【数字の法則】プルトンの抵抗勢力!!「二キュニキュの実」をサニー号が食べる可能性は?

前回の記事で二キュニキュの実をフランキーが食べると考察した記事について発展させた考察です。

「ベガパンク」「くま」「フランキー」そして「サニー号」の関係

麦わらの一味の能力者の数字の伏線

まず、麦わらの一味の「数字の法則」をもう一度まとめます。

ルフィ「ゴムゴムの実」=5.6
チョッパー「ヒトヒトの実」=1.10
ロビン「ハナハナの実」=8.7
ブルック「ヨミヨミの実」=4.3

この伏線は、麦わらの一味に「2.9」を埋める「2929の実」の能力者が登場するというもので、前回はバーソロミュー・くまとフランキーの関係から、くまの「二キュニキュの実」をフランキーが食べると考察しました。

しかし、コメント欄より指摘のあったフランキーの「カナヅチになるのはゴメンだ」という発言など参考に今回はそこから少し発展する形で考察を見直しています。

すると、フランキーとバーソロミュー・くまとの関係はもっと複雑であることが分かります。

「Dr.ベガパンク」「バーソロミュー・くま」「フランキー」の関係

その関係を表したのが以下の図です。

サニー号と二キュニキュの実

このうち最も関係が深いのはDr.ベガパンクとバーソロミュー・くまです。くまはDr.ベガパンクによる改造手術で人格のない人間兵器「PX-0」となりましたが、完全に支配されているというわけではなく、改造前にベガパンクとの間に「ある約束」を交わしていました。

また、くまとフランキーの関係は前回の記事で詳しく考察しましたが、肉球と空気圧を利用した攻撃という類似性、そして、シャボンディ諸島では麦わらの一味のうち唯一サニー号を守ったくまと再開している点が挙げられます。

そして、フランキーとDr.ベガパンクの関係はバーソロミュー・くまによってベガパンクの故郷「バルジモア」に飛ばされた点です。そこには何かしらの意図があったと考えられます。また、サイボーグや船、兵器の製造技術を持つという共通点もあります。

「バーソロミュー・くま」と「サニー号」

さらに注目したいのは、バーソロミュー・くまと麦わらの一味の船「サウザントサニー号」の繋がりです。

サニー号と悪魔の実二キュニキュの実

バーソロミュー・くまは頂上戦争直前に人格のない完人間兵器「PX-0」に改造される際、「サニー号を死守せよ」とプログラムすることをベガパンクと約束しましたが、その動機は未だ明かされていません。

また、バーソロミュー・くまがスリラーバークに現れた際の初登場シーンは、なぜかサニー号の上でした。W7編でサニー号に名前をつける際、最初にルフィが出した案は「クマ!!白クマ!!ライオン号」で、やはり「サニー号」と「くま」が結び付けられています。

これらの繋がりは何を意味するのでしょうか。さらに、バーソロミュー・くまとサニー号にはある重要な伏線が敷かれています。

麦わらの一味の能力者の「数字の伏線」は何を意味するのか?

麦わらの一味の能力者の数字の伏線

過去に取り上げた伏線ですが、麦わらの一味の能力者の悪魔の実を数字に変換して足すと、バーソロミュー・くまの元懸賞金の数字が浮かび上がるのです。

56 + 110 + 87 + 43 = 296
=くまの元懸賞金2億9600万ベリー

ここから、くまが麦わらの一味に加わるのではないかと予想されてきましたが、それほど単純ではないと考えられます。なぜなら、麦わらの一味の悪魔の実の総和にはもう一つの意味があるのです。

56 + 110 + 87 + 43 + 29 = 325
=サニー号

麦わらの一味の悪魔の実の総和に「2929の実」が加わったとすると、その総和は「325」となり、麦わらの一味の船「サニー号」の名が浮かび上がるのです。

ここまで見てきたバーソロミュー・くまとサニー号の繋がりと「数字の伏線」から考えると、二キュニキュの実を食べるのはフランキーが造った船「サニー号」ではないのか。

つまり数字の伏線は、くまは仲間にならないが、二キュニキュの実は加わり、それを食べるのはサニー号であるということを指しているのではないかと考えてみたいと思います。

仮説:麦わらの一味の「2929の実」の能力者は「二キュニキュの実」を食べたサニー号である。

このことに関して、別の角度からも考えてみましょう。

サニー号が悪魔の実を食べる可能性はあるか

サニー号と「クラバウターマン」

以前の記事で物が悪魔の実を食べる条件は「クラバウターマン」という「魂」が宿っていることであると考察しましたが、次のセリフから、サニー号はその条件を満たしていると考えられます。

フランキー「お前らの乗ってきたG・メリー号にできて この船にできねェ事は何一つない!! 全てにおいて上回る!! だが!! あの船の勇敢な魂は!! このサウザンドサニー号が継いで行く!!!」ワンピース44巻439話

このセリフが「サニー号にはメリー号の「魂」=クラバウターマンが宿っている」という伏線であるとすると、サニー号はいずれ何らかの悪魔の実を食べると考えられます。

そして、先ほどの数字の伏線から考えると、サニー号が食べる悪魔の実は「ニキュニキュの実」ということになります。

パラミシア系を食べた物は動くことができるのか

これまでにワンピース本編に登場した悪魔の実を食べた武器は全てゾオン系でした。ニキュニキュの実はパラミシア系なので、「食べても意思を持たない」と考える方も多いかもしれません。

しかし、悪魔の実を食べた武器はゾオン系だから動けるというわけではないようです。アラバスタ編に登場した「犬銃ラッスー」の例を見てみましょう。

イヌイヌの実モデルダックスフントを食べた「犬銃ラッスー」ですが、その意思は「犬」と「銃」どちらにあるのでしょうか。その答えは扉絵シリーズで描かれています。

扉絵シリーズ「ミーツバロック」でミスゴールデンウィークのカラーズトラップ「夢の虹色」でバロックワークスのメンバーそれぞれが想い描く「理想の姿」に変身しました。その扉絵で描かれたラッスーの「理想の姿」は「戦車」でした(42巻407話)。

ラッスーの理想が「戦車」であるということは、意思は「イヌイヌの実」にではなく、もとの「銃」にあるということになります。ちなみに、ゾオン系悪魔の実である「ヒトヒトの実」を食べたチョッパーも恋愛対象がメスのトナカイであることから、意思は元のトナカイにあると言えます。

そして、悪魔の実を食べた船が動けるかどうかですが、メリー号はクラバウターマンの意思によってエニエス・ロビーまで到達しているので、可能であると言えるでしょう。

クラバウターマンの宿るサニー号は「二キュニキュの実」を食べることが可能である。

サニー号が「二キュニキュの実」を食べるとすると、気になるのはフランキーのあの発言です。

サニー号は「二キュニキュの実」を食べて古代兵器プルトンになるのか!!?

古代兵器プルトンの設計図とサニー号

W7編の回想で古代兵器プルトンの設計図を見たフランキーが以下のような発言をしています。

トム「造船史上最悪の…”バケモノ”だ 政府が今この設計図の存在に気づいて動き出してよ…わしが持っていてはもう危ねェ」
アイスバーグ「恐ェけど…わかった受け取るよ!!」
フランンキー「すげェ~アイスバーグおい!! これ造ってみようぜ!!!」ワンピース37巻355話

そもそも、古代兵器プルトンの設計図はプルトンが暴走した際、抵抗勢力としてもう一つの兵器を生み出し、プルトンの独走を阻止してほしいという製作者の願いから引き継がれてきました。

古代兵器ポセイドンが登場した以上、いずれワンピース本編に古代兵器プルトンも登場すると考えられ、抵抗勢力として拮抗する威力を持つ船が必要となるでしょう。

プルトンの設計図は既に失われたため、その抵抗勢力を作り出すのは設計図を知るアイスバーグかフランキーということになりますが、上のシーンでフランキーが「造ってみようぜ」と発言していることから、プルトンの抵抗勢力を作り出すのはフランキーでしょう。

そして、サニー号はフランキー曰く「おれの造る生涯最後の船」ということなので、プルトンの抵抗勢力となるのはサニー号であるという可能性は非常に高いと言えます。

古代兵器プルトンの威力「高圧の空気」とサニー号

別記事で古代兵器プルトンは悪魔の実を食べた戦艦であり、高圧の空気を利用した兵器であると考察しました。

ニキュニキュの実の能力には、バーソロミュー・くまの「ウルススショック」のように空気を圧縮する攻撃が含まれます。サニー号はクー・ド・バーストなど高圧の空気に耐える宝樹アダムが使用されているので、強度も問題ないでしょう。

サニー号が「ニキュニキュの実」を食べるとすると、「悪魔の実」「高圧の空気」とが揃い、古代兵器プルトンと同じ性能を持つことになります。

よって、フランキーがサニー号にバーソロミュー・くまの「ニキュニキュの実」を食べさせて古代兵器プルトンの抵抗勢力とすると考えられるのです。

フランキーがサニー号にバーソロミュー・くまの「ニキュニキュの実」を食べさせて古代兵器プルトンの抵抗勢力とする。

まとめ:二キュニキュの実を食べるサニー号と古代兵器プルトン

以上、麦わらの一味の数字の法則から、バーソロミュー・くまの「ニキュニキュの実」をサニー号が食べる可能性について考察しました。

サニー号と「ニキュニキュの実」については、悪魔の実の能力者が水中で力が抜けるという問題など疑問が残る部分もありますが、現時点での可能性として議論してもらえればと思います。

この考察を支持しますか?
  • 支持しない (0)
  • 支持する (2)

考察者:

関連ワンピース考察

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。