ひとつなぎの大秘宝と白ひげ

【最終回考察】ヒントはジョンレノン…白ひげ「ワンピースは実在する」の矛盾と真意

考察ワード:

これまで、ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)について、本編に描かれた情報からその正体を考察してきた。ここまでの考察と白ひげの「ワンピースは実在する」という発言との矛盾を考え、白ひげの「ワンピース発言」の真意に迫る。

前回までの考察と白ひげ「ワンピースは実在する」の矛盾

「ワンピース」とはまだ存在しない「支配や差別のない自由な世界」である

前回までに考察した「ワンピースの正体」は以下である。

「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」とは、分断された海を繋ぎ、天竜人による支配と差別を無くして人々を繋ぐことで完成する「支配のない自由な世界」のことである。

これまでの考察から、ワンピースがまだ存在しないものであるとすると、白ひげが頂上戦争終盤に叫んだ「ワンピースは実在する」という発言と明らかに矛盾する。今回はこの矛盾を考える。

頂上戦争での白ひげの発言「ワンピースは実在する」との矛盾

頂上戦争終盤に描かれたワンピースに関する白ひげの最期の言葉は以下である。

ひとつなぎの大秘宝と白ひげ

尾田 栄一郎「ONE PIECE」59巻576話/集英社

興味はねェが…あの宝を誰かが見つけた時 世界はひっくり返るのさ 誰かが見つけ出す その日は必ず来る “ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”は実在する
ワンピース59巻576話

「あの宝」とはもちろん「ひとつなぎの大秘宝」を指しているから、「支配のない自由な世界」を誰かが見つけた時、世界がひっくり返るということである。

ならば、「ひっくり返る」とは何を意味するか。この白ひげの発言について、まず、「世界はひっくり返る」という部分から考えよう。

ワンピースの発見で「世界がひっくり返る」の意味とは

ベラミーの発言「世界はひっくり返る」と空島編「モックタウン」

ドレスローザ編にて、白ひげの発言と同じ「世界はひっくり返る」という表現が使用された。以下のシーンである。

ベラミー「おれは『空島』へ行ったんだ 仲間は失ったが…おれの中の世界はひっくり返ったぜ」
ワンピース71巻706話

ベラミーといえば「モックタウン」で空島へ行こうとした麦わらの一味を「妄想野郎」と嘲った人物である。

ベラミー「海賊が夢を見る時代はもう終わったんだ!!! 黄金郷!? エメラルドの都!? 大秘宝「ワンピース」!!? ”夢の宝”に目がくらんだアホ共は足元の利益に気付かねェ…!!」
ワンピース24巻224話

モックタウンでは「空島」を信じず、夢を追う海賊達を嘲っていたベラミーが、「空島」が実在すると知ったことで「夢」を信じるようになった。

その価値観の変化が「世界はひっくり返った」というセリフで表現されているのである。

なぜひっくり返ったか。それは、妄想だと嘲っていた「空島」を自身の目で見たからである。

モックタウンでの発言で、ベラミーは「ワンピース」と「空島」を並列して語っているから、ベラミーの発言がワンピースを暗示しているとすると、そこに以下の関係を見出せる。

「空島(黄金郷)」の存在を知るベラミーの世界がひっくり返る
「ワンピース」の存在を知る人々の世界がひっくり返る

この関係から、ワンピースが現時点で実在していなくても、ワンピースの「存在」を知れば、世界はひっくり返るということが分かる。

つまり、白ひげの発言は「ワンピース=支配のない自由な世界」の「存在」や実現する「可能性」を知ることによって、人々の価値観が変わることを表している。

だからこそ、「世界がひっくり返る」のは、ワンピースを「誰かが手に入れた時」ではなく、「誰かが見つけた時」と発言したのではないか。

白ひげの発言にあるワンピースの発見によって「世界はひっくり返る」とは、人々の「価値観が変わる」ことを表している。

都合のいい解釈に思えるだろうか。しかし、それを裏付けるような尾田先生の発言がある。

白ひげ「ワンピースは実在する」発言とジョン・レノン「イマジン」

59巻の表紙コメントにある「ワンピース」のヒント

白ひげの「ワンピースは実在する」発言が描かれた59巻表紙裏の尾田先生のコメントは意味深である。

何で一人で飲んでるのかって?平和な世界をみんなで”想像”すると少しずつ世界が平和になるって誰かが歌ってたよね…。キミも一杯飲まないか?今日はジョンの命日だから。あ、犬のジョンな。犬な。59巻始まるよーっ!!!ワンピース59巻表紙裏コメント

「平和な世界を想像する」そして「ジョン」とあるから、ジョン・レノンの曲「イマジン」を暗示していることは明らかである。この「イマジン」を暗示するコメントが59巻に載せられている意味はおそらく「イマジン」の最後の歌詞にあるだろう。

「the world will be as one(世界は一つになる)」

ジョン・レノンとイマジンとワンピース

ジョン・レノンの「イマジン」という曲は国境や宗教を超えて人々が平和に生きる世界を歌っているから、ここでの「世界は一つになる」とは、これまでに見てきたワンピースの正体「ひとつなぎの大秘宝=一繋ぎの海と人繋ぎ=支配のない自由な世界」と一致する。

もしかすると「平和な世界」と尾田先生がコメントしていることから、ワンピースの「piece」には「イマジン」で歌われる「peace(平和)」の意味も込められているのかもしれない。

白ひげの発言「ワンピースは実在する」の真意と「Imagine」

さらに、タイトルの「Imagine」=「想像」すれば平和な世界が実現するという部分に注目してみよう。

尾田先生のコメントに「命日」とあるのは、59巻に描かれたエース、または白ひげの「死」に関係するというヒントであろう。先に見た「ワンピース」との繋がりを考えると白ひげの死に際の発言へのヒントだと考えられる。

ならば、この「イマジン」の「想像すれば平和な世界が実現する」という部分が白ひげの発言の真意を表しているのではないか。

あの宝を誰かが見つけた時 世界はひっくり返るのさ 誰かが見つけ出す その日は必ず来る “ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)”は実在する
ワンピース59巻576話

ワンピースとは未だ実現しない物であるから、「あの宝を誰かが見つけた時」とは、ワンピースの「存在」や実現する「可能性」を知った時であり、「世界がひっくり返る」とは人々の中の価値観の変化であるとした。

つまり、白ひげの発言の真意とは、人々が「ワンピース=支配のない自由な世界」を想像できたなら、いずれ必ず実現するという意味である。

「想像」することによって「実現する」ということ

「想像」することによって「実現する」という表現は、実はワンピース作中にも登場している。やはり「空島編」なのだが、

物理学者ウイリー=ガロン「人が空想できる全ての出来事は起こりうる現実である」
ワンピース24巻218話

というセリフがある。この元になったのはSF作家ジュール・ヴェルヌの以下の言葉であろう。

ジュール・ヴェルヌ「Anything one man can imagine, other men can make real.(人が想像できることは必ず人が実現できる)」

その意味はやはり、「想像→実現」なのである。

  • ジョン・レノン:想像 → 実現
  • ウイリー=ガロン:空想 → 現実
  • ジュール・ヴェルヌ:想像 → 実現

このことから、「想像できれば実現する」という考えを尾田先生が持っていることが分かり、ワンピースと関係する「空島編」の冒頭にこの言葉を使用したことにも意味があると考えられるのである。

白ひげの発言の真意

よって、白ひげの発言とは「ワンピース=支配のない自由な世界」を想像できたなら、必ず実現するという意味であり、白ひげは「ワンピースは実在する」と言い切ることでロジャーと同じく海賊達を鼓舞したことになる。

  • 尾田先生:「平和な世界」を想像→少しずつ世界が平和になる
  • 白ひげ:「支配のない自由な世界」想像→支配のない自由な世界が実現する

頂上戦争終結後、白ひげの「ワンピースは実在する」という発言を聞いて喜ぶ民衆が描かれたが(59巻581話)。背後に描かれた建物から、その地はあの嘲りの町「モックタウン」であると分かる。

夢を見ない無法者が集まる町「モックタウン」の海賊たちが、「海にはまだ見ぬ夢がある」と叫んでいる。ドレスローザでのベラミーの発言のように「世界がひっくり返った」のである。

白ひげ「ワンピースは実在する」発言の真意は「ワンピース=支配のない自由な世界」を想像できたなら、必ず実現できるという意味である。

ここでは白ひげの発言「ワンピースは実在する」の矛盾について考察したが、「ひっくり返る」のもう一つの意味と「ワンピース」の実現方法については「巨大な戦い編」で考察している。

ワンピースの正体に関するまとめ

最後に、第一弾から第三弾までのワンピースの正体に関する考察をまとめる。

  • 「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」とは、「支配のない自由な世界そのもの」である。
  • その実現のためには、分断された海を繋ぎ、天竜人が作り出す支配と差別を無くして、人々を繋がなくてはならない。
  • 「ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)」の名前には「一繋ぎ」「人繋ぎ」と「平和(peace)」の意味が込められている。
  • 白ひげの発言「ワンピースは実在する」の真意は「ワンピース=支配のない自由な世界」を想像できたなら、人々の価値観が変わり、必ず実現できるということである。

詳しくは以下の考察をご覧ください。

この考察を支持しますか?
  • - (3)
  • + (10)

考察へのコメント [15]

  • テリー

    想像するだけで実現できるならとっくに実現してるよね〜方向性は間違ってないけどやっぱりひとつなぎの大秘宝は古代兵器で天竜人消し飛ばすほうがスッキリする!

    0
  • mogi

    おだっちイマジン好きってどっかで言ってなかった?

    0
  • 匿名

    ベラミーは重要キャラ
    ルフィのビブルカード持ってるしまだ何かやらかす

    0
  • 匿名

    めちゃくちゃ面白かったです!
    次も期待します。

    0
  • 匿名

    ちゃんと読めば、考えられるようにヒントを散りばめてるから何回も読み返してしまうんですよね〜!
    面白い考察でした!完結するのが(10年後なのか分かりませんが)、楽しみですね!

    0
  • 匿名

    モックタウンの戦争後の描写は、今まで知らなかったです!衝撃です…。

    0
  • 匿名

    尾田先生はビートルズお好きなのですかね。
    ローの「イエローサブマリン(黄色い潜水艦)」もそこから取っていたりして・・・?

    0
  • でびろー

    いろいろなワンピースの考察サイトがある中でこのサイトが一番好きです。
    今回の考察もとても面白かったです。
    これからも頑張って下さい。

    0
  • 匿名

    ワンピースは、死者を現代に呼び出せる、或いは交信できる手段って説を推します。亡くなった肉親や恩人と再会できることがルフィ達にとってのご褒美で、空白の100年の時代を生きた人の声を聞くことで世界の真実を知る。それを広めることで世界政府打倒へ流れがひっくり返る。みたいな。ヒルルクの忘れられた時が死ぬ時だっていう言葉もより生きてきますしね

    0
  • 匿名

    支配のない自由な世界がワンピースだとすると、白ひげの「見つけた時」という言葉がひっかかる気がします。この考察のまま進めるとすると「支配のない自由な世界を人々に想像させるもの」なのかなぁ…と思ったり。そうなると最終回で世界に一番影響のある(世界をひっくり返させることのできる)もの…というより人物はルフィであり、ワンピースはルフィ自身であると考えることもできると思います。ただ個人的にはそれではルフィたちに得があまりにないので推せない考察ではあります…笑

    0
  • 匿名

     ワンピースとは、破壊された巨大な王国の遺跡だと思います。それが発見されることにより、不都合な歴史「空白の100年」が白日の下に晒され、天竜人の権威は失墜し、天竜人の支配に対する反乱が起こるのではないでしょうか。その結果、支配のない世界が実現するのではないでしょうか。

    0
  • 匿名

    今回のはちょっと苦しい

    0
  • 匿名

    そんな誰でも思い浮かぶようなものじゃないと思う

    0
  • 匿名

    『ワンピース=地球そのもの』
    ①レッドラインが取り除かれる(その際に起きる津波から人々を救うのがノア)
    ②カームベルトがなくなる(ポセイドンの力で)
    で、全てがひとつに繋がった青い惑星がワンピース。
    扉絵でエネルが宇宙人と会ったのも意味がありそうな気がする。
    宇宙からみた隔たりのない青い地球がまるで秘宝のようだと……
    空島よりももっと上の、宇宙という概念がどこかででできそう。遺跡なり壁画なり。
    某都市伝説番組のように、「作られた支配だということに気づこうよ」みたいなロジャーからのメッセージ。
    と考えると楽しい。

    0
  • 匿名

    初投稿失礼します。
    仮に「ONEPIECE=4つの海が一つになった世界」だとして、サンジのオールブルーを見つける夢も同時に叶いそうだなと思いました。
    ルフィの本当に欲しいものも「自由な国」だとして、天竜人の支配を終わらせるのにONEPIECE発見が条件になるだろうし、もしかしたら、他メンバーの夢もONEPIECE発見が条件になるんじゃないかなって思います。

    0

メールアドレスが公開されることはありません。