ワノ国に古代兵器ウラヌス登場?ゴムゴムの実の覚醒者ジョイボーイが古代兵器ウラヌスか?これまでの古代兵器ウラヌス考察をまとめ、新たにワノ国編で判明した「太陽の神ニカ」の情報との関係から考察します。ワンピース1046話 雷を掴むルフィ追記

ワンピース1046話「雷」を掴むルフィと古代兵器ウラヌス

ついに、「ゴムゴムの実」を覚醒させ「ニカ」となったルフィ。最新ワンピース1046話ラストでは、ルフィが雷を掴む姿が描かれました。

もともと「雷」が効かないルフィは、自然系悪魔の実「ゴロゴロの実」の能力者エネルにも攻撃することが可能でした。物理的攻撃が効かないはずの自然系能力者エネルに攻撃できた理由は以下のように説明されています。

ナミ「完全に…”雷”の力が無効化してる…!!! “雷”が効かない人間が この世に存在するなんて きっとエネルでも予想もしなかった出来事 もしかしてルフィはエネルにとって世界で1人の”天敵”」

引用:ワンピース30巻279話

ゴムの体を持つルフィは「雷」の力を無効化できるため、武装色の覇気や海楼石を使用せずにエネルに攻撃することが可能でした。

さらに、ニカ覚醒後のルフィからは「バリバリ」という効果音と共に黒い稲妻が描かれています。

ルフィの「炎」の技は「太陽の神」の能力と考えることができますが、「雷」をも自在に操れるとすれば、まさに「天空神」…ルフィがまた1歩「天候を操る兵器」古代兵器ウラヌスに近づいたと言えるかもしれません。

古代兵器ウラヌスの正体がルフィであるという伏線については以下に詳しく考察しています。

前回考察:古代兵器ウラヌスのキーワード

古代兵器ウラヌスの名前の由来

最初に、前回までの古代兵器ウラヌス考察の要点をまとめます。

まず、古代兵器ポセイドンの力が「海王類を従える力」であったことから、古代兵器の名前の由来である神話の神と古代兵器の能力は以下のように関係するとしました。

古代兵器と神話の神

古代兵器 対応する神 領域 兵器が操るもの
ポセイドン 海神ポセイドン 海王類
プルトン 冥府神プルートー 冥界 悪魔
ウラヌス 天空神ウーラノス 天空 天候

よって、古代兵器ウラヌスは「天」に関係する力であると考えられます。

古代兵器編と扉絵の伏線

さらに、古代兵器プルトンの名が明かされた話の周辺に「古代兵器ポセイドン」のヒントが描かれていたことから、古代兵器ウラヌスの正体も描かれている可能性があるとしました。

まず、古代兵器プルトンの名前が登場したのは21巻192話ですが、直前191話のタイトルは「天候を操る女」であり、ナミが新兵器「天候棒(クリマタクト)」を駆使して戦うストーリーが描かれました。

よって、古代兵器ウラヌスの正体は「天候を操る兵器」であると考えられます。

そして、古代兵器プルトンをめぐる「アラバスタ編」に描かれた2つの扉絵に「海」と「天」が含まれることから、2つの扉絵シリーズは「ポセイドン」と「ウラヌス」を暗示するものであると考えました。

アラバスタ編の扉絵シリーズ

  1. 「ジャンゴのダンス天国」:ウラヌス
  2. 「はっちゃんの海底散歩」:ポセイドン

「ジャンゴのダンス天国」はダンスコンテストに出場したジャンゴがダンスで観客を魅了するストーリーです。

尾田栄一郎「ONE PIECE」16巻145話/集英社

同じように、古代兵器ポセイドンの名が登場した空島編で描かれた扉絵シリーズ「ワポルの雑食バンザイ」では「バクバクの実」の能力で作ったおもちゃが人気となり、ワポルが国王に返り咲く物語でした。

これら2つの扉絵シリーズのヒントである「人気」と「王」というキーワードから、古代兵器ウラヌスの正体は「ルフィの覇王色の覇気」に関係する力であるとしました。

古代兵器ウラヌスのキーワード

  • 天、天候を操る
  • 救世主、天の使い、天に生かされる
  • 覇王色の覇気、人気、王
  • 人々を導く

古代兵器ウラヌスの正体はルフィの「民衆を導く力」である

古代兵器ウラヌスと覇王色の覇気

「古代兵器ポセイドン」の正体であるしらほしの能力は、見聞色の覇気「聞く力」を裏返した「話す力」でした。

同じようにルフィの持つ「覇王色の覇気」の裏返しの能力は「人を引きつける力」です。

しらほし見聞色「聞く力」「話す力」
ルフィ覇王色「威圧する力」「引きつける力」

ルフィの覇王色の覇気はしらほしの力と明らかに重ねて描かれていることから、ルフィの「人を引きつける力」こそが古代兵器ウラヌスの正体であるとしました。

ルフィの覇王色の覇気

  • 今はまだ眠れる力
  • 数百万人に一人
  • 制御できない
  • 王の資質
  • 最も恐るべき力
– 共通 –

しらほしのポセイドンの能力

  • 魚人島編で目醒めた
  • 数百年に一人
  • コントロールできない
  • 海王類の王
  • この世で指折りの強い力

さらに、ワンピース本編に描かれた「人を引き付ける力」を持つ2人の人物が古代兵器ウラヌスを暗示していると考察しました。

2人の「救世主」とウラヌスの力

「人を引きつける力」をもった2人の人物「バギー」と「ウソップ」はともに「天の使い」「救世主」と呼ばれた人物です。

尾田栄一郎「ONE PIECE」56巻551話/集英社

バギーとウソップは個人の力は非力ですが、周囲を味方につけて大きな力を得ることで活躍しています。この力とはルフィがいずれ覚醒させる力を暗示するものであり、しらほしの能力ともリンクしています。

古代兵器ポセイドン:しらほしが操る海王類の力
古代兵器ウラヌス:ルフィが導く民衆の力

さらに、ルフィとしらほしは「空白の100年」における以下の関係と同じであり、海王類が待つ「2人の王」の正体でもあると考察しています。

古代兵器と2人の王

古代兵器 空白の100年 現在
ポセイドン=海王類の王 かつての人魚姫 しらほし
ウラヌス=世界の王 ジョイボーイ ルフィ

そして、民衆を導くルフィはいずれ、世界中を巻き込む「巨大な戦い」を引き起こし、人々の自由を勝ち取ると考えられます。

その過程でこれまで世界政府の支配下にあった全種族と共闘し、戦いの後にあらゆる人々を巻き込んだ「巨大な宴」を開くことで「支配と差別のない自由な世界」を創ると考察しています。

ジョイボーイとひとつなぎの大秘宝考察

よって、ルフィの覇王色の覇気に起因する「民衆を導く力」こそが古代兵器ウラヌスの力であると考察しました。

前回までの古代兵器ウラヌス考察
  1. 古代兵器ウラヌスの正体とはルフィの「覇王色の覇気」に関係する「人を引きつける」能力である。
  2. 古代兵器ウラヌスの用途とは「支配と差別のない自由な世界」へ民衆を導く力である。
  3. 空白の100年における古代兵器ウラヌスは「ジョイボーイ」であった。
  4. 古代兵器ウラヌスの能力を持つ者は、天をも味方につけ天候を操ることができる。

ここまでのウラヌス考察はドレスローザ編までに描かれた伏線から考察していますが、詳細な根拠は以下の記事に詳しく書いています。

古代兵器ウラヌス 正体はナミじゃない覇王色を持つあの人物!! 2人の王ルフィ&しらほし

ここからは、ドレスローザ編以降の情報を追加して、さらに古代兵器ウラヌスの正体を考察していきます。

ワノ国で古代兵器ウラヌスが登場?太陽の神ニカとウラヌスの関係

古代兵器考察では「龍の像」が描かれる場所は古代兵器の在り処であると考察しました。

古代兵器と龍の像の在り処

  1. アラバスタの大浴場
  2. 魚人島の竜宮城

そして、ワノ国編鬼ヶ島にてエースによって破壊された「龍の像」が描かれました。このことから、3つ目の古代兵器ウラヌスはワノ国で登場する可能性があると考察しています。

【考察】ワノ国で古代兵器が登場する!?古代兵器ウラヌスの在り処

ワノ国編では古代兵器ウラヌスと関係すると考えられる「太陽の神ニカ」という重要ワードが登場しました。この「太陽の神ニカ」の要素を加えることでさらに古代兵器ウラヌスの正体を考察していきます。

太陽の神ニカとルフィ

古代兵器ウラヌスの力が「ルフィの覇王色」「解放」「ジョイボーイ」「天」に関係する力であるとすると、ワノ国編で判明した「太陽の神ニカ」と関係がありそうです。

「太陽の神ニカ」とは奴隷達を「苦悩から解放する戦士」です。

ワンピース太陽の神ニカ

フーズ・フー「太古の昔に…奴隷達が いつか自分達を救ってくれると信じた伝説の戦士だそうだ!! 太陽の神『ニカ』!!! 実在したのか妄想か…人を笑わせ 苦悩から解放してくれる戦士

引用:ワンピース101巻1018話

古代兵器ウラヌスとは「支配からの解放」を意味するとしたので、太陽の神ニカと繋がります。

また、ウラヌスの力は「天」に関係するとしましたが、ニカは「太陽の神」であり、ワンピース世界の真の創造主であるとも考察しているので、「天空神ウーラノス」にあたる存在と言えます。

さらに、古代兵器ウラヌスの正体は「救世主ジョイボーイ」としたことから、太陽の神ニカの化身として現れた存在が「ジョイボーイ」であると考えられます。

キリスト教創造主→ 化身 →救世主イエス
ワンピース創造主ニカ→ 化身 →救世主ジョイボーイ

ゴムゴムの実と古代兵器ウラヌスの関係

ゴムゴムの実は「太陽の神ニカ」が宿る実であると考察しました。

よって、「ゴムゴムの実」を食べたルフィこそが太陽の神ニカの化身であり、「救世主ジョイボーイ」となる人物であると考えられます。

さらに、五老星が「ゴムゴムの実」の覚醒を恐れていることから、「ゴムゴムの実」を覚醒させた者こそが古代兵器ウラヌスとなると考えられます。

古代兵器ウラヌス「太陽の神ニカ」の宿る実の覚醒者
この章の考察ポイント
  1. 太陽の神ニカが古代兵器ウラヌスの正体である。
  2. 「ゴムゴムの実」の覚醒者が古代兵器ウラヌスとなる。

「太陽の神ニカ」の名はワノ国で登場しましたが、「太陽の神」への信仰は「古代都市シャンドラ」と「エルバフ」に描かれていました。この2つのエピソードに古代兵器ウラヌスの伏線が描かれているとすれば、「古代兵器ウラヌス=太陽の神ニカ」であると確定できるのではないでしょうか。

古代兵器ウラヌスとマザー・カルメルの語る太陽の神信仰

エルバフの太陽神とウラヌス

エルバフの回想編で登場したマザー・カルメルと古代兵器ウラヌスの関係については、以下のシーンに古代兵器ウラヌスのキーワードが含まれています。

カルメル「が和解を求めています!!!」

海軍「天が!? 何を言っている こいつらが今まで世界に与えてきた恐怖は…!!!」

カルメル「ならばこそよ なぜわからないの!!?」その時 暗雲が空を覆った(中略)

カルメル「罪を許しなさい!! 私が導きます!! この世のあらゆる種族が手を取り 笑いあえる世界へ!!

引用:ワンピース86巻866話

古代兵器ウラヌスとは「支配と差別のない自由な世界へと人々を導く力」であると考察してきましたが、カルメルの言葉はまさにこのことを表しています。

エルバフは「太陽の神」を信仰しており、マザー・カルメルはエルバフの修道女であったので、カルメルの言葉は「太陽の神信仰」に関係していると考えられます。「笑いあえる世界」というセリフは「笑う戦士」ニカとも繋がります。

このカルメルのセリフと共に描かれた「落雷」も「天候を操る兵器ウラヌス」を暗示しており、やはり、「太陽の神ニカ」と「古代兵器ウラヌス」が関係する可能性が高いと言えます。

前回考察では、ドレスローザでの「ゴッド・ウソップ」が太陽の神ニカを暗示していたと考察しました。この時ウソップを真っ先に担ぎ上げたのもエルバフ出身のハイルディンです。

尾田栄一郎「ONE PIECE」75巻774話/集英社

エルバフ回想とルフィの覇王色の伏線

ちなみに、この866話のタイトルは「NATURAL BORN DESTROYER」であり、ルフィの覇王色の覇気が初めて描かれた53巻519話「NATURAL BORN KING」と繋がります(日本では『王の資質』)。

また、866話の「キャベンディッシュの人気がありすぎて…」という扉絵では、ウラヌスのキーワード「人気」と「覇王色の覇気」を思わせる「口から泡を吹いて倒れる女性」が描かれています。

よって、「太陽の神」という言葉が登場した866話にウラヌスのキーワード「天」「天からの光」「天候を操る」「導く」「人気」「覇王色の覇気」の6つが含まれていたことから、「太陽の神ニカ」と古代兵器ウラヌスには密接な関係があると考えられます。

この章の考察ポイント
太陽の神信仰のあったエルバフの回想には古代兵器ウラヌスのヒントが描かれている。

古代兵器ウラヌスと「太陽の神ニカ」を繋ぐ伏線は空島編に描かれていた

2人の天空神とウラヌス

空島編で登場した「古代都市シャンドラ」では「太陽の神」が信仰されていたことから、空島編には「太陽の神ニカ」に関するヒントが描かれており、さらに、古代兵器ウラヌスの伏線が張られていたと考えます。

空島における「天空神」といえばゴッド・エネルです。

神・エネル

エネルとルフィは正反対の存在として描かれながら、リンクする人物でもあります。

神・エネルとルフィ

  • 「支配」と「自由」
  • 「雷」と「ゴム」
  • 「ゴロゴロ(5656)の実」と「ゴムゴム(5656)の実」

そして、この関係は「天竜人」とその天敵「ルフィ」の関係を表していたと考察しています。

さらに「太陽の神ニカ」考察では、ニカと天竜人の関係を「偽の創造主」と「真の創造主」であるとしたので、両者の関係は以下のように表せます。

エネル天敵ルフィ
偽の創造主VS真の創造主

ルフィと太陽の神

空島編ラストでは、エネルの作り出した「雷雲」によって消滅させられかけたスカイピアの人々が神に助けを求めて祈りました。その「雷雲」を消しさり、空島に再び太陽をもたらしたのがルフィです。

コニス「あの人達を守って!!! 神様ァ!!! この国を守って神様−」
ルフィ「晴れろ〜!!!!

引用:ワンピース32巻297話

このシーンこそがまさに、ルフィが「太陽の神」となり、「真の神」が「偽の神」を打ち破ったシーンであると言えます。

前回考察では、古代兵器ウラヌスの力で天候を操ることが可能であると考察していますが、「太陽の神」の要素によって、ルフィと「天候を操る」能力が明確に繋がります。

ウラヌス=ルフィが天候を操る方法

これまでの考察では、ルフィの覇王色が「天」をも味方につけることによって「天候を操る」と考察しており、ルフィと「天空神」「天候を操る」という部分の繋がりが曖昧でした。

しかし、これまでにもルフィと「天候」に関するシーンは描かれています。さらに、覇王色の覇気で天に影響を与えられることが分かっています。

ルフィと天候に関する伏線

  1. 嵐:アラバスタ
  2. 雷:ローグタウン
  3. 太陽:空島

Dの一族は「嵐を呼ぶ」とされています。そして、古代兵器プルトンが話題となったアラバスタでルフィがクロコダイルを倒した技は「ゴムゴムの暴風雨」です。その直後にアラバスタに戦いを終わらせる雨が降りました。

さらに、ローグタウンでルフィを救った「雷」はルフィの「古代兵器ウラヌスの力」であると考察しています。

そして、先ほど見たようにルフィは空島に「太陽」をもたらしています。また、ワノ国では覇王色の衝突で天を割ることにより満月が現れました。

今後、ルフィが「太陽の神ニカ」となったならば、「天候を操る」能力をさらにレベルアップさせることが可能であると考えられます。

この章の考察ポイント
古代兵器ウラヌスとなったルフィは「太陽の神ニカ」の能力により天候を操る。

まとめ:古代兵器ウラヌスと太陽の神ニカ

前回、古代兵器ウラヌスの正体とは、ルフィの「覇王色の覇気」に起因する「人を引きつける」能力であり、「天候を操る」能力であると考察しました。

今回は、「太陽の神ニカ」の情報を追加し、天候を操る能力に関して考察しました。

古代兵器ウラヌス考察まとめ
  1. 古代兵器ウラヌスの正体とはルフィの「覇王色の覇気」に関係する「人を引きつける」能力である。
  2. 古代兵器ウラヌスの用途とは「支配と差別のない自由な世界」へ民衆を導く力である。
  3. 空白の100年における古代兵器ウラヌスは「ジョイボーイ」であった。
  4. ゴムゴムの実の覚醒者「太陽の神ニカ」が古代兵器ウラヌスとなる。
  5. 古代兵器ウラヌスとなったルフィは「太陽の神ニカ」の能力により天候を操る。

ドレスローザまでの伏線から考えた古代兵器ウラヌス考察は以下に詳しく書いています。

古代兵器ウラヌス 正体はナミじゃない覇王色を持つあの人物!! 2人の王ルフィ&しらほし

この考察に共感したら
いいね!&フォローお願いします!

この考察にコメントする

1件のコメント

  1. 匿名

    ウラヌスもニカもほとんど情報出てないからな

1コメント

コメントをどうぞ