「ジョイボーイの約束」の答えは既に描かれている?魚人島編までの伏線から「空白の100年」に実在したジョイボーイについて、「ジョイボーイの約束」と「謝罪文」の内容を詳しく考察します。巨船ノアの使命と古代兵器ポセイドンが重要な鍵を握ります。

800年前に実在した「ジョイボーイ」の正体

800年前に実在した「ジョイボーイ」の正体

  1. ジョイボーイとは何者か
  2. ジョイボーイの残した「謝罪文」とは

ジョイボーイと古代兵器ポセイドン

ワンピースの物語において重要な意味を持つと考えられる謎の人物「ジョイボーイ」。しかし、ワンピース本編で「ジョイボーイ」について明確に描かれている確定情報は実はあまり多くはありません。

「ジョイボーイ」の名がワンピース本編に最初に登場したのは、魚人島「海の森」にあったポーネグリフを読んだロビンのセリフです。

ロビン「ーまるで手紙…それも謝罪文……一体…誰に誤ってるの? あなたは何者なの? “ジョイボーイ”……」

引用:ワンピース64巻628話

海の森のポーネグリフの内容はジョイボーイが残した「謝罪文」でした。

そして、この「謝罪文」の内容とジョイボーイの正体について、リュウグウ王国国王ネプチューンが次のように説明しています。

ネプチューン「ジョイボーイというのは”空白の100年”に実在した地上の人物なのじゃもん(中略)あの文章は当時この島におった”人魚姫”に宛てられたものじゃもん 魚人島との約束を破った事への謝罪文だという…」

ロビン「約束?」

ネプチューン「内容は詳しく伝わっておらんが いずれ必ずジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者が現れる それが わしら王族に伝わる伝説」

引用:ワンピース66巻649話

このワンピース66巻649話では、ジョイボーイと同じ時代に生きていた人魚姫が古代兵器ポセイドンの能力を持っていたことが明かされ、その名を受け継ぐのが「海王類を従える能力」を持つ現在の人魚姫しらほしであることも判明しました。

古代兵器ポセイドンとは

海王類と話せる人魚であり、海王類を動かして世界を海に沈める程の威力を持つ。リュウグウ王国の王家に数百年に一度生まれるとされ、現在、人魚姫しらほしがその能力を持っている。

これらの内容から、「ジョイボーイ」とは空白の100年に存在した人物であり、古代兵器ポセイドンの能力を持つ人魚姫と「何らかの約束」を交わすも、その約束を果たせなかった過去を持つ人物であるということが分かります。

空白の100年

ジョイボーイ→ 約束 →人魚姫

それでは、空白の100年にジョイボーイが人魚姫と交わした「約束」の内容とは何なのでしょうか。実はジョイボーイの約束については、ワンピース本編にその内容が明確に描かれています。

この章の考察ポイント
  1. ジョイボーイは「空白の100年」に実在した地上の人物
  2. 800年前に人魚姫との約束を果たせず謝罪文を残した

「ジョイボーイの約束」とは

  1. ジョイボーイの約束の内容とは

ジョイボーイの約束とオトヒメの夢

先ほど引用したネプチューンのセリフによると「ジョイボーイの約束」には2つの側面があることが分かります。

果たされなかった過去海の森のポーネグリフ
いつか果たされる未来王族に伝わる伝説

このように、ポーネグリフには「果たされなかった過去の約束」が書かれ、王族に伝わる伝説には「いつか果たされる未来の約束」が伝えられており、2つの約束は当然同じ内容となります。

そのうち、「いつか果たされる未来の約束」の内容については描かれていませんが、「果たされなかった過去の約束」については答えが出ています。

ネプチューン「オトヒメの夢見る世界はな…左大臣…遥か数百年の昔の話…我々の遠い先祖達が試みて…!! 無念のまま潰えた夢そのものなのじゃもん」

引用:ワンピース63巻621話

ネプチューンのセリフから、「果たされなかった過去の約束」とは「オトヒメの夢見る世界」と同じであると言いいます。

ジョイボーイの約束オトヒメの夢見る世界の実現

オトヒメの夢とは「リュウグウ王国の地上への移住」と「魚人・人魚族が人間と共存すること」でした。

よって、オトヒメの夢と共通する「ジョイボーイの約束」も同じく、「魚人・人魚族が人間と共存する世界を作ること」という内容であることが導き出せます。

この章の考察ポイント
ジョイボーイの約束とは
「魚人・人魚族が人間と共存する世界」を作り、リュウグウ王国を地上へ移すことである。

それでは、この約束をジョイボーイに代わって果たしに来る者とは何者なのでしょうか。この人物に関しても魚人島編にしっかりと伏線が描かれています。

ジョイボーイの約束を果たす者はルフィであるか

  1. ジョイボーイの約束を果たしに来る者とは何者か
  2. ジョイボーイの約束とマダム・シャーリーの予言の関係は?

ジョイボーイの約束と「正しく導く者」

王家に伝わる伝説では「ジョイボーイの約束」を果たしに来る者がいるとされています。その人物については、オトヒメが娘しらほしの持つ古代兵器ポセイドンの能力について語ったセリフにも登場します。

尾田 栄一郎「ONE PIECE」63巻626話/集英社

オトヒメ「海王類と話せる人魚…つまり しらほしの元には いつか その力を正しく導く者が現れ…そしてその時世界には大きな変化が訪れる…!! という言い伝え」

マンボシ「せかい〜!?」

オトヒメ「その話が本当ならきっとこの島にも大きな変化が訪れる…」

引用:ワンピース63巻626話

オトヒメの語った「言い伝え」とネプチューンが語った「王族に伝わる伝説」はその内容から同じものであると考えられるので、「ジョイボーイに代わって約束を果たしに来る者」と「古代兵器ポセイドンの能力を正しく導く者」とは同じ人物であることが分かります。

約束を果たしに来る者ポセイドンの力を正しく導く者

そして、「正しく導く者」は「世界に大きな変化」を起こし、その結果、魚人島にも変化が訪れるといいます。その変化とはもちろん、先ほど考察した「リュウグウ王国の地上への移住」です。

世界の大きな変化リュウグウ王国が地上へ

ルフィに関する予言と魚人島の破壊

「王族に伝わる伝説」では「未来にジョイボーイの約束を果たす者が現れる」と伝えられていますが、魚人島編ではもう1つ未来に関する重要な伏線が描かれていました。

マダム・シャーリー「麦わら帽子を被った人間…!! “麦わらのルフィ”によって………彼の手によって…!!! “魚人島”は滅ぼされる!!!

引用:ワンピース62巻610話

マダム・シャーリーといえば、「予知能力の的中率が王族にまで届くほど」とされた占い師です。そのマダム・シャーリーが「ルフィによって魚人島が滅ぼされる」と予言しました。

この予言が的中し、ルフィが未来に魚人島を破壊するとすれば、それは「魚人島にとっての大きな変化」と言え、さらに、それに伴ってリュウグウ王国は地上へ移住せざるを得ず、結果的に「ジョイボーイの約束」を果たすことになります。

よって、麦わらのルフィこそが「ジョイボーイの約束を果たす者」であると考えられます。

麦わらのルフィジョイボーイの約束を果たす者

魚人島編でのルフィの行動を考えても、しらほしのポセイドンの能力を導き、別れ際にしらほしと約束を交わすなど、ジョイボーイに繋がる伏線が多数描かれています。

この章の考察ポイント
「ジョイボーイの約束を果たしに来る者」とは麦わらのルフィである。

「ジョイボーイの約束を果たしに来る者」がルフィであり、いずれ魚人島を破壊するとすればその理由とは一体何なのでしょうか。ここからはジョイボーイの真の目的について考察します。

ジョイボーイの目的と「世界をひっくり返す」の意味

  1. 「世界に訪れる大きな変化」とは
  2. 約束の船「ノア」の使命とは何か

「世界に訪れる大きな変化」とDの意志

ルフィが魚人島を滅ぼす理由として考えられるのは、このサイトで何度も取り上げてきた「世界の破壊」です。

【Dの意志】受け継ぐ3つの思想!?神の天敵Dの一族の正体と世界の破壊の目的を考察

詳しくは「Dの意志考察シリーズ」に書いていますが、ルフィはいずれ「真に自由な世界」を実現するために「3つの意味」で世界をひっくり返すと考えられます。

Dの意志とひとつなぎの大秘宝

「世界をひっくり返す」の3つ意味

  1. 分断された世界の地形の「破壊」
  2. 天竜人による「支配」を終わらせて「自由な世界」を実現する
  3. 差別をなくして「他種族との共生」へ導く

Dの意志を継ぐルフィは分断された4つの海を繋ぐため、レッドラインを破壊すると考察していますが、レッドラインの上にある天竜人の住む「聖地マリージョア」は現在の世界の支配の象徴として破壊されると考えられます。

そうなれば、マリージョア直下に位置する魚人島を破壊することにも繋がるため、オトヒメの言う「世界の大きな変化」に伴って「魚人島にも大きな変化が訪れる」という表現にもぴったり当てはまります。

世界の大きな変化魚人島にも変化
レッドラインの破壊魚人島の破壊

したがって、ジョイボーイが起こそうとした「世界の大きな変化」とは、Dの意志の思想の1つ、レッドラインの破壊による「世界の地形の変化」ということになります。

しかし、世界を一周する大陸であるレッドラインを破壊すれば、世界中を巻き込む災害が発生すると考えられます。その際に必要となるのが古代兵器ポセイドンと「巨船ノア」です。

ジョイボーイと約束の船「ノア」の使命

先ほど、ルフィがレッドラインを破壊することでリュウグウ王国が地上へ移されると考察しましたが、ルフィがただ魚人島を破壊しただけでは「リュウグウ王国の地上への移住」は達成されません。地上にはシャボンディ諸島で描かれたように魚人や人魚への差別が存在するからです。

オトヒメ王妃が「人間との共生」を仕切りに訴えていた理由もそこにあります。

リュウグウ王国が地上へ移住するためには、「ジョイボーイの約束」である「魚人・人魚族が人間と共存する世界」を作る必要があります。

その世界をどのように作るのか。ここで、古代兵器ポセイドンの能力と「巨船ノア」が重要な役割を持ちます。

しらほしの持つ古代兵器ポセイドンの能力に気づいたオトヒメ王妃は以下のように発言しています。

尾田 栄一郎「ONE PIECE」63巻626話/集英社

オトヒメ「その話(王家の言い伝え)が本当ならきっとこの島にも大きな変化が訪れる…」

リュウボシ「じゃあ母上様の助けにもなるかなあ」

オトヒメ「ええ きっと…… 人を救おうとすれば 幾千もの命を救える愛の力…!! 悪意を持てば『世界』を海に沈めてしまえる程の この世で指折りの恐い力…!!」

引用:ワンピース63巻626話

このセリフから、古代兵器ポセイドンの能力はオトヒメの夢である「リュウグウ王国の移住と人間との共存」の助けになるということが分かります。

そして、古代兵器ポセイドンの力とは「幾千もの命を救える力」であるので、以下の構図となります。

ポセイドンの力が多くの命を救う差別や偏見がなくなる

つまり、しらほしが古代兵器ポセイドンの力で巨船ノアを動かし、地上に住む多くの人々の命を救うことで、魚人・人魚族への差別感情がなくなると考えられます。

実際にオトヒメ王妃も地上への移住のための活動として、「署名活動」「街頭演説」「地上講習」と共に「難破船の人命救助」に力を入れるシーンが描かれています(63巻624話)。

そして、天竜人ミョスガルド聖の船が難破した際も、オトヒメ王妃が魚人達の攻撃から彼を救ったことで、種族意識の強い天竜人の意識まで覆しました。

ノアの使命とは「リュウグウ王国」を地上へ移す際に魚人や人魚が乗る船であるという意見もありますが、魚人ハチが魚人島への行き方について「魚人や人魚なら潜ってすぐに行ける」と発言していることから(51巻496話)、「巨船ノア」は魚人・人魚族には必要のない船です。

また、魚人・人魚族のための船であるならば、「古代兵器ポセイドンの力がオトヒメの助けになる」という部分の説明がつかないのです。

この章の考察ポイント
  1. ジョイボーイが起こそうとした「世界の大きな変化」とは、世界の破壊である。
  2. 巨船ノアの使命とは地上の人々の命を救うことである。
  3. いずれルフィが「真に自由な世界」を実現するためレッドラインごと魚人島を破壊し、世界的な災害が起こる。
  4. 古代兵器ポセイドンの能力によって魚人・人魚族への差別が払拭される。

追記:巨船ノアの使命と古代兵器ポセイドンの用途に関して、ドレスローザ編で描かれた扉絵シリーズにここでの考察を裏付けるストーリーが描かれています。

【扉絵考察】古代兵器ポセイドンの真実!!!「ジンベエの海峡一人旅」に巨船ノアとリュウグウ王国移住の伏線が描かれていた

まとめ:ジョイボーイの約束と謝罪文

ここまで、「空白の100年」に実在したジョイボーイについて、魚人島に描かれた伏線を元に「ジョイボーイの約束」の意味と「謝罪文」の内容について考察しました。

ここまでの考察のポイント
  1. ジョイボーイの約束とは、「魚人・人魚族が人間と共存する世界」を作ることである。
  2. ジョイボーイに代わって「約束を果たしに来る者」とはルフィである。
  3. いずれルフィが「真に自由な世界」を実現するためレッドラインごと魚人島を破壊し、世界的な災害が起こる。
  4. 古代兵器ポセイドンが世界中の人々を救済することで、魚人・人魚族への差別感情を払拭し、人間との共生が実現する。

この考察は魚人島編までの「ジョイボーイの約束」に関する考察を編集しなおしたものです。最新のジョイボーイに関する考察は以下をご覧ください。

【最重要考察】ジョイボーイは巨大な王国最後の王!ルフィの麦わら帽子とマリージョアの国宝

この考察にコメントする

1件のコメント

  1. 匿名

    巨船ノアはなんだかんだ魚人島上にいる天竜人を助けちゃう為にあるんだろうなー

1コメント

コメントをどうぞ