「空白の100年に存在したとされる「巨大な王国」はどこに存在したのか。世界政府が恐れる巨大な王国の「正体」と「思想」とは? 「Dの意志」「ジョイボーイ」との繋がりを考察する。

かつて栄えた「巨大な王国」とは何か

「巨大な王国」に関するクローバー博士の仮説

まず、「巨大な王国」に関する情報を振り返る。ワンピース本編で「巨大な王国」について描かれたのは、考古学の聖地オハラの回想における考古学の権威クローバー博士の以下のセリフである。

尾田栄一郎「ONE PIECE」41巻395話/集英社

クローバー博士「遥か昔の文献と発見したいくつかの”歴史の本文(ポーネグリフ)”を読み解く事で我々はやがて一つの国の存在に気づいた……今はもう跡形もないが 文献の上に浮かび上がったのは ある巨大な王国の姿……!!」

引用:ワンピース41巻395話

オハラの考古学者たちが「”空白の100年”に打ち立てた仮説」として、クローバー博士の口から語られた「巨大な王国」に関する情報は以下である。
 

「巨大な王国」とは

  • 空白の100年以前の文献とポーネグリフの解読によって存在が判明
  • 空白の100年に「20の王国の連合国」と敵対した
  • かつて強大な力を誇ったが、敵に敗れて滅亡し、現在は跡形もない
  • ポーネグリフに歴史を刻み、ある「思想」を未来に託した
  • 「古代兵器」の情報を持っていた
  • 世界政府は王国の「存在」と「思想」を脅威に思っている

これらを元に「巨大な王国」が栄えた「空白の100年」がどのような世界であったのかについて考察していこう。

「巨大な王国」を滅ぼした「連合国」

「巨大な王国」には、それを滅ぼした「何らかの敵」がいたとクローバー博士は推測した。

クローバー博士は、敵がその後の歴史に生き残っているはずであるとし、空白の100年が明けた直後に「世界政府」が創設されたことから、その敵とはのちに「世界政府」と名乗る連合国であるとした。

世界政府を創設したのは、天竜人の祖先である「20人の王達」であるから、「連合国」とは「巨大な王国」と敵対した「20の王国」によって構成された連合国ということになる。

「巨大な王国」の思想と「Dの意志」

「巨大な王国」と「20の王国の連合国」の敵対関係

「巨大な王国」とはどのような王国であったのか、まず、世界政府が恐れる「巨大な王国」の思想を考えてみたい。その思想はは「巨大な王国」と「20の王国」の連合国の敵対関係から考察することができる。


連合国と「巨大な王国」

ならば、「巨大な王国」の思想とは「Dの一族」が受け継いでいる「Dの意志」とイコールであると考えてよいだろう。「D」の存在を世界政府が恐れていることからも「巨大な王国」の思想と「Dの意志」は同じものであると考えられる。

巨大な王国の思想を受け継ぐ「Dの意志」

Dの意志については、「Dの意志考察」で以下の3つの思想であると考察した。

Dの意志

  1. 自由
  2. 多種族共存
  3. 世界の破壊

1の思想については、「D」の名を持つ人物達が「支配ではなく自由を求める」という内容の発言をしていることを根拠としている。特にその思想はロジャー、ルフィ、ガープのセリフによく表れているとした。

2の思想については、ドラム王国編でDr.くれはがルフィのどの行動に「Dの意志」が生きていると感じ取ったのかを振り返り、人間から迫害を受けていた「チョッパー」へ差別や偏見なく接するルフィの態度を取り上げて考察した。

3の思想については、ドレスローザ編での元天竜人ロシナンテによるDの一族の目的は「世界の破壊」であるという発言を根拠としている。

「Dの意志」に関しては、以下の「Dの意志考察」に詳しく考察している。

【Dの意志】受け継ぐ「3つの思想」を考察…神の天敵の正体と世界の破壊の目的
宿命の種族「D」の正体とは、Dの由来や意味、Dの一族の目的「世界の破壊」とは何か。ワンピースにおいて最も重要な伏線の一つ「Dの意志」について、Dに関する謎をまとめ、Dの一族の全てを考察する。

元天竜人ロシナンテは「Dの一族は天竜人と相対する思想を持つ」と語っている。ここで導き出した「Dの意志」が妥当であるかを確認するため、「天竜人の思想」についても見ていこう。

連合国の思想を受け継ぐ「天竜人の思想」

天竜人の思想は「Dの意志」と対照的であり、まさに「相対する思想」となっている。

天竜人の思想

  1. 支配
  2. 種族主義
  3. 世界の創造

1の思想については、海軍本部を後ろ盾として一般市民を武力で支配する天竜人の存在そのものである。

2の思想に関しては、天竜人が「血統」を重んじて自らを「神」と自称し、その他の人間を「下々民(しもじみん)」と呼んで蔑んでいる様子が描かれている。

3に関しては、天竜人が「世界の創造主」と呼ばれていることから、「グランドライン」と「レッドライン」によって4つに分断された現在のワンピース世界を創造したと考察した。

ここまで見てきたように、「Dの一族」と「天竜人」の思想は対照的に描かれている。このことから、「空白の100年」に敵対関係にあったとされる「巨大な王国」と「20の王国の連合軍」の思想も同じく相対するものであったと考えてよいだろう。

世界政府が恐れる「巨大な王国」の思想とは「Dの意志」と共通であり、「自由」「多種族共存」「世界の破壊」の3つを基本とした思想である。

ここまで、「巨大な王国」の思想を見てきたが、「巨大な王国の思想」と「Dの意志」が共通であるならば、「Dの意志」を受け継ぐ「ルフィの目指す世界」こそが「巨大な王国」の姿なのではないか。

ここからは、空白の100年における「巨大な王国」がどのような国家であったのかを考察する。

Dの一族が導く「世界の夜明け」と「巨大な王国」

Dの一族が導く「世界の夜明け」

Dの意志考察では「D」の意味を「DAWN(夜明け)」であるとし、Dの一族とは「新しい時代を作る」という意味で「時代の夜明けを起こす者」であるとした。

ゾウ編で「世界の夜明け」というキーワードが登場し、文脈から「時代の夜明け」と同義であると考えられる。よって、Dの一族は「世界の夜明けを起こす者」であり、天竜人が支配する現在の世界は「夜」であると言える。

「夜明け」に訪れるのは同じ太陽であるから、夜明けに現れる「世界」とは、かつて「巨大な王国」が栄えていた世界と共通するのではないか。

日暮れ→夜→夜明け
空白の100年の世界→現在→夜明け後の世界

だとすると、ルフィの目指す世界こそが「巨大な王国」が栄えた世界であり、ルフィが理想とする「王」が「巨大な王国」の「王」だと考えられる。

Dの一族が導く「夜明け」と共に訪れる世界は、かつて「巨大な王国」が栄えた世界であり、ルフィが目指す世界である。また、かつて栄えた「巨大な王国」の王がルフィの理想とする王である。

ルフィの目指す「王国」については明確に描かれていないが、ルフィの目指す「理想の王」については語られている。

ルフィの描く理想の「王」と「巨大な王国」の領土

ルフィの理想の王「海賊王」とは

ルフィの目指す「王」と言えば「海賊王」である。

「海賊王」とは

「ひとつなぎの大秘宝」を見つけ、「この世の全て」を手に入れた者の称号。

また、海賊王とは海賊達の頂点であり、「支配者」と捉える者が多いが、ルフィの思い描く「海賊王」は少し違っている。

レイリー「キミにこの強固な海を支配できるか!?」
ルフィ「支配なんかしねェよ この海で一番自由な奴が海賊王だ!!!」

引用:ワンピース52巻506話

ルフィは海賊王とは「一番自由な奴」という認識をしている。ここにも「支配ではなく自由」というDの一族の思想が表れている。

さらに、ルフィは「海賊王」について以下のような発言をしている。空島に神として君臨したゴッド・エネルとの会話である。

エネル「カイゾク王? そいつはどこの王様なんだ…?」
ルフィ「世界の偉大な海の王だ!!!!」

引用:ワンピース30巻280話

先ほどのセリフと合わせて考えると、ルフィは海賊王を「世界で最も自由な海の王」と捉えているということが分かる。

海賊王=世界で最も自由な「海の王」

自らを「神」と称し、ルフィが唯一の「天敵」であったゴッド・エネルとは、明らかに天竜人を意識したキャラクターである。

「アッパーヤード」を「神の島」「聖域」と呼び、その地に君臨したゴッド・エネルに対し、ルフィが目指す「王」とは、土地などに縛られない「海の王」であるとその対比が示されている。

よって、ルフィの目指す「王」には、支配する「土地」は必要ない。「支配しない」ということは特定の領土を持たないということである。そのことをよく示しているシーンがある。

「麦わらの大船団」とルフィの「理想の王国」

ドレスローザで共に戦った海賊達が麦わらの一味の傘下に加えてほしいと願い出た際、ルフィは「窮屈」であるとして断った。その際、ルフィはこんな発言をしている。

ルフィ「だからよ!! おれは”海賊王”になるんだよ!!! 偉くなりてェわけじゃねェ!!!」
一同「??」(中略)

ルフィ「もしおれ達が危ねェと思ったら その時は大声でお前らを呼ぶから!! そしたら助けてくれよ!!!」(中略)

バルトロメオ「…なんか言いてェ事が事がわかってきたべ ルフィ先輩にとっての”海賊王”の意味が 偉いんでねぐて”自由”……!?」

引用:ワンピース80巻800話

結果的に勝手に「子分盃」を飲んだ船長らが「麦わら大船団」を結成し、ルフィは「大頭」となった。

しかし、傘下の海賊団は麦わらの一味の航海には同行せず、ルフィのビブルカードを受け取った船長達それぞれが「自由」に航海し、困った時は助け合うという形となった。

これこそがルフィの目指す「王」であり、「国」であるのではないか。ルフィの考える「王様像」から、ルフィが理想とする「王国」が見えてくる。そして、それこそが「夜明け」に復活する「巨大な王国」の姿である。

「巨大な王国」の領土

ルフィが理想とする「海賊王」とは世界中に仲間を持ち、「領域」に縛られず、海を自由に航海する。だからこそ、「海賊王」とは偉大な「海の王」なのである。

だとすれば、ルフィが王となる「王国」とは、何を持って「国家」となるのだろうか。現実の世界では「国家の三要素」とされる国家の定義がある。

「国家の三要素」

  1. 領域
  2. 国民
  3. 主権

このうち、ルフィの目指す「国家」は「領域」と「主権」を放棄していると言える。ならば、残るのは「国民」である。この点に関して、「アラバスタ王国」の国王コブラがある印象的な言葉を繰り返している。

コブラ「原因もわからず この国の民を討ち滅ぼすというのか!!? それこそが国を滅ぼすということだ!! いいか国とは”人”なのだ!!!」

引用:ワンピース19巻167話

コブラ「…”反乱軍”にこの宮殿を落とされるから何だというのだ…!!! 言ったはずだぞ 国とは”人”なのだと!!!」

引用:ワンピース19巻167話

この「国とは人なのだ」というセリフは、まさにルフィの「理想とする国」を表している。国を形成する要素は「人」であり、「領土」ではない。

ルフィが「海賊王」となった世界で、ルフィの治める王国とは「特定の領土を持たず、人と人とが繋がる世界」であり、「夜明け」とともに呼び起こされる、かつて「巨大な王国」が栄えた世界である。

よって、かつて栄えた「巨大な王国」とは、ワンピース世界全体のあらゆる種族とのネットワークを持ち、まさに「巨大な王国」を形成していたと考えられる。

「巨大な王国」と「アラバスタ王国」

アラバスタ王国といえば、空白の100年に「巨大な王国」と敵対した連合国側の王国の1つであった。しかし、800年前にマリージョア移住を拒否したネフェルタリ家は天竜人にとって「裏切り者」という立ち位置なのである。

「ネフェルタリ家」は明らかに天竜人とは違う思想を持っており、それこそがマリージョア移住拒否の理由ではないだろうか。

さらに、「巨大な王国」が残した「リオ・ポーネグリフ」を所持していることから、アラバスタ王国は「巨大な王国」と深い繋がりがあったと考えられる。

だとすれば、コブラ王の「国とは人」という思想は「巨大な王国」の思想であった可能性が高いのである。

巨大な王国は「国とは人」であるという思想を持ち、巨大な領土は持たず、世界中の人々と繋がることで、ワンピース世界全体にネットワークを持つ「巨大な王国」を形成した。

「巨大な王国」と偉大なる海の王「ジョイボーイ」

「海賊王」と巨大な王国の王

「夜明け」に訪れる世界の王が「海賊王」ルフィであるとして、かつて栄えた「巨大な王国」の王とは誰であったのか。「巨大な王国の王」については、先ほど以下の関係を示した。

ルフィの理想の王= 海賊王 =巨大な王国の王

そして、海賊王とは「ひとつなぎの大秘宝」を手に入れた者の称号であるから、かつて「ひとつなぎの大秘宝」を手にし、それを残した人物が「巨大な王国」の王であったと考えられる。

したがって、空白の100年における巨大な王国の王とは「ひとつなぎの大秘宝」を残した人物=ジョイボーイである。

巨大な王国の王と「ジョイボーイ」

ゴール・D・ロジャーがグランドラインを制覇して「海賊王」となった際、かつてロジャーが魚人島で聞いた「海王類の会話」が描かれた。

海王類「生まれるよ……!! ぼく達の王が生まれるよ…遠い海でも生まれるね………2人の王がまた出会う日をクジラ達も喜んでいる ぼくらもずーっと待っていた あと少し…今度はきっとうまくいく」

引用:ワンピース96巻968話

海王類が語る「ぼく達の王」とは人魚姫しらほしであるから、「今度はきっとうまくいく」とは、魚人島で語られた「ジョイボーイの約束」を指している。

そして、「2人の王がまた出会う日」とあることから、空白の100年に当時の人魚姫と約束を交わした「ジョイボーイ」もまた「王」であったということになる。

「ジョイボーイ」とは「JOY BOY」であり、「窮地に笑う」Dの一族と非常に関係の深い人物であるとした。また、未来に現れる「ジョイボーイ」の正体をモンキー・D・ルフィと考察している。

よって、空白の100年における「巨大な王国」の王とはジョイボーイであると考えてよいだろう。

巨大な王国王:ジョイボーイ
↓ 夜明け
新しい世界王:ルフィ

ちなみに、アラバスタ編で、ルフィが「国」について語っているセリフがある。

ルフィ「おれ達がこの島に来た時には もうとっくになかったぞ………!! あいつの国なんて………!!」
クロコダイル「?」(中略)
ルフィ「ここが本当にあいつの国なら もっと…!!! 笑ってられるはずだ!!!!」

引用:ワンピース22巻204話

ルフィにとって「王」とは自由であり、「笑う」存在である。ジョイボーイの「JOY」とは、そんな「自由に笑う王」の姿を表しているのではないか。

空白の100年における「巨大な王国」の王は、グランドライン最後の島に「ひとつなぎの大秘宝」を残した人物=ジョイボーイである。

「ジョイボーイ」については以下に詳しく考察している。

ジョイボーイのヤバすぎる真実!!ルフィの麦わら帽子とマリージョアの国宝の正体を考察
ワンピース最重要伏線!!! ワノ国編で新たに明かされた「ジョイボーイ」の意味を考察。魚人島のポーネグリフに謝罪文を残した「ジョイボーイ」の正体とは。未来にジョイボーイの約束を果たしに来る人物は「麦わら帽子」を被ったルフィであるのか。また、古代兵器ウラヌスや「マリージョアの国宝」との関係は…

まとめ:ジョイボーイの宝「ひとつなぎの大秘宝」とは「巨大な王国」であるか

「巨大な王国」の思想と正体まとめ

ここまで、かつて栄えた「巨大な王国」について、その正体を以下のように考察した。

巨大な王国は「国とは人」であるという思想を持ち、巨大な領土を持たず、世界中の人々と繋がることで、ワンピース世界全体にネットワークを持つ「巨大な王国」を形成した。

世界政府が恐れる「巨大な王国」の思想とは「Dの意志」と共通であり、「自由」「多種族共存」「世界の破壊」の3つを基本とした思想である。

空白の100年における「巨大な王国」の王は、「ひとつなぎの大秘宝」を残した人物=ジョイボーイである。

「ひとつなぎの大秘宝」と「巨大な王国」

「ジョイボーイ」と「巨大な王国」については、さらに重要な繋がりがある。

「ひとつなぎの大秘宝」を手にした者が「海賊王」であるなら、「ひとつなぎの大秘宝」とは「巨大な王国」そのものなのではないか。

海賊王= ワンピースを手にした者の称号
ジョイボーイ= ワンピースを残した者 = 巨大な王国の王
よって
ワンピース=巨大な王国?

このサイトでは「ひとつなぎの大秘宝」の正体を「支配と差別のない自由な世界そのもの」であると考察している。

だとすれば、この記事で考察した「巨大な王国」の思想と正体とはほぼ一致していると言えるだろう。

ただし、それは「未だ実現されていない世界」であるので、最後の島「ラフテル」にあるのは、ワンピースの実現方法を示す何かであり、ロジャーが見たのはその「可能性」であったと考えられる。

したがって、ジョイボーイの残した宝とは「ジョイボーイの残した課題」であると言える。

笑い話の意味とは…ワンピース考察者がガチで「ひとつなぎの大秘宝」の正体を考えてみた 最新情報
ワンピース最大の謎「ひとつなぎの大秘宝」の正体わかっちゃった!!? 最新話「笑い話」の意味とは?これまでに描かれた「ワンピース」に関する伏線と謎、有力説を全てまとめました。

そして、「ひとつなぎの大秘宝」の実現には3つの「古代兵器」が必要である。だからこそ、巨大な王国はポーネグリフに古代兵器の情報を残したのである。この点については「ワンピース最終回考察」に詳しく書いている。

「巨大な戦い」は既に描かれている!古代兵器の用途とドレスローザ
未来に起こる世界中を巻き込む程の「巨大な戦い」とは何か。ワンピース最終章「巨大な戦い編」についてドレスローザ編に描かれた伏線を読み解き、最終回考察「巨大な戦い編」として考察する。

この考察にコメントする

1件のコメント

  1. ヒシダ・D・コウシロウ

    ビビルトン

1コメント

コメントをどうぞ