しています。

【ワンピース図解】悪魔の実を完全考察!黒ひげ&デッケン&ビッグマムの能力の伝達条件の伏線
ワンピース最大の謎「悪魔の実」。Dr.ベガパンクが解明したとされる悪魔の実の伝達条件とは何か。物に悪魔の実を食べさせる技術とは?悪魔の実と能力者の関係から黒ひげ、デッケン、ビッグ・マムの謎を考察します。

1070話追記:ベガパンクによる人工悪魔の実の製造方法が明らかに

超人系悪魔の実の複製

ワンピース1070話にて、ベガパンクの口から人工悪魔の実の製造方法について語られました。

ベガパンク「人工の”悪魔の実”は………『動物系』のみ製造できる………!! シーザーの『SMILE』は論外として 特殊な実も莫大な金と時間があれば 恐らくその全てが再現可能−−なお”覚醒”は未確認じゃ

『自然系』は手を尽くしたが難しいな………−−しかし『超人系』は能力者の”血統因子”が手に入れば そこから特殊な血液を生成し 投与する事で能力を得られる事がわかった それが彼らの腕に通した血液『グリーンブラッド』じゃ!!」

引用:ワンピース1070話

ベガパンクは動物系のみ製造に成功しており、資金と時間があれば特殊な実も全て再現可能であると言います。ただし、人造悪魔の実から得た能力が覚醒するかについては未確認としています。

また、超人系については、能力者の血統因子から特殊な血液「グリーンブラッド」を生成し投与することで能力の再現が可能であるといいます。

これまでに 確認されたベガパンクによる人造悪魔の実と能力の再現は以下です。

ベガパンクによる人造悪魔の実と能力の再現
能力者悪魔の実血統因子
モモの助ウオウオの実モデル青龍カイドウ
S-スネークメロメロの実ボア・ハンコック
S-シャークスイスイの実セニョールピンク
S-ベアニキュニキュの実バーソロミュー・くま

コメント