黒ひげと悪魔の実

【検証】黒ひげが悪魔の実を複数手にした本当の理由!マーシャル・D・ティーチの謎

黒ひげが「ヤミヤミの実」の能力と白ひげから奪った「グラグラの実」の能力の2つを手に入れることができたのはなぜだろうか。黒ひげの正体とは何者なのか。

悪魔の実を2つ食べた黒ひげマーシャル・D・ティーチの正体

黒ひげと悪魔の実

尾田 栄一郎「ONE PIECE」59巻577話/集英社

40巻385話でCP9のブルーノは以下のように語っている。

ブルーノ「実を二つ口にしたモノの事例だ 体が跡形もなく飛び散って死ぬというな」
ワンピース40巻385話

これが真実であるとすれば、黒ひげが「ヤミヤミの実」の能力に加え、白ひげから奪った「グラグラの実」の能力の2つを手に入れることができたのはなぜだろうか。黒ひげマーシャル・D・ティーチの最大の謎である。

黒ひげマーシャル・D・ティーチの謎・伏線一覧

他にも黒ひげマーシャル・D・ティーチには以下のような謎が存在する。

黒ひげティーチに関する謎

  • 黒ひげ海賊団の海賊旗の3つのドクロマークは何を意味するか
  • シャンクスの右目に3本の傷をどのようにつけたのか
  • コマにより歯の抜けた位置、利き手が違う
  • エースのセリフ「人の倍の人生」の意味とは
  • マルコのセリフ「体の構造が”異形”」とはどういうことか
  • どのようにグラグラの実の能力を奪ったか

以下では、これら黒ひげマーシャル・D・ティーチの謎について「2つの悪魔の実の能力を手に入れることができた理由」を中心に黒ひげの謎を解明していく。

黒ひげティーチの海賊旗からの考察

まず最初に、黒ひげティーチの謎の1つ目である「海賊旗」に注目したい。

ワンピースの世界において海賊旗はその海賊団の船長の外見的な特徴を示す場合が多い。麦わらの一味であればルフィの麦わら帽子、赤髪海賊団であればシャンクスの右目の3本の傷、バギーの海賊旗には大きな鼻、白ひげ、ロジャーは共に特徴的な髭を海賊旗のデザインとしている。このことから、黒ひげティーチの海賊旗も船長ティーチの外見的な特徴を表していると考えられる。

黒ひげの海賊旗「3つのドクロ」が、頭が3つある状態を表しているとすれば、「ケルベロス」が思い浮かぶだろう。ケルベロスとはギリシア神話に登場する地獄の番犬である。黒ひげティーチが「ケルベロス」の能力を持つならば、黒ひげティーチの「黒」や「闇」というイメージともぴったりである。

また、黒ひげティーチの謎2つ目「シャンクスの右目の傷」も動物の爪によるものと考えられるため、やはり黒ひげティーチはケルベロスの実を食べているとして辻褄が合うのである。

*(2014.10.14)黒ひげティーチ「ケルベロス説」の根拠を以下に追加しました。

黒ひげは「ケルベロス」の能力者である

以下、黒ひげは「ケルベロス」の能力を持つと仮定して検証を進める。

ギリシア神話におけるケルベロスと黒ひげの謎

ここで、ギリシア神話におけるケルベロスについて見てみよう。

ギリシャ神話における「ケルベロス」

  • 冥府の神ハーデスの忠犬であり3つの頭を持つ
  • 冥界から逃げ出そうとする死者の魂を食べることから地獄の番犬と呼ばれている
  • ケルベロスの唾液から猛毒植物トリカブトが生まれた
  • 3つの頭が交代で眠るが音楽を聴くと全ての頭が眠ってしまう
  • 甘い物が好物である
  • 太陽の光を嫌う

以上がギリシア神話におけるケルベロスの特徴である。ワンピース作中における黒ひげティーチといくつかの共通点があることに気づくだろうか。

黒ひげティーチと「ケルベロス」の関係

まず、ケルベロスが甘い物が好物であること。黒ひげの好物がチェリーパイであることは、初登場シーンに描かれている。

さらに、音楽を聴くと全ての頭が眠ってしまうというケルベロスの特徴から、黒ひげティーチも同じく音楽が弱点である可能性がある。ルフィは物語の初めから「音楽家」を仲間にすると公言し、実際にスリラーバーク編にてブルックを仲間としている。黒ひげティーチの弱点が音楽であるとすればブルックが対黒ひげ戦にて重要な役割を持つであろう。ブルックには「眠り歌・フラン」という技もある。

ケルベロスを軸に考えるならば、トリカブトとの関係から黒ひげが毒を用いる可能性もある。また、白ひげから「グラグラの実」の能力を奪う際にかけた黒い布はケルベロスが太陽を嫌うため、光を遮断したと考えることもできるだろう。もしくは、暗闇でのみケルベロスの能力が発動されるのかもしれない。

ケルベロスの黒ひげと古代兵器プルトン

黒ひげがケルベロスであるという根拠は共通点だけではない。ケルベロスと古代兵器プルトンの関係がより重要である。「プルトン」とはローマ神話のプルートーから来ていると考えられているが、このプルートーとはギリシア神話における冥府の神「ハーデス」である。

ハデスとケルベロス
冥府神「ハーデス」と番犬「ケルベロス」

冥府神「ハーデス」といえば、上の画像のように「ケルベロス」とセットで描かれる。よって、ワンピースにおいても古代兵器プルトンとケルベロスは深い関係にあると考えられる。

古代兵器ポセイドンを導くものがいるように、古代兵器プルトンを操縦するものとしてケルベロスの黒ひげが重要な役割を持つであろう。立場は逆転しているが画像ではケルベロスがハーデス(プルトン)を引いているとも見える。

ケルベロスの能力を持つ黒ひげティーチが悪魔の実を複数得る方法とは

悪魔の実は能力者の体のどこに宿るのか

黒ひげティーチがケルベロスの能力を持っていると仮定して、どのように悪魔の実の能力を複数得ることができたのか。ケルベロスには頭が3つ、したがって悪魔の実が3つ…そう単純に考察してはならない。頭が3つあるからといって3つの実を食べられるだろうか? 答えは否である。

そもそも悪魔の実の能力は能力者の身体のどの部分に宿るのだろうか。当サイトでは「魂」であると考察する。その根拠となるのは以下のセリフ、「ヨミヨミの実」を食べたブルックの言葉である。

ブルック「私をこの世に生かす”力”は…臓器でもない筋肉でもない そう……”魂” !!!」
ワンピース65巻643話

一度死んで白骨化したブルックを「生かす力」とは「ヨミヨミの実」の能力である。つまり、ブルックを生かす力は「ヨミヨミの能力」の宿る魂であるということになる。よって悪魔の実は心臓などの臓器ではなく「魂」に宿ると考察できるだろう。

死者の魂を食べる「ケルベロス」

ギリシア神話における「ケルベロス」の特徴を思い出してほしい。「死者の魂を食べる」のである。

であるならば、ケルベロスの能力を持つ黒ひげティーチは死者の魂、それも悪魔の実が宿った状態の魂を食べることができるのではないか。つまり、黒ひげは「悪魔の実」を複数食べたのではなく、悪魔の実の能力の宿った「魂」を複数食べたのである。冒頭のブルーノのセリフを見返すならば「実を二つ口にしたモノ」には当てはまらないのである。

そう考えると、黒ひげティーチが「ヤミヤミの能力」を奪う際、友達であったサッチを「鉄の掟」を破ってまで殺したことにも納得がいく。単に悪魔の実を手に入れるためであれば、友達を殺す必要はないからである。また、「グラグラの実」の能力を奪った際もやはり白ひげの死亡後であった。この考察を裏付けるセリフとして白ひげとエースが同じ発言をしている。

エース「これを放っといて殺されたサッチの魂はどこへ行くんだ!!!」
ワンピース57巻522話

白ひげ「殺された船員(むすこ)の魂はどこへ行くんだ……!!!」
ワンピース45巻434話

エースと白ひげがわざわざ「魂の行方」を気にする発言をしていることも伏線の1つであろう。

殺されたサッチの魂が「ヤミヤミの能力」とともに黒ひげティーチの中にいるとすれば、エースの発言「人の倍の人生」とは単にエースから見て倍の年齢38歳の黒ひげを指すだけでなく、サッチの記憶を持つ魂と黒ひげの魂の2つで「倍の人生」と言う意味を含むと考えられる。

黒ひげは「ケルベロスの能力」により、死亡したサッチと白ひげの悪魔の実の能力を「魂」ごと食べることによって複数の能力を得た

ローの「オペオペの実」の能力と悪魔の実の宿る場所

(追記:2014.10.25)コメント欄にて指摘があった「ローの能力と悪魔の実の宿る場所」に関して。

スモーカーとたしぎがトラファルガー・ローの「シャンブルズ」によって入れ替わった際に、たしぎがスモーカーの身体で「モクモクの実」の能力を使用していることに関して「悪魔の実が魂に宿る」と矛盾しているのではないかという指摘なのだが、結論から言うと矛盾はしていない。

ローがシャンブルズによって入れ替えたのは「身体のどの部分であるか」が鍵となる。その答えはワンピース本編ではなくコミックス68巻冒頭に描かれている。飛び出したハートのように描かれているのはスモーカーの「精神」であるというのだ。よって悪魔の実の宿る「魂」はスモーカーの肉体に残っているので「モクモクの実」は使用できるのである。

精神と魂とを分ける考えは多くの宗教に用いられている概念であるのでここでは詳しく取りあげないが、尾田先生自身もやはり作中においてこの2つを使い分けていることからワンピースにおいてもやはり別の物であると考えられる。

物が悪魔の実を食べる事例と魂の関係について

(追記:2014.10.25)物が悪魔の実を食べる方法と魂の関係については以下の記事に「クラバウターマン」を根拠に書いているのでそちらを参照していただきたい。

黒ひげと悪魔の実まとめ

以上が黒ひげティーチが複数の悪魔の実を手に入れることができた方法の考察である。れまでケルベロスの仮説には多くの読者がたどり着いているが、ここでは頭が3つに心臓が1つであるケルベロスがなぜ複数の能力を手に入れられたかについて考察した。

皆さんはどう思われるだろうか。反論や感想がある方は下のコメントにどうぞ。

この考察を支持しますか?
  • 支持しない (1)
  • 支持する (6)

考察者:

あわせて読みたい

考察へのコメント 629

  • 匿名

    夜に起きてるほうの黒ひげは登場したことがあったっけ

  • ワンピースに詳しい社会人TK

    とても共感できる内容です。あなたの主張を擁護すべく私の意見を以下に記載します。
    (1) 漫画ワンピースには、歴史や書物など我々の現実世界との何らかの関連性が付与されている。
    黒ヒゲ「マーシャル・D・ティーチ」は、歴史上の海賊「エドワード・ティーチ」が由来であることは自明であり、単に名前だけでなくその特徴や行動も色濃く反映されています。「エドワード・ティーチ」は別名「エドワード・サッチ」と言われることもあり、漫画では、「マーシャル・D・ティーチ」「エドワード・ニューゲート」「サッチ」の3名分の由来に関与していると考えれます。
    物語の流れは、「マーシャル・D・ティーチ」は「サッチ」を殺し「エドワード・ニューゲート」を吸収する、というものであり、すなわち、「マーシャル・D・ティーチ」はこれら3人が1つとなった「三位一体の存在」であり、3つの能力を引き継いでいくものと指摘できます。
    (2) 漫画ワンピースには、いわゆる「何でもアリ」がルフィ以外には適用されず、一定の論理性が保たれている。
    ルフィは主人公であるため特例として、それ以外の人物やストーリーに対する「何でもアリ」がある程度排除されています。これは言い換えると、「マーシャル・D・ティーチ」における「何でもアリ」は存在しないということです。
    したがって、「マーシャル・D・ティーチ」は、ヤミヤミの能力で他の悪魔の能力を大量に取り込むことはできないということであり、吸収できる能力はいくつかに限定されていると考えて問題ないでしょう。
    (3) これまでの「マーシャル・D・ティーチ」に係る発言や特出すべき点
    「あいつじゃない、あいつらだ」「体が異形」「人の倍は生きている」、「3つ顔の海賊旗」「歯並び」「白ヒゲの能力を抜く際にマントで隠した点」などから、「マーシャル・D・ティーチ」は少なくとも「通常の能力者に当てはまる常識は通用しない特異な存在」ということがわかります。むしろ、ここまでしかわかりません、他の方が言っておられるように「これらの理由から多重人格者である、あるいは、心臓が複数個ある」ということは断定できません。
    (4) 「マーシャル・D・ティーチ」に通じる物語の気になる点
    ここまでを整理すると、「マーシャル・D・ティーチ」は白ヒゲ&サッチ(ヤミヤミ)の能力と、もう一つの能力を有していると考えるのが妥当です。
    そして、「マーシャル・D・ティーチ」の謎は、この「もう一つの能力」=「従来から有していた能力」に解明の糸口があるように考えられます。
    その上で、ここからは推測ですが、私が気になる点は、「不完全であるが過度に強調されたケルベロスの存在とそれに対するルフィのリアクション」です。
    過去に、エニエスロビーとスリラーバーグで、それぞれ「三人が合体しただけのケルベロス」「オペで合体したケルベロス」という2種類が描かれました。また、前者ではルフィは過剰に反応し、後者では飼いたいという好意を露わにしています。伏線としては二度に渡って過大な描き方です。
    (5) 他の仮設の否定
    ①ワポルに改造された
    これは間違いでしょう。なぜならば、仮にワポルに改造されたなら外見に顕著に現れるべきであるし、制約が付けれず上述した「何でもアリ」が可能になってしまうからです。また、「ワポルに改造されて3人が1人になった」のであれば、誰と誰と誰が組み合わさったのか?という議論が生まれ、現在のストーリーからそれら3人を描写するには論理性が欠如するため無理があります。
    ②多重人格である、すり替わっている
    これも違います。なぜなら、外見への伏線が既に行われており、かつ、悪魔の実と精神面は無関係であるからです。単純に、「マーシャル・D・ティーチ」には、「複数の悪魔の実を納めることができる肉体的な強さか能力がある」と仮定するのが論理的です。
    【結論】
    以上より仮説を立てると、「マーシャル・D・ティーチ」は、「ケルべロスか、ヤマタノオロチかは定かではないが、三位一体となった能力を有している。そして、3つの能力とは、ヤミヤミ&グラグラ&「3人が1つに肉体に留まる能力」である」
    これ以外の結論は導けませんね?
    以上です。

  • qqq

    ケロべロスは頭は三つですが、体は一つで心臓も一つ・・・すでにスリラーバーク編で  改造ゾンビとして登場していますよ、一匹はキツネでしたが・・・                                                    ヤマタノオロチも胴体一つ、心臓一つです、この幻獣は神道に関わる日本の幻獣ですか  ら、ワノ国編もまだ出ていないのに考えにくいのではないのでしょうか・・                                                ならば、頭三つに心臓三つならキマイラが妥当だと思いますよ。                  

  • aaa

    ケルベロスだとしたら、わざわざ雨のシリュウ失敗を恐れる必要はないのではないでしょうか?
    既にヤミヤミの時点で2つ悪魔の実食べています。
    それに悪魔の実が頭の数で決まるなんてルールありますか?
    体は一つ 心臓の数だって3つでも胃袋に入り栄養分が吸収されるのは一緒ですよ?
    単純にあれは、今まで黒ひげがやっていた物を吸い込むのと物を吐き出す能力を応用しただけではないですか?

  • 名無しのよっしん

    ONEPIECEの何巻かで黒ひげが能力者狩りをしているとジンベエが言っていますたので、
    ケルベロスやらキマイラやらはないのではないのでしょうか?

  • ななしう

    乙ーーーーー

  • nanasi

    能力者狩りについては
    a.単なる能力者殺し → 同能力の"悪魔の実"取得の可能性を高める → 戦力拡大
    b.能力者を潰し、見込みあれば傘下に
    c.暗闇(マント)の中で能力奪取 → そのまま無能力者への能力譲渡
    上記の可能性もあるので、黒ひげ自身が能力取得しているという意味とは限らないのでは

  • わをん。

    ほぉなるほど。
    「ケルベロス」自体が悪魔の実の能力・・・ってのはナシ? そうすればケルベロス・ヤミヤミ・グラグラで3頭になるんじゃない。

  • 匿名

    魚人島の白ひげ海賊団のコマに鉤爪を着けたティーチがいるのでケルベロスはないと思われます

  • kikikik

    黒ひげは三人いる

  • 5

    俺は三つ子だよ

  • こっこ

    僕が思ったのは、ケルベロス説ですね
    あと、これは自分が考えたことですが、モンキーDルフィとマーシャルDティーチ
    は兄弟かなと思いました。
    なぜなら、神話では、ケルベロスは風を操るテューポーンという神の子にあたり、
    風を操る能力者といえばルフィの父、ドラゴンがいるからです。
    しかし、ケルベロスの本当の兄弟、オルトロスは出てきそうにないので、違いますかね…

  • 匿名

    幻獣種 イヌイヌの実モデルケルベロス
    地獄の番犬…ケルベロス…黒ひげ
    冥界の王…古代兵器プルトン
    プルトンは黒ひげの船になる
    あくまで予測

  • 匿名

    黒ひげはチョッパーの生まれたドラム王国を滅ぼした…ドクQを仲間にするため?

  • 匿名

    ティーチの能力はシュラシュラの実でアシュラじゃない?でしょうか、あまり根拠はないですが…

  • 匿名

    「能力者に触れると、一時的に能力を引き込んで使えなくする」
    って旨の黒ひげの発言があったけど、そのヤミヤミの能力の派生だと思ってた
    死者の持っていた能力を永遠に自分のものにできるって感じの能力が
    ヤミヤミの実にはあるんじゃないかって思ってた。

  • 匿名

    あほか

  • 匿名

    〉〉モンキDルフィとマーシャルDティーチ
    は兄弟かなと思いました。
    なぜなら、神話では、ケルベロスは風を操るテューポーンという神の子にあたり、
    風を操る能力者といえばルフィの父、ドラゴンがいるからです。
    根拠なさすぎてワロタwww
    〉〉ティーチの能力はシュラシュラの実でアシュラじゃない?でしょうか、あまり根拠はないですが…
    シュラシュラの実とか勝手に作るなよ厨二病ハゲニートwwww

  • ハンニャバルZ

    なぁるほどな。
    ワンピースに詳しい社会人TKさんのコメントと合わせると更につじつまが合いそうです。
    これ以上はないだろってくらいに。
    ただ、「多重人格ではない」とは言い切れないように思います。
    悪魔の実の能力がブルックのように魂に宿るのであれば、ひとつの体に何人もの人格(魂?)が宿る多重人格者はその人数分だけ実を食べられることになります。
    まあ、実際多重人格というのは何人もの魂が宿っているわけではありませんが。
    こっこさんのルフィとの兄弟説は面白いですね。こういう神話を想定した想像は好きです。
    しかしティーチの海賊旗からして、ケルベロスの能力を持っているという説は有力かと思いますね。
    ワンピースに詳しい社会人TKさんの「不完全であるが過度に強調されたケルベロスの存在とそれに対するルフィのリアクション」
    のくだりも面白いです。
    ティーチ、かなり気になるキャラクターになりました!

  • Mr3

    ケルベロス説は違うと思いますよ?
    伏線からもあきらかなようにシャンクスの左目に傷をつけたのはティーチでありそれは彼の武器の鈎爪でつけられたもの
    ロジャーと白ひげの抗争で若いティーチにケルベロスの能力があるならなんで使わなかったのか?自分の命が潰える恐れもあるときにです。
    これはティーチにはそんな能力は無かったと言う事を証明する出来事です。
    私は当初から検証し多重人格説を述べてきましたがこれは今でも変わりません。
    海賊旗もそれを証明するということです

  • 通りすがりのゲベ

    イイネ!!(•’-‘•)/~
    ローLOVE

  • 匿名

    ただ単に『パイレーツオブカリビアン』のバルバロッサみたいなもんじゃないのかな?

  • 匿名

    口にしたら死ぬ
    口にしなければ大丈夫って事にはならないかな?(笑)
    ドラムを襲った話もありますし
    悪魔の実をそのまま体にいれたとか?
    体が異形とも合いそうな…
    夜に泣いてた絵は、手術後の絵で
    寝れない様子と考えれば

  • 匿名

    黒ひげは、実際にこの世に存在していたことは、誰もがしっていることだが、黒ひげは、1680年ころにうまれたとされています。その本名が エドワード・ティーチそしてまたの名前が エドワード・サッチとされている黒ひげがヤミヤミの実をうばったのは、白ひげ海賊団4番隊隊長サッチ・・・                             サッチとサッチ共通するこれには、なにか説があるのか??

  • NOーName

    ヤミヤミの能力を使い、その闇の中に能力入れといて使うときだけ出せる的な?wwテキトーだけど。でもこれだと体が異形じゃなくてもいけんだよねぇ。黒渦は飽くまで闇に能力を引き込んだりすんだから闇の中に能力を長期的に入れとくのも行けんでしょ。でもそれには相当の体力又は気力が必要だから今はグラグラしかない的な?無視して構わん

  • 匿名希望

    直接悪魔の実を食べなくても
    自分が出した闇を体の中に戻せば能力
    が手に入るとか

  • 6AI

    黒ひげは人の夢を喰うバクの悪魔の実を喰った話を聞いた事があるよ(ゾオン)

  • らちおやじ

    実に面白い。

  • 匿名

    ケルベロス説でしょ。

  • るるるるるるるる

    ロにしないでヤミヤミでてにいれたってことでwww

  • ブレイク

    最近ワンピースの新説(仮説)を自分で見つけるのが趣味の者です。
    皆さんの仮説面白いです。
    それを参考に考えると、次の新説が導けます。
    ケルベロス説が結構言われてるんですが、個人的にはケルベロス説はなしです。
    もしケルベロス説なら白ひげのメンバーも知っていたはずです。
    でもマルコは「異形」と表現した。
    黒ひげの体型が人並み以上に太いということがカモフラージュになっている気がするのですが、おそらく悪魔の実とは別の意味で、誰か別人格を移植か何かで植え付け「もう一人が共存している(身体を共有している)」設定なのではないでしょうか。
    月夜に一人泣く少年時代の描写は、おそらく誰か大事な者(兄弟とか?)の命を心配しているもので、それを自分の身体に移植して生きながらえさせているのでは?と考えています。
    人の倍生きているということと、異形というフレーズを結ぶものは、どちらかがもう一方を移植して生きながらえているから。
    銃を3本持っているのは、勿論予備とも考えられますが、もう1本腕があるのではないかと。
    海賊旗の3つのドクロですが、こちらはまだ検証中です。
    長文失礼しました。

  • ジョエル

    自分は3種の実を食べていて3つの顔があるから海賊旗に3つの顔がかいてあると思います。
    多分、能力でなくティーチそのものが異業種なんじゃないかな。フランキーや魚人みたいに。
    仮説として、バンパイアを立てます。
    悪魔の実の能力を吸収するのに一定量の血液を採取しとりこめば奪えるならバンパイアなら可能。
    人の人生を倍生きたのも寿命が長い。
    バンパイアの姿にならなければ日中問題はない。(よく映画で平気な事を参考)
    エースとの戦いで十字架や杭の技を使い、ティーチ自体もはっとしている。
    幼いころは同じ種族げいないため1人ぼっちで寝れないで活動していた。
    白ひげから能力奪うのにバンパイアになるため暗くした。
    どうでしょう?

  • みんながんばれ

    みんな頑張って

  • みんな考えすぎ。

    ただ、身体がチョー丈夫なだけだよ。
    違うなら、運がいい奴で、死ぬかもしれないけど、運だめしが好きな奴なんだよ。
    賭け事がすきなんだろうね。

  • 匿名

    ↑こいつバカなの??

  • 匿名

    てかさぁ…ネットで考察だのしてるけど漫画出てからの楽しみで良くね⁇
    あーだこーだ言ってて違ってたら恥ずかしいだけだろ⁇笑

  • (*_*)

    ケルベロスで魂を食すに賛成。
    悪魔の実の伝達はベガパンクが解析済みだってハトのやつが言ってたし。その結果、物に実を食わす事が出来た訳で。頭とか心臓とか関係ないわな。物にんなもんないし。でも、物にも魂はあるぜ。メリー号の様に。

  • 匿名

    クロコダイルダディがヒントだね。

  • すべてを知る者

    黒ひげの昔は三つ子
    ゴア王国で三人の魂を一人にした
    これから黒ひげはカイドウのライオンの能力も手に入れる
    ストーリー的にラスボスは最強になるもの
    ロギア最強=闇 パラミ最強=地震 ゾオン最強=百獣
    ちなみに次の仲間はマンシェリー姫
    女性枠だし、種族が小人で性格が悪くかわいい、
    作者が一緒に冒険をさせて書き続けたいキャラに間違いない

  • あやのん(小学生)

    なんか「D」が名前にある人は、何個でも悪魔の実を食べても大丈夫って聞いたよ。

  • マタワレ人魚

    黒ひげ…興味深いです。
    ケルベロスはないと思うな。
    黒ひげの異形はシャム双生児的なものだと思う。映画トータルリコールに出てきたクエード。兄弟の体の一部として生きているもう一人の人格。これだと異形と言うのが説明つく。人の倍ってのはもうすでに一人目は死んでドラム島で手術した。残りは今の黒ひげと隠されたもう一人…。

  • 元アシ

    皆さん勝手な妄想しなさんな。
    はっきり言っておく。ティーチはドラゴンの実の兄貴。
    要するにだ、ルフィの叔父。
    マーシャルとはキリスト教では風の神、ドラニノンの兄となっている。

  • 匿名

    非常に興味深い記事です
    サッチが実を手に持っていたコマ描写がそもそもミスリード
    なのかもしれませんが、「サッチが実を食べる前に殺して奪った」
    と思い込んでいました。(最初から力ずくで奪ったか、交渉はしたが
    成立せずに最終的に力ずくになったかのどちらかで)
    しかしこの記事の推理を当てはめると、サッチは既にヤミヤミの実
    を食べていて、そのままサッチを殺してしまうとメラメラの実同様、
    どこかにまた生えてはくるだろうが、いつどこかは全く分からない。
    それよりも黒ひげのもつ謎の能力において、ヤミヤミの実を食べた
    サッチを魂ごと取り込んだという見解が成立しそうですね。

  • みんな言ってることがちがうww

  • もしも阿修羅の能力ならひとひとの実モデル阿修羅がいいな!!
    でも、阿修羅だったらゾロとキャラかぶる…

  • サンタ

    でも、阿修羅ならひとひとつながりでセンゴクきたら楽しい(((o(*゚∀゚*)o)))
    海賊のトップと、海軍のトップ一緒とか
    面白い
    チョッパーもその伏線で…

  • 月の民

    悪魔の実は月の食べ物
    黒ひげはある法則によりグラグラを手に入れ食べた
    これは黒ひげにとって最大の賭けだった ドン!!

  • 月の民

    意味分からない方コメントください「藁」

  • 匿名

    960の月の民さん
    月の食べ物ってどこかに伏線とかありました??
    単なる妄想なら興味ないです。

  • ブレイク

    海賊旗の検証の結果、あの3つのドクロが意味するのは「ゾオン」「ロギア」「バラミシア」の3種の能力者の中でも最強である、ということだろうと推察できます。
    闇の能力を発動させたすぐの頃にそういう発言がありました。
    赤髪や白ひげのように物理的な特徴を旗にする者もいますが、クリークのように「砂時計」を模したジョリー・ロジャーは「恐怖」を煽る抽象的な意味合いでした。つまり、必ずしも3つの魂だとか、3つの人格みたいなことでもなさそうです。
    「異形」に関するイメージですが、↑の[マタワレ人魚]さんのおっしゃっている内容にすごく近いです。
    子ども時代の描写に「月」がわざわざ描かれていたのは、「闇」が本当は怖かったということなのかも知れません。今後ヤミヤミの実を欲しくなった理由が語られるのかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。