2021年、いよいよ1000話に到達する「ONE PIECE」。次第にワンピースのストーリーの「核心に迫る伏線」も回収され始め、だんだんと最終章へ向かっています。ここでは、「ワンピース最終章」へ向け、これまで描かれたワンピース全ストーリーのあらすじと重要な登場人物をざっくりまとめて追っていきます。

1分でわかる!ワンピースのあらすじ

24年前、「この世の全て」を手に入れた「海賊王」ゴールド・ロジャーが処刑された…

しかし、ロジャーが死に際に放った一言が「新たな時代」を作り出す

尾田栄一郎「ONE PIECE」52巻506話/集英社

「おれの財宝か? 欲しけりゃくれてやるぜ
探してみろ この世の全てをそこに置いてきた」

ロジャーが遺した「ひとつなぎの大秘宝 ”ワンピース”」をめぐり、世界中の海賊達が覇権を賭けて争う「大海賊時代」が到来したのだった…

東の海「フーシャ村」に住む少年モンキー・D・ルフィは、村に滞在していた大海賊「赤髪のシャンクス」に憧れ海賊になることを誓う

そんなルフィにシャンクスは海賊として再会する約束をし、麦わら帽子を託した

10年の時が経ち成長したルフィは、ついに大海原へと旅に出る

「海賊王に おれはなる!!!」

高らかに宣言し、「ひとつなぎの大秘宝」を探すルフィの「大いなる旅」が始まるのだった…

これだけは覚えて!ワンピース登場人物

ワンピースのあらすじを辿るにあたって、頭に入れておかなければならない登場人物は以下の2人です。

ワンピース主人公:モンキー・D・ルフィ

「麦わらの一味」船長であり、超人系悪魔の実「ゴムゴムの実」の能力者。夢は海賊王になることであるが、支配ではなく「自由」を求めている。

海賊王:ゴール・D・ロジャー

かつて「ひとつなぎの大秘宝」を遺した海賊王。最後の島ラフテルに辿り着き「世界の秘密」を知った人物。「万物の声を聞く」能力を持っていたとされている。

2人は共に「D」のミドルネームを持っていますが、その謎についてはワンピースの物語を読み進むに連れてわかってきます。その他のワンピースに登場する重要人物については、あらすじを追いながらまとめています。

それでは、早速、ワンピースの各エピソードごとのあらすじを振り返っていきましょう。

ここでは、絶対に押さえておくべきワンピース最終章へ必要な情報のみをざっくり感単にまとめます。各エピソードの詳細なストーリーは該当する巻を読むとよりワンピースの世界を楽しめると思います。*最新話までのワンピースのネタバレを含みますのでご注意ください。

イーストブルー編あらすじ:ワンピース1-12巻

「イーストブルー(東の海)」はルフィの故郷フーシャ村のある海で、ワンピースの物語はこの海から始まります。

「フーシャ村編」のあらすじワンピース1巻

ルフィの故郷であるフーシャ村に滞在していた海賊シャンクスに影響を受け、海賊になることを決意したルフィ。村を去るシャンクスから麦わら帽子を託され、立派な海賊になって再会することを約束しました。その10年後、17歳になったルフィはフーシャ村を旅立ち、「ひとつなぎの大秘宝」を探す冒険に出ました。

ルフィの憧れの海賊「赤髪のシャンクス」

赤髪海賊団船長の剣士であり、ルフィに麦わら帽子を託した人物。海に落ちて海王類に襲われたルフィを助けた代わりに左腕を失った。

フーシャ村を出たルフィは仲間を集めるため、「東の海」の様々な島を旅します。

「シェルズタウン編」のあらすじワンピース1巻

海軍基地の町では海軍大佐モーガンによる恐怖政治が行われていました。ルフィとゾロが海軍大佐モーガンを倒し、町を支配から解放しました。

主な戦い:

ルフィ vs 海軍大佐モーガン

  • ロロノア・ゾロが仲間に

麦わらの一味戦闘員「ロロノア・ゾロ」

ルフィの最初の仲間となった「三刀流」の剣士。世界一の剣豪を目指す。

ロロノア・ゾロを仲間に、ルフィは次の島にある「オレンジの町」を訪れます。

「オレンジの町編」のあらすじワンピース1-3巻

海賊専門の泥棒ナミと出会った街。ルフィとゾロは町を荒らす海賊「道化のバギー」から「偉大なる航路(グランドライン)」の海図を奪うため、バギー海賊団に挑みんで町をバギーの脅威から解放しました。

主な戦い:

麦わらの一味 vs バギー海賊団

  • グランドラインの海図を手に入れる

「シロップ村編」のあらすじワンピース3-5巻

嘘つき少年「ウソップ」と出会い、村の富豪の娘カヤの屋敷を訪れるルフィ。その屋敷の執事クラハドールはかつて処刑されたはずの海賊「キャプテン・クロ」でした。クロは海賊団に村を襲わせ、カヤを暗殺して財産を手に入れようと企むもルフィらは決死の戦い末、クロの計画を阻止しました。

主な戦い:

麦わらの一味 vs クロネコ海賊団

  • 狙撃手ウソップを仲間に
  • 海賊船「ゴーイングメリー号」を手に入れる

麦わらの一味の狙撃手「ウソップ」

ルフィの3人目の仲間。臆病な性格であるが射撃の名手。夢は勇敢なる海の戦士になること。

「バラティエ編」のあらすじワンピース5-8巻

コックを仲間にするため、海上レストラン「バラティエ」を訪れた麦わらの一味。そこへ東の海の覇者 海賊艦隊提督「首領・クリーク」が現われ、バラティエの乗っ取りを宣言。ルフィは数々の兵器を繰り出すクリークとの激闘を制しました。

主な戦い:

ルフィ vs クリーク海賊団

  • サンジが麦わらの一味の仲間になる

麦わらの一味のコック「サンジ」

ルフィの4人目の仲間。料理人として手を傷つけないよう足技で戦う。無類の女好き。夢は伝説の海「オールブルー」をみつけること。

「アーロンパーク編」のあらすじワンピース8-11巻

ルフィ達は行方を眩ましたナミを追って魚人「アーロン」が支配する「ココヤシ村」に上陸。実はナミは「アーロン一味」の幹部であり、その壮絶な過去とナミの想いを知ったルフィらは、ナミを救うため、アーロン一味と戦って勝利し、島をアーロンの支配から解放しました。

主な戦い:

麦わらの一味 vs アーロン一味

  • ナミが正式に麦わらの一味の仲間になる

麦わらの一味の航海士「ナミ」

元海賊専門の泥棒でありルフィの2人目の仲間。気象や航海術の知識が豊富。夢は自分の目で見た世界地図を描くこと。

「東の海」で4人の仲間を集めたルフィら「麦わらの一味」は、世界を一周する航路「グランドライン」を目指します。

尾田栄一郎「ONE PIECE」3巻22話/集英社

ここがポイント!ワンピース世界の海

ワンピース世界の海は世界を縦断する大陸「赤い土の大陸(レッドライン)」と、それに垂直に世界を一周する航路「偉大なる航路(グランドライン)」によって4つに分断されている。東西南北に区切られた海はそれぞれ「東の海(イーストブルー)」「西の海(ウエストブルー)」「南の海(サウスブルー)」「北の海(ノースブルー)」と呼ばれる。

グランドライン突入編あらすじ:ワンピース12-15巻

無事に「グランドライン」へ突入し、いよいよワンピース世界を一周する航海へ。入り口「双子岬」で出会った海賊王ロジャー海賊団の元船医クロッカスは、ワンピースがあるという伝説の島「ラフテル」について語ります。

ここがポイント!伝説の島ラフテル

「グランドライン」の最終地点であり、「ひとつなぎの大秘宝」が眠るとされる伝説の島。ワンピースの歴史上、ラフテルを確認したのは「ロジャー海賊団」のみである。

ここがポイント!「記録指針”ログポース”」

「グランドライン」を航海するために必要となる特殊な方位磁針で、島と島が引き合う「ログ」を貯めることで次の島を指す仕組み。その航路はグランドライン入り口から7つに分かれ、最後に一つの航路に行き着き、その最終地点が「ラフテル」とされている。

  • ルフィがラブーンと再戦する約束を交わす

アラバスタ編あらすじ:ワンピース12-23巻

「ウイスキーピーク編」のあらすじワンピース12-13巻

グランドライン最初の島は賞金稼ぎの巣「ウイスキーピーク」。ルフィらは秘密犯罪会社「バロックワークス」に潜入していた「アラバスタ王国」の王女ネフェルタリ・ビビと出会い、バロックワークスによる「アラバスタ王国乗っ取り計画」を知ります。

主な戦い:

麦わらの一味 vs バロックワークス

  • ビビが麦わらの一味の船に乗る

重要人物:アラバスタ王国王女ビビ

母国の反乱に関与するバロックワークスに潜入していたアラバスタ王国の王女。

ビビを母国アラバスタへ送り届けるため、麦わらの一味はバロックワークスからの追手を振り切りながらアラバスタ王国を目指します。

「リトルガーデン編」のあらすじワンピース13-15巻

恐竜達が生きる太古の島「リトルガーデン」に上陸した麦わらの一味。その島で100年間にわたる決闘を続けてきた巨人族の戦士「ドリー」と「ブロギー」に出会います。しかし、バロックワークスからの追手により、卑劣な策略で決闘が邪魔され、「巨人族の誇り」を守るためルフィらはバロックワークスエージェントと戦います。

主な戦い:

麦わらの一味 vs バロックワークス Mr.3 & ミスGW

リトルガーデン出港後、ナミが急病に倒れたため、急遽進路を変更し、麦わらの一味は「ドラム島」へ上陸しました。

「ドラム王国編」のあらすじワンピース15-17巻

麦わらの一味は「悪魔の実」を食べて人の能力を持ったトナカイ「トニートニー・チョッパー」と出会います。そこへ、かつて島を悪政で支配した元ドラム王国国王ワポルが帰還します。ルフィ達はチョッパーと共闘し、元国王ワポルを撃退しました。

  • チョッパーが麦わらの一味の仲間になる

麦わらの一味の船医「トニートニー・チョッパー」

ルフィの5人目の仲間であり、「ヒトヒトの実」を食べたトナカイ。何でも治せる医者を目指している。

ドラム王国編では、これまで謎であった「D」の名に焦点が当てられ、海賊王ロジャーの本名も「ゴール・D・ロジャー」であることが明かされました。さらに、「Dの意志」というものが存在することが明らかに。

ここがポイント!「Dの一族」「Dの意志」とは

ワンピース作中に登場する「D」という名を持つ「Dの一族」が受け継ぐ何らかの「思想」。世界政府は「D」の名を持つ者を警戒しており、「神の天敵」とも呼ばれる。

ドラム王国での治療で命をとりとめたナミと船医チョッパーを仲間に、ルフィらは「アラバスタ王国」を目指します。

「アラバスタ編」のあらすじワンピース17-23巻

ビビの故郷「アラバスタ王国」に辿り着いた麦わらの一味は、アラバスタの反乱を煽りたてるバロックワークス社社長サー・クロコダイルに挑みます。首都アルバーナでは「国王軍」と「反乱軍」が衝突する中、麦わらの一味はバロックワークスとの激闘の末、その陰謀を阻止し、ビビと別れてアラバスタを出航しました。

主な戦い:

アラバスタ国王軍 vs 反乱軍
麦わらの一味 vs バロックワークス

クロコダイルがアラバスタ王国に目をつけた理由は強大な軍事力「古代兵器プルトン」がアラバスタの地に眠るという情報を得たためでした。

ここがポイント!古代兵器プルトン

神の名を持つ3つの古代兵器のうちの1つであり、一発で島一つ消しとばす威力を持つという戦艦。

古代兵器プルトンの情報は、アラバスタ王国地下に隠された謎の暗号が記された石「ポーネグリフ」にその所在が記されていました。

ここがポイント!ポーネグリフと「空白の100年」

ワンピース世界の歴史には約900年前から800年前にあたる「語られない空白の歴史」があり、世界中に約30個存在すると言われる歴史を記した石碑「ポーネグリフ」を解読することで明らかとなるとされるが、世界政府は解読を禁止している。

麦わらの一味は、ルフィの命を救った元バロックワークスのニコ・ロビンを加えてアラバスタ王国を出航して旅を続けます。

  • ビビと別れる
  • ニコ・ロビンが仲間に

麦わらの一味の考古学者「ニコ・ロビン」

ルフィの6人目の仲間であり、元バロックワークスの副社長。世界で唯一「古代文字」が解読でき、「空白の100年」を含む真の歴史を知ることを目的としている。

次の島に向かう航海中、突如空から巨大なガレオン船が落下し、記録指針の指す進路が上向きに変更されてしまいます。その理由は伝説とされる空に浮かぶ島「空島」へ指針が奪われたためでした。

この記事は現在編集中です。

この考察にコメントする