考古学から考察ワンピース

【ワンピース957話】新たなD登場!!! ロックス海賊団とゴッドバレー事件の謎

考察ワード:

ワンピース957話「ロックス・D・ジーベック」率いるロックス海賊団

ワンピース最新話957話において、「ロックス」の詳細情報が判明しました。

  • 儲け話の為に「海賊島ハチノス」に集められた個性の集団
  • 仲間殺しの絶えない凶暴な一味
  • 船長ロックスは「世界の王」となる野望を持っていた
  • ロックスによる事件の多くは政府に揉み消された
  • 38年前ゴッドバレーでガープ&ロジャーにより壊滅

さらに、最新話957話ではロックス海賊団の主要メンバーも明らかになりました。

ロックス海賊団メンバー

  • 船長:ロックス・D・ジーベック
  • 白ひげエドワード・ニューゲート
  • ビッグ・マム
  • 百獣のカイドウ
  • 金獅子のシキ
  • 銀斧(ぎんぷ)
  • キャプテン・ジョン
  • 王直(おうちょく)

「ロックス」が強大な力を持った海賊団であることは前回考察しましたが、船長はなんとDの一族「ロックス・D・ジーベック」でした。

ロックスは「世界の王」を目指してテロ組織のように世界政府に挑み、世界のタブーに触れる事件を多く引き起こしましたが、事件の多くは世界政府によってもみ消されています。

当時、世界最強と呼ばれたロックス海賊団ですが、38年前に「ゴッドバレー」という島で壊滅しました。

ロックス海賊団が壊滅した「ゴッドバレー事件」とは

「ゴッドバレー事件」の構図は以下です。

ロックス海賊団 VS ガープ & ロジャー

天竜人とその奴隷達を守るため、偶然ゴッドバレーに居合わせた海軍中将ガープと海賊ロジャーが手を組んでロックス海賊団を壊滅させました。

「ゴッドバレー」とはどのような島だったのでしょうか。

世界政府は「ゴッドバレー」を世間から隠したがっていたようです。実際に現在「ゴッドバレー」は跡形もなく消え、現在地図にも記されていないといいます。

Dの一族「ロックス・D・ジーベック」と「Dの意志」

ロックス海賊団の船長ロックスが「Dの一族」であったことはとても重要な意味を持つと考えられます。

「Dの一族」「ジーベック」といえば、Dの意志を継ぐ黒ひげマーシャル・D・ティーチの船「サーベルオブジーベック号」と何か関係があるのでしょうか。

実は黒ひげ「マーシャル・D・ティーチ」には「ロックス・D・ジーベック」と多くの共通点があります。

  • 黒ひげの船「サーベルオブジーベック」
  • Dの一族
  • ロックスの死亡する2年前に誕生
  • 野心家
  • 海賊島ハチノスに関係

これら黒ひげとロックス・D・ジーベックの共通点は何を意味するのでしょうか。

この「ロックス・D・ジーベック」と黒ひげ「マーシャル・D・ティーチ」の関係についてはさらに詳しく考察する予定です。

現在更新中

この考察を支持しますか?
  • - (1)
  • + (18)
  • 匿名

    黒ひげがゴッドバレー事件より前に生まれてるのは
    ジーベックの息子だっていう伏線

    chara2
    2+
  • もりもり

    息子だったらロックス・D・ティーチになるし
    ルフィとロジャーの関係と同じになるんじゃないですか
    血縁じゃないみたいな

    chara3
    2+

メールアドレスが公開されることはありません。