ワンピース1071話「英雄出撃」感想と考察|最新話ネタバレ注意

考古学ワンピース伏線考察

ワンピース1071話ベガパンクのエッグヘッド内にいる「もう一人の味方」とは?バーソロミュー・くまはなぜレッドポートに?ワンピース最新話感想と考察。ネタバレ注意。

バーソロミュー・くまが聖地マリージョアへ向かった理由

ワンピース1067話にて革命軍の拠点「カマバッカ王国」から姿を消したバーソロミュー・くま。

バーソロミュー・くま

バーソロミュー・くま

ドラゴン「どうした くま!!! どこへ行く!!?
イワンコフ「ここにいなよ!!! これからだっチャブル!! ヴァターシ達!!!『革命軍』の戦いはァ!!!」

引用:ワンピース1067話

この時点でくまがどこへ向かったのかは謎でしたが、最新話1071話にてバーソロミュー・くまが聖地マリージョアの入り口「レッドポート」に現れました。

世界会議終了後、天竜人の奴隷にされていたくまは、サボら革命軍メンバーによって聖地マリージョアから救出されたばかりです。

なぜ、くまは再び聖地マリージョアへ向かったのでしょうか。

くまはベガパンクの最後の改造によって人格を失っており、「現在のプログラムは不明」とされています。

だとすると、人格を失ったくまは何らかのプログラムによって聖地マリージョアへ向かったと考えられます。そのプログラムを行ったのはベガパンクでしょう。

くまが動き出した1067話にて、900年前に作られた「鉄の巨人」によるマリージョア襲撃について語られたことから、くまもまた何らかのプログラムでマリージョアへ向かった可能性があります。

ベガパンク「こいつは200年程前に聖地マリージョアを襲ったという伝説の鉄の巨人 更に作られたのは900年も昔 目的はわからぬまま……エネルギー不足で被害はなかったと聞いている

当時の科学者達の驚きたるや相当なものだったろう…あまりに場違いすぎるその科学力に………!!! どこから現れ何をしようとしたのか誰にもわからない」

引用:ワンピース1067話

しかし、ワンピース1071話のシーンを見ると、くまはレッドラインに激突しているため、くまがニキュニキュの実で目指した場所はマリージョアではないかもしれません。

ニキュニキュの実による移動では地面に「肉球マーク」がつきますが、1071話のくまはレッドラインの壁に激突しており、目的地はレッドラインを超えた先の新世界である可能性が高いです。

そして、このサイトでは「ニキュニキュの実」をサニー号が食べる可能性について考察してきましたが、ここへきて、「ニキュニキュの実」の能力ではレッドラインを超えられないという能力の限界が示されたことは注目すべきです。

「ニキュニキュの実」をサニー号については以下に考察しています。

【数字の法則】プルトンの抵抗勢力!!「二キュニキュの実」をサニー号が食べる可能性は?
二キュニキュの実と麦わらの一味「数字の伏線」にサニー号が関わっている!!? 二キュニキュの実をフランキーが食べると考察した記事について、二キュニキュの実と古代兵器プルトンの伏線を考察する。

島内にいるベガパンクの「もう一人の味方」とは誰か

ベガパンクを連れ、エッグヘッド脱出を急ぐ麦わらの一味のもとに「アトラス」を除く「サテライト」とベガパンク本体が勢揃いしましたが、CP-0に出航ルートを塞がれてしまいます。

しかし、ベガパンク側には戦桃丸の他に「もう一人の味方」がいると言います。

パンク04「どうします 島内にもう一人!! 我々の『味方』がいますが」
パンク03「いや待て あいつもわいらに味方したら 居場所を失い政府に追われてしまうんやぜ!!?」

ベガパンク「−−そういうわけなんじゃが…私の大ピンチを救ってクエーサー」
もう一人の味方「勿論です 命令を待っていました

引用:ワンピース1071話

エッグヘッド島内にいる「もう一人の味方」とは一体誰なのでしょうか。

「もう一人の味方」の条件

  • 現在エッグヘッド島内にいる人物
  • 世界政府側の人間
  • ベガパンクに対して敬語を使う人物

パンク03が「居場所を失い政府に追われる」と発言しているので、「もう一人の味方」は現時点で政府側にいる人物であることが分かります。

そして、現在エッグヘッド島内にいる人物であるとされているので、エッグヘッドへ向かっている黄猿やG-14の海軍ではないということになります。

だとすると、最も可能性が高い人物はCP-0ステューシーでしょうか。

CP0ステューシー

CP0ステューシー

ステューシーは前回1070話扉絵に描かれた元「MADS」メンバーである可能性があります。

ステューシーが過去にベガパンクと繋がりがあるとすれば、彼女がエッグヘッドの技術に詳しい理由やベガパンクがCP-0側の情報を知っていた点も説明がつきます。

ステューシーとMADS、ベガパンクとの関係については以下に詳しく考察しています。

ベガパンクの敵か味方か?ステューシーの年齢と元MADSメンバーの伏線|ワンピース1071話までの考察
ステューシーの年齢は?ベガパンクの敵か味方か?ステューシーと元MADSメンバーに関する伏線を考察する。ワンピース1070話から1071話までの考察を追記。

1071話で「フロンティアドーム」を解除した人物

麦わらの一味がエッグヘッドからの脱出へ向かう最中、突如「フロンティアドーム」が解除されました。

「フロンティアドーム」とは、研究層を取り囲む迎撃システムであり、雲に描かれた2本の線内に敵が侵入するとレーザービームが発動される仕組みになっています。

しかし、「フロンティアドーム」を解除するための「コントロールルーム」に人影はないと言います。

「フロンティアドーム」を解除した人物として考えられるのは、麦わらの一味と共に上陸したカリブーです。カリブーはワノ国出航後、一味の船に乗っていましたが、1065話にて一方的に船を降ろされています。

カリブー「確かに『ワノ国』を脱出できれば どこでもいいって言っちゃったけど ここはねェよダンナ 政府の島だぜ!?」

ゾロ「ウチの船長が世話になったな ありがとう 降りろ」
カリブー「覚えてろ コイツらァ〜!!!

引用:ワンピース1065話

この時点でカリブーは一味に恨みを持っていることから、「フロンティアドーム」を解除し一味を危機に陥れる動機があり、さらに混乱に乗じて島を脱出しようと考えた可能性があります。

また、「コントロールルーム」に人影がないとされた理由も原型を留めないカリブーの「ヌマヌマの実」の能力で説明がつきます。

ゾロvsカクの戦闘

迎撃システム「フロンティアドーム」の解除により研究層への侵入が可能となり、カクはサニー号の破壊に向かいます。

エッグヘッド編はW7&エニエス・ロビー編とリンクすると考察しており、船番のゾロのもとに現れるカクという状況もW7における以下のシーンとリンクしています。

カク「失礼 成程 傷ついておるなァ……」
ゾロ(何だウソップか……)
カク「マストも差しかえじゃな…」
ゾロ「ちょっと待ててめェ誰だァ!!!!」
カク「おお すまん起こしてしもうたか」

引用:ワンピース34巻326話

エッグヘッド編でのルフィとルッチの戦闘がエニエス・ロビー編と同じ構図で描かれたように、次回以降ゾロとカクの戦闘シーンもエニエス・ロビー編の構図で描かれるのではないでしょうか。

ここまで、ワンピース最新話1071話におけるエッグヘッド内に関する内容についてまとめました。次回はキッドが辿り着いたエルバフ、ガープが向かう「ハチノス」について考察します。

【ワンピース1071話】ガープがハチノスで黒ひげと対決か!?|最新話ネタバレ注意
ガープは海賊島ハチノスで黒ひげと戦うのか?エルバフにたどり着いたキッド海賊団の今後は?ワンピース最新話1071話の感想と考察。ネタバレ注意。

コメント

  1. taka

    >「ニキュニキュの実」の能力ではレッドラインを超えられないという能力の限界が示された

    どなたかの考察で、くまが麦わらの一味を世界中に飛ばした際に
    レッドラインを超える移動があったと読んだのですがどうでしょうか

  2. 匿名

    ルッチ達が傍にいて電伝虫で会話をすることだけが気になるのですが…。汗