【ワンピース最終回】ルフィが導く世界の夜明け!!!自由な世界とDの意志

考察ワード:

ホールケーキアイランド編で描かれたミンク族ペドロの発言「世界を夜明けへ導く」。光月家が待ち続けた「世界を夜明けへと導く者」とは…ワンピースの最終回間際に起こるであろう「世界の夜明け」について、これまでの考察をまとめながら考えます。

ワンピース最終回「世界を夜明けへと導く」とはどういうことか

「世界を夜明けへと導く」の意味

まず、「世界を夜明けへと導く」という言葉の意味を考えてみます。ホールケーキアイランド編でのミンク族ペドロのセリフを引用します。

ペドロ「“麦わらの一味”は我が故郷を救ってくれた恩人達 重ねて……いずれ世界を”夜明け”へと導く者達だとおれは信じる!!! あガラらはやがてお前達を超え世界を変える!!!」
ワンピース85巻850話

ペドロのセリフから「世界の夜明けへと導く」ことは、「世界を変える」ことと似た意味であることがわかります。

世界を夜明けへと導く世界を変える

そして、世界を夜明けへ導くのはルフィ率いる麦わらの一味であるとペドロは考えています。

「Dの意志」=「世界の夜明け」

さらに、ペドロは「世界の夜明け」について以下のように発言しています。

ペドロ「おれは思う ルフィ達こそが数百年間 我ら一族と”光月家”が待ち続けた世界を夜明けへと導く者達だ!!」ワンピース87巻877話

ミンク族と光月家は「世界の夜明け」を数百年間待ち続けたとあるので、「世界の夜明け」とは世界の数百年の歴史と関係するものであると考えられます。

「夜明け」「歴史」「ルフィ」とくれば思い浮かぶのは「Dの意志」です。

Dの意志については以前その由来を「DAWN(夜明け)」であると考察しました。

「D」の由来は「DAWN(夜明け)」であり、その意味は「新しい時代を作る意志」=「時代の夜明けを起こす意志」である

「新しい時代を作る」とは「世界を変える」と同じ意味であり、「夜明け」「歴史」「ルフィ」との共通点から考えても「世界の夜明け」とは「D」の起こす「新しい時代の夜明け」と同じものであると考えてよいでしょう。

Dの意志世界の夜明け
「世界の夜明け」とは現在の世界を変え、新しい時代を作り出すという意味である。

「世界の夜明け」と古代兵器

「世界を夜明けへと導く者」とポセイドンの力を「正しく導く者」

「世界の夜明け」=「世界を変える」と関連してもう一つ重要な発言があります。魚人島リュウグウ王国オトヒメの以下のセリフです。

オトヒメ「海王類と話せる人魚…つまり しらほしの元には いつか その力を正しく導く者が現れ…そしてその時世界には大きな変化が訪れる…!!」ワンピース63巻626話

かつて世界に大きな変化を起こそうとしたジョイボーイに代わって、しらほし(=古代兵器ポセイドン)の力を「正しく導く者」が世界に大きな変化を起こすとされています。

以前の考察で「正しく導く者」はDの意志を継ぐルフィであり、それこそが古代兵器ウラヌスの正体であると考察しました。そこから以下の関係が見えてきます。

ルフィ=正しく導く者古代兵器ウラヌス

ルフィ=世界を夜明けへと導く者

ならば

世界を夜明けへと導く者正しく導く者古代兵器ウラヌス

ということになり、「世界の夜明け」とは、「Dの意志」が起こす新しい時代であり、「正しく導く者=古代兵器ウラヌス」が起こす世界の変化と同じものであるということになります。

それでは、「新しい時代」「新しい世界」とは何か。これまでの考察からその答えを導き出していきましょう。

「世界を夜明けへと導く者」とは「Dの意志」や古代兵器ポセイドンを「正しく導く者=古代兵器ウラヌス」と同じ思想を持つ者である。

ワンピース最終回に訪る「世界の夜明け」と「ひとつなぎの大秘宝」

「世界を夜明けへと導く者」=「正しく導く者」=「古代兵器ウラヌス」であるならば、「古代兵器ウラヌス」が起こす世界の変化こそ「世界の夜明け」によって訪れる「新しい世界」の具体的な内容であるということになります。

古代兵器ウラヌス編ではウラヌスが導く「新しい世界」について以下のように考察しました。

古代兵器ウラヌスは、ルフィの覇王色の覇気に関係する人を引きつける力であり、全種族を差別なく巻き込んで巨大なうねりを起こし、支配のない自由な世界へと導く力である。

つまり、ルフィが起こす「世界の夜明け」によって訪れる「新しい世界」とは「支配のない自由な世界」です。かつてジョイボーイが魚人島と交わした約束に関連する「世界に起こる大きな変化」と同じものであると考えられます。

世界の夜明け支配のない自由な世界

この「支配のない自由な世界」については「ひとつなぎの大秘宝編」でさらに詳しく考察しています。

「ひとつなぎの大秘宝」の正体は「支配のない自由な世界そのもの」であり、実現するためには、ワンピース世界にある支配と差別を無くし、分断された地形を変える必要がある。

「世界の夜明け」を起こし、支配のない自由な世界を作るためには、天竜人による支配と種族間の差別をなくし、自由を阻む世界の地形を変える必要があるということになります。

支配のない自由な世界=天竜人の権威失墜種族間差別撤廃地形の変化

そして、この「支配のない自由な世界」こそ「ひとつなぎの大秘宝」の正体であるとこのサイトでは考えています。

さらに、「支配のない自由な世界」を作ることがロジャーの夢であり、ロジャーの発言「世界をひっくり返す」の真意であると以下の記事で考察しました。

ロジャーの死に際の「この世の全てをそこに置いてきた」という言葉は嘘であり、その嘘に込められたロジャーの本当の夢とは「支配のない自由な世界を作る」ことであった。その意志を託すためロジャーは大海賊時代を作り出し、それを実現する者をロジャーは待っている。

ロジャーはラフテルにたどり着き、「支配のない自由な世界」への可能性を見出すも自らそれを達成することはできず、その意志を未来に託すために大海賊時代を作りました。

それでは、なぜロジャーは世界に夜明けを起こさなかったのでしょうか。

ワンピース世界の大物達が「世界の夜明け」を待つのはなぜか

「世界の夜明け」=「ロジャーの夢」=「ジョイボーイの約束」と考えると、それに関わるワンピース世界の大物達は、自ら「世界の夜明け」を起こそうとはせず、何かを待っているというセリフが多く見られます。

ネコマムシ「わしはネコマムシ!!! 世界の夜明けを待つ男!!!」ワンピース81巻809話

ネコマムシは自ら世界の夜明けを起こそうとするのではなく、待っているのみです。

また、世界の夜明けを起こそうとしたロジャーに関わる人物達も誰かを待っています。

クロッカス「あいつらは…我々の待ち望んだ海賊達だろうか…(中略)なァ…ロジャーよ」ワンピース12巻105話

白ひげ「ロジャーが待ってる男は…少なくともティーチお前じゃねェ…」ワンピース59巻576話

さらに、リュウグウ王国の王家もジョイボーイに代わる人物を待っていました。

ネプチューン「いずれ必ずジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れる それが わしら王族に伝わる伝説 じゃから我々はその日を信じ…先祖代々ノアを見守り続ける事が彼との約束 来るべきその時 初めて巨船ノアは使命を授かるんじゃもん…!!!」ワンピース66巻649話

「世界の夜明け」に必要なものとは何か。そこにはワノ国の鎖国と光月家の歴史も関わってきます。次回、世界の夜明けに必要な要素を考察します。

世界の夜明けによって訪れる新しい世界とは、天竜人による支配が終わり、地形や種族間の差別に阻まれることなく、世界中の人々が自由生きる世界である。
この考察を支持しますか?
  • - (0)
  • + (5)

メールアドレスが公開されることはありません。