【アラバスタ】ネフェルタリ家は世界に何を?コブラ ならばなぜ我々は…の真意

考察ワード:

レヴェリーに向かうアラバスタ国王コブラが世界政府に問いたい疑問「ネフェルタリ家の王は世界に何をしたのか」。アラバスタでのロビンとの会話を振り返りながら「ならばなぜ我々は」の意味と共に考察します。

ネフェルタリ家は世界に何をしたのか?アラバスタ国王コブラの疑問

アラバスタ国王コブラの疑問

823話にて、レヴェリーに向かうアラバスタ国王コブラが気になる発言をしました。

コブラ「ニコ・ロビンに会ったあの日からずっと…世界政府に問うてみたい事があった…」
(ニコ・ロビン『私の夢には 敵が多すぎる』)
チャカ「”ポーネグリフ”の事ですか?」
コブラ「うむ 今回の”世界会議”には是が非でも出席する!! あわよくば知りたい…その昔ネフェルタリ家の王は世界に何をしたのか…!!」ワンピース82巻823話

このセリフからアラバスタ国王コブラは空白の100年に関して「ある疑問」を持っていることが分かります。

「その昔ネフェルタリ家の王は世界に何をしたのか」

この823話に描かれたアラバスタ国王コブラの疑問はどのような意味を持つのでしょうか。アラバスタ編のコブラとロビンの会話から考察します。

アラバスタ国王コブラの「ならばなぜ我々は」の意味とは

アラバスタ王国のポーネグリフ

823話のコブラの疑問はアラバスタ編におけるニコ・ロビンとの以下の会話から生まれたと言います。

…聞くが…もしや語られぬ歴史は…紡ぐ事ができるのか………!!? その記録が”歴史の本文”だと言うのか!!? −ならばなぜ我々は−ワンピース24巻218話

アラバスタ王国のポーネグリフには、古代兵器プルトンの在り処を含む全ての情報が記されていました。

この時点までコブラはポーネグリフを「古代兵器プルトンに関する情報が記された石」としか認識していませんでした。

しかし、ニコ・ロビンとの会話によって、アラバスタのポーネグリフが「空白の100年の歴史の一部」であると知りました。

ポーネグリフ = 古代兵器プルトンに関する情報が記された石
  ↓ではなく
ポーネグリフ = 空白の100年の歴史の一部

つまり、国王コブラのセリフの「ならば」とは前後の文脈から「アラバスタのポーネグリフが”空白の100年”の歴史の一部であるなら」というような意味と考えられます。

国王コブラの「ならばなぜ我々は」の意味

823話のコブラの疑問はロビンとの会話から生まれたものなので、その際の「ならばなぜ我々は」という部分と同じ意味であると考えられます。

「ならばなぜ我々は」「その昔ネフェルタリ家の王は世界に何をしたのか」

よって、これら2つの文を合わせて考えることによって、国王コブラの抱く疑問の意味がはっきりすると考えられます。

2つの文から「ならばなぜ我々は」の「我々」とは「ネフェルタリ家」であることが分かります。

また、ポーネグリフに記されていたのは「空白の100年」における古代兵器プルトンの情報なので、「その昔」とは「空白の100年」を指すことは明らかです。

さらに、「世界に何をしたのか」とは古代兵器プルトンに関連する行為であるはずです。古代兵器プルトンは世界を滅ぼす威力を持つ戦艦です。

よって、国王コブラの疑問とは以下のような意味となります。

アラバスタのポーネグリフが「空白の100年」の歴史の一部であるならば、それを隠蔽する世界政府に問いたい。なぜ、ネフェルタリ家の王は古代兵器プルトンを所有していたのか。そして、世界を滅ぼしうる兵器を使用して、当時の世界に何をしたのかを知りたい。

以上、823話に描かれたアラバスタ国王コブラの疑問と「ならばなぜ我々は」の意味をまとめました。続きは「空白の100年考察シリーズ」へ。

この考察への意見、感想は何でもどうぞ↓↓↓

この考察を支持しますか?
  • - (1)
  • + (26)

メールアドレスが公開されることはありません。