【ワンピース】図解で考察!悪魔の実の謎とデッケン&ビッグマムの能力の伝達条件を解明

ワンピースにおける謎の中で最も重要なものの一つ「悪魔の実」。政府の科学者Dr.ベガパンクが解明したとされる悪魔の実の伝達条件とは何か。物に悪魔の実を食べさせる技術とは…悪魔の実と能力者の関係から黒ひげ、デッケン、ビッグ・マムの謎を考察します。

「悪魔の実」の伝達条件とルール

まず、「悪魔の実」の基本情報を振り返っておきましょう。

悪魔の実とは

悪魔の実とは、その実を食べた者に特殊な能力が身につく「海の悪魔の化身」といわれる希少な果実のこと。食べた実の種類によって様々な能力を得ることができる。

悪魔の実については多くの謎が存在しますが、ワンピース本編の中で悪魔の実と能力者に関するルールがいくつか示されています。以下にそのルールをまとめます。

  • 1つの悪魔の実から複数の能力者が誕生することはない(38巻SBS)
  • 能力者が別の悪魔の実を食べると体が跡形もなく飛び散って死ぬ(40巻385話)
  • 同じ悪魔の実が同時期に世界に2つ存在することはない(48巻SBS)
  • 能力者が死ぬと世界のどこかにその能力を秘めた悪魔の実が復活する(71巻703話)

この考察では、これらの悪魔の実のルールに基づいて、悪魔の実に関する謎を解明していきます。主な謎は以下です。

悪魔の実と能力者に関する謎

  • 物に悪魔の実を食べさせる方法とは
  • 黒ひげが複数の悪魔の実を食べることができたのはなぜか
  • 能力の伝達(デッケン、マム)

悪魔の実は能力者の体のどこに宿る?

悪魔の実の「能力者」とはどのような状態か

悪魔の実を考える上で、「悪魔の実の能力者」とはどのような状態であるかを考える必要があります。

そのヒントを与えてくれるのがエニエス・ロビー編におけるCP9の以下のやり取りです。

ジャブラ「”能力者”ってのはな!! 体の中に一匹 悪魔を宿してるって事なんだ!! 例えば おれが実に近づくと 実の中から悪魔が飛び出してきて おれの中の悪魔とケンカを始めて体が爆発しちまうんだぜ!!!」(中略)
ブルーノ「お前が言っているのは実を二つ口にした者の事例だ 体が跡形もなく飛び散って死ぬというな…」
ワンピース40巻385話

この会話から悪魔の実には「悪魔」が宿っていて、口にすると実から飛び出した悪魔が体の中に宿るということが分かります。

では、「体の中」とは具体的にどこを指すのでしょうか。

悪魔の実が宿る場所

悪魔の実が宿る場所に関しては、ヨミヨミの実の能力者ブルックの存在がヒントとなりそうです。

骨だけの存在であるブルックに悪魔の実が宿っているということは、悪魔の実が宿る場所は肉体や臓器ではないことが分かります。

そして、魚人島編でのブルックの言葉が悪魔の実に関する重要な情報を与えてくれます。

ブルック「私をこの世に生かす”力”は…臓器でもない筋肉でもない そう……”魂” !!!」ワンピース65巻643話

このセリフから、ブルックを「この世に生かす力」(=「ヨミヨミの実」の能力)は「魂」そのものである、つまり、悪魔の実の能力は能力者の「魂」に宿っているということになります。

悪魔の実の能力は能力者の「魂」に宿る

このことが分かると、悪魔の実のルールを次のような図で説明する事ができます。

悪魔の実の伝達条件とルールを図で考える

悪魔の実と能力者

まず、悪魔の実を食べた能力者とは、次のような状態です。

悪魔の実を一口かじると悪魔の実に宿っていた悪魔が実から飛び出して能力者の魂に宿ります。これが、悪魔の実の能力者の基本の状態です。

悪魔の実に宿る悪魔が1つなので、1つの悪魔の実を複数人で分けても能力者になるのは1人(38巻SBS)というルールもこれで説明がつきます。誰かが食べ残した悪魔の実を食べても能力者にならない(77巻SBS)のも同じ理由です。

複数の悪魔の実を食べる場合

さらに、複数の悪魔の実を食べた状態が以下です。

先ほど取り上げたブルーノの発言から、「実から飛び出した悪魔」と「能力者にもともと宿る悪魔」がケンカをするので、体が跡形もなく飛び散って死ぬといいます。

このルールを破って悪魔の実を複数食べた黒ひげについてはこの後考察します。

悪魔の実の復活

続いて、能力者の死と悪魔の実の復活についてです。

同じ悪魔の実が同時期に世界に2つ存在することはない(48巻SBS)というルールは、それぞれの悪魔の実に宿る悪魔が1つであることから説明できます。

しかし、能力者が死ぬと世界のどこかにその能力を秘めた悪魔が復活するといいます(71巻703話)。

ブルックの「ヨミヨミの実」の説明の際、人が死ぬと魂は肉体から離れて黄泉の国へ行くと説明されたので(46巻443話)、能力者が死ぬとき、魂から抜けた悪魔が実に戻り、悪魔の実が復活するということになります。

ワンピース世界に「悪魔の実の図鑑」が存在することから、それぞれの悪魔の実の元となる果実は決まっているようです。

ここまで、悪魔の実のルールについて説明してきましたが、このルールから外れる事例がいくつかあります。それらの例についても図を用いて考察していきましょう。

物に悪魔の実を食べさせる技術とは?

まず、物に悪魔の実を食べさせる技術についてです。

世界政府の科学者Dr.ベガパンクがその技術を持つとされ、これまでにワンピース作中に登場している悪魔の実を食べた武器は以下です。

  • Mr.4の愛銃「犬銃ラッスー」(20巻184話)
  • スパンダムの愛象「象剣ファンクフリード」(38巻365話)

ここまでに見てきた悪魔の実と能力者の関係を当てはめれば、物に悪魔の実を食べさせる技術というのは特に難しくはありません。「魂」さえあれば、悪魔の実を食べられるのです。物に宿る魂、そう「クラバウタ―マン」です。

クラバウターマン

尾田 栄一郎「ONE PIECE」37巻351話/集英社

フランキー「”クラバウターマン” 船乗りに語り継がれる伝説の一つだ…本当に大切に乗られた船にのみ宿る妖精……まァ船の化身だな」ワンピース37巻351話

クラバウタ―マンは現実の世界では「船魂(船霊)」と呼ばれる船に宿る魂ですが、船以外でも大切にされた物には「魂」が宿ると考えられます。

悪魔の実を食べた「ラッスー」「ファンクフリード」もわざわざ、Mr.4の「愛銃」、スパンダムの「愛象」と紹介されています。

つまり、クラバウタ―マンと同じように、大切にされた物には「魂」が宿っており、「魂」さえあれば、物であっても悪魔の実を食べることが可能であるということになります。

実体が「人間」であっても「物」であっても、悪魔の実の悪魔は魂に宿るので構造は同じです。

大切にされた物には「魂」が宿り、その魂に悪魔の実の能力を宿すことで悪魔の実を食べさせる事ができる。

複数の悪魔の実を食べるには

続いて、複数の悪魔の実を食べる事例についても見ていきましょう。

頂上戦争終盤、ヤミヤミの実の能力者である黒ひげは、白ひげを倒して「グラグラの実」の能力を手に入れました。

悪魔の実のルールに則れば、複数の悪魔の実を食べると悪魔がケンカして体が跡形もなく飛び散ってしまうはずです。

ならば、悪魔と悪魔がケンカしない方法を考えなくてはなりません。

それには、黒ひげの「ケルベロスの能力」が関係していると考えられます。詳しくは以下に考察しています。

神話に登場するケルベロスは「魂」を食べることができるといいます。つまり、悪魔の実を魂ごと食べたなら、体の中に悪魔の居場所となる魂が2つ存在することになり、悪魔同士はケンカしないということになります。

つまり、黒ひげはサッチの魂に宿った「ヤミヤミの実」の悪魔を魂ごと食べたということです。

これを裏付けるように、エースと白ひげはサッチの魂の行方を気にする発言をしています。

エース「これを放っといて殺されたサッチの魂はどこへ行くんだ!!!」ワンピース57巻522話

白ひげ「殺された船員(むすこ)の魂はどこへ行くんだ……!!!」ワンピース45巻434話

黒ひげがケルベロスの能力で悪魔の実を魂ごと食べているのだとすれば、その数に限りはなく、黒ひげはさらに多くの悪魔の実の能力を得ることが可能であると考えられます。黒ひげが行う「能力者狩り」がその伏線であると考えられます。

黒ひげは悪魔の実の宿る魂を食べることによって複数の悪魔の実の能力を手に入れた。

バンダー・デッケンと「マトマトの呪い」の謎を解く

続いて、魚人島編に登場した「マトマトの実」の能力者バンダー・デッケン九世の例を考えてみましょう。

海賊「バンダー・デッケン」って ―あのフライング・ダッチマン号の…!?」
バンダ―・デッケン「バホホホ!! 安心しろ…その子孫だ!! ゴーストじゃねェ……!! ―だが おれもまた呪われている!! 魚人にして泳げねェ…おれがその”マトマト”の呪いと共に引き受けた悪魔の力!!」
ワンピース63巻615話

ワンピース作中でデッケンはマトマトの実を「食べた」ではなく、「マトマトの呪いと共に引き受けた」と表現されています。

直前に「おれもまた呪われている」とあるので、デッケンの「マトマトの実」の能力は先祖代々受け継がれていると考えられます。

デッケンが悪魔の実を食べたのではないとすると、どのようにマトマトの能力を手に入れたのでしょうか。

ここまでの考察のように「魂」を考慮して「マトマトの呪い」という部分を考えてみると、下のようなイメージになります。

つまり、バンダー・デッケン九世自身の魂とは別に、マトマトの実を食べた初代バンダー・デッケンの魂が悪魔の実を宿したままバンダー・デッケン九世に取り憑いているということです。

バンダ―・デッケン九世は悪魔の実の宿る「先祖の魂」がその身に取り憑くという呪いによって「マトマトの実」の能力を手に入れた。

ビッグ・マムと「ソルソルの実」の伝達条件

(現在編集中です)

まとめ:悪魔の実の伝達条件とルール

この考察では悪魔の実に関して、悪魔の実と能力者の関係を図解し、悪魔の実のルールを説明したうえで、その例外となる事象を考察しました。

悪魔の実の謎はまだまだ多いですが、能力者の「実体」と「魂」とを分けることによって、その現象を理解しやすくなります。

この考察への意見や感想はコメント欄に何でもどうぞ。

この考察を支持しますか?
  • - (2)
  • + (25)

関連ワンピース考察

    // 関連記事がないときの内容を書きます

考察へのコメント [2]

  • 悪魔の実マスター

    アラバスタのジャッカルとハヤブサはどうなりますか?代々受け継がれてると思うのですが・・・

    chara8
    0
  • 匿名

    キャベンディッシュは魂が2つあるから能力2つ持てそうだな

    chara6
    1+

メールアドレスが公開されることはありません。