世界を滅ぼせる程の力があるとされる古代兵器「プルトン」「ウラヌス」「ポセイドン」。ワンピース最終回において古代兵器は重要な役割を果たすであろう。以下では、個々の古代兵器の正体を探る前提として3つの古代兵器全体の目的について考察する。

古代兵器の伏線が描かれているエピソード

そもそも、古代兵器は何の為に存在するのか。そのヒントはワンピース作中の至る所に隠されている。以下、ワンピース本編の記述より古代兵器の目的を探る。なお、古代兵器に関する伏線が描かれているのは主に以下の4つのエピソードである。

  • 第1回プルトン編「アラバスタ」
  • 第2回プルトン編「ウォーターセブン及びエニエス・ロビー」
  • 第1回ポセイドン編「空島」
  • 第2回ポセイドン編「魚人島」

古代兵器が「兵器」と呼ばれる理由

まず、「古代兵器」という名称についてであるが、「兵器」というからには「敵を攻撃する目的で作られたもの」と考えるのが一般的である。しかし、ワンピースにおいては「攻撃を目的とした兵器」と単純には言えない描写が数多く見られる。例えば以下のセリフは魚人島において3つの古代兵器の名が明かされたシーンである。

神の名を持つ3つの古代兵器
尾田 栄一郎「ONE PIECE」66巻650話/集英社

何の為にか遠い昔に実在した この世界を滅ぼせる程の力…”神”の名を持つ3つの古代兵器「プルトン」「ウラヌス」「ポセイドン」
ワンピース66巻650話

古代兵器とは「世界を滅ぼせる程の力」であるが、その目的がわからないというのである。この表現はプルトンの設計図を見たアイスバーグのセリフにも描かれている。

アイスバーグ「………!! 何の為にこんなもの…」
(ワンピース37巻355話)

やはりここでも「何の為に」というセリフが用いられており、古代兵器とは単純に攻撃のための兵器ではなく、他の目的を持つであろうことが窺えるのである。

ならば何故「兵器」と呼ばれるか、その理由もやはりワンピース本編に描かれている。

ミス・ダブルフィンガー「目的がどうあれ人を殺める事ができる物を……武器と……そう呼ぶのよ」ワンピース21巻192話

プルトン編であるアラバスタにおいて、この192話とは古代兵器「プルトン」の名が作中に初めて登場した回である。よってここでの「武器」とは「古代兵器」を暗示していると考えてよいだろう。

つまり、古代兵器とは攻撃を目的としたものではなく、その殺傷能力により「兵器」と呼ばれるようになったというヒントが示されているのである。

古代兵器とは「ある目的」を持つものであるが、その強大な殺傷能力のため「兵器」と呼ばれるものである

3つの古代兵器が存在する真の目的とは

だとすれば、古代兵器の真の目的とは何か。古代兵器ポセイドンの記述を見てみよう。

古代兵器ポセイドンの用途
尾田 栄一郎「ONE PIECE」63巻626話/集英社

オトヒメ「人を救おうとすれば幾千もの命を救える愛の力 悪意を持てば世界を海に沈めてしまえる程の怖い力」
ワンピース63巻626話

ここでのセリフはポセイドンを表しているので、後半部分を冒頭の「世界を滅ぼせる力」と置き換えると、古代兵器は以下のように相反する作用を持つ事がわかる。

人の命を救う力世界を滅ぼす力

既に見たように古代兵器の目的が世界を滅ぼすことでないとすると、その真の目的とは「人の命を救う力」ということになる。

これを裏付ける根拠として、やはり古代兵器編アラバスタに以下のようなシーンがある。

ビビ「なぜ毎日戦いの訓練をするの?」
ペル「護衛兵ですから……この国をお守りする為です 強くならなければ」
ビビ「誰と戦うの?」
ペル「さァ 戦う事より…守るのです」
ビビ「違うの?」
ペル「…目的の違いです」
ワンピース23巻208話

この208話のタイトルが「守護神」であることから「神の名を持つ」古代兵器を暗示していると考えると、やはりここでも、古代兵器ポセイドンと同じ様に「戦う」のではなく「守る」という「目的の違い」が表現されている。

ポセイドン編空島においても「神」と名乗るエネルに対し、ルフィが「何一つ…!!!救わね神がどこにいるんだ!!!」(32巻298話)と叫んでいる。

よって「神」とは人々を救うものであると考えられており、このことが兵器に「悪魔の名」ではなく「神の名」がつけられている所以でもあるだろう。

古代兵器の真の目的とは「何らかの脅威から人々を救う」ことであり、それ故に「神の名」がつけられている。

ここからは、古代兵器編のストーリーから古代兵器の目的について考えてみよう。

古代兵器編に共通するモチーフからの考察

古代兵器編にはある共通するモチーフが描かれている。それは町や国を襲う「自然災害」である。

  • プルトン編「アラバスタ」:砂嵐と干ばつ
  • ポセイドン編「空島」:エネルによる雷
  • プルトン編「ウォーターセブン」:高潮「アクア・ラグナ」

まず、「古代兵器」という言葉が初めて登場したプルトン編「アラバスタ」ではクロコダイルの能力による砂嵐やダンスパウダーによる干ばつが深刻な問題となっていた。

そして、古代兵器「ポセイドン」の言葉が初めて登場した「空島」編では、エネルのゴロゴロの実の能力によって空島が崩壊するほどの雷という大災害が描かれた。

さらに、第2回プルトン編である「ウォーターセブン」においては、「アクア・ラグナ」という巨大な高潮が町を襲った。ここでもやはり、水害というテーマが古代兵器とともに物語の中心として描かれている。

このように、古代兵器に関するエピソードには、町や国を滅ぼすような巨大な災害が必ず描かれており、これは古代兵器編以外には見られない特有のテーマである。よって古代兵器は巨大な災害と密接に関係していると考えられるのである。

これまで見たように、古代兵器の真の目的が「何らかの脅威から人々を救うこと」にあるならば、その脅威とは巨大な災害であると導き出せる。

古代兵器編の個々のエピソードに描かれたのは国や町、島を破壊するような災害であることから、ワンピースの物語終盤に起こる古代兵器が必要となるほどの大災害とは、世界中を巻き込む天変地異のようなものとなるだろう。

その時に意味を持ってくるのが、ポセイドン編魚人島にてルフィの叫んだ以下の言葉である。

ホーディ「しらほしも!! 魚人島も てめェの仲間達も!!! お前ごときにゃ何も守れねェんだよ!!!」
ルフィ「いいや…全部守る!!! その為の”2年”だったんだ!!!」
ワンピース65巻639話

世界中を巻き込む天変地異については、以下の記事に詳しく考察したので、そちらを参照のこと。

Dの意志には3つの意味が…死に際に笑うDの一族の数奇な運命を考察
Dの意志には3つの意味が…死に際に笑うDの一族の数奇な運命を考察
受け継がれる意志=「Dの意志」とは何か。宿命の種族「D」の正体とは?「D」の由来や意味、Dの一族の目的である「世界の破壊」とは…ワンピースにおいて最も重要な伏線の一つ「Dの意志」について、…
古代兵器とは世界中を巻き込む大災害から人々を救済するためのものである

以上、古代兵器に関して、ワンピース作中の記述から古代兵器全般の目的を考察した。次回、個々の古代兵器の目的と正体について考察する。

この考察にコメントする

135件のコメント

  1. 匿名

    イオ大陸

  2. 匿名

    いいねー

  3. 匿名

    んねーー

  4. 匿名

    カポネの船が吸い付けられた星か隕石みたいなのとウラヌスは関係無いのかな。あれは藤虎の仕業?

  5. 匿名

    プルトン=冥界の王ハデス→ゲッコー・モリア、スリラーバーク
    ポセイドン=海の神→しらほし姫
    ウラヌス=天空の神→エネル、マクシム
    なわけねえか

  6. 匿名

    古代兵器は元々は兵器ではなく海を一つにするために作られたのではないでしょうか(オールブルー)
    プルトンは島を破壊し、ポセイドンは海流を作り、ウラヌスは…浮いた島や沈んだ島を普通の島に戻すための何か…

  7. 匿名

    プルトンが一発で島を消滅できる古代兵器として他の古代兵器も島を消滅できるとしましょう
    またワンピースが宮崎駿監督のアニメに影響されていると仮定すると自然にウラヌスとは何なのかが見えてきます
    プルトン→砲台によって普通の島を消滅
    ポセイドン→海王類によって海中の島を消滅
    ウラヌス→天空の城ラピュタのように空の島を消滅
    天空の城ラピュタには木がありました
    ラピュタとラフテル
    似ています
    ラフテルは天空にあり、悪魔の実がなる木があるのではないでしょうか
    悪魔の実は高値で取引されます
    ロジャーの宝とはそのことではないでしょうか

  8. 匿名

    そーですか
    興味深いです
    空ジマ長過ぎて読んでないです

  9. 匿名

    なるほど

  10. 匿名

    災害は多いなあとは思ってたけどありえるな

  11. 匿名

    いや、だが何で天変地異が起きることに…?
    ここ何百年も滅んでいない(恐らくそれ以上)のに、急に古代兵器が必要な災害が?
    関連は分からなくもないが、最終目的に天変地異が起きて古代兵器で乗り越えるところが分からない
    そして、誰が救うの?
    海軍が利用したら悪用で終わり
    しかし、ルフィ達がそのために動くってのは、ちょっと想像できない

  12. 匿名

    急ぎすぎた。というセリフがきになる。レイリーや白ひげがいってるけど、なにかこまるのかな?

  13. 匿名


    レイリーはともかく、白ひげはそんなこと言ったっけ…
    すまない、どこか分かる?

  14. 匿名

    ノアの方舟的ななにか…かなぁ

  15. 匿名

    古代兵器とは想像と破壊、創り変える手段なのでは?古代兵器を考えると浮かぶのは、グランドラインに変化があるのかも!ポセイドンは海王類の王、プルトンは巨大な戦艦、ウラヌスはカームベルトに関係するのでは?

  16. ねぎ

    「悪魔」の対義語としては「天使」の方が妥当のように思うのです。
    悪魔の実の能力と古代兵器の戦力には類似性があるように思うのです。
    そして、その能力は均衡しているように思います。
    グラグラの実+???=ポセイドン
    マグマグの実+???=プルトン
    ゴロゴロの実+???=ウラヌス
    ???は神の意志を伝えるもの「天使」。ゴロゴロに実にはナミかな?と思います。
    すべての能力を導くものとして(ゼウス的な存在)で、人を束ねる能力
    (覇気)+(ゴムゴムの実)or(イトイトの実)
    を持つものがいるのではないかと思います。
    ルフィは今ポセイドンとゴロゴロの実の「天使」が味方にいるのかな?

  17. 匿名

    お前は何を言っているんだ
    グラグラとポセイドン?マグマグとプルトン?ゴロゴロとウラヌス?
    意味が分からない
    天使が味方にいるってなんだよw

  18. 匿名

    ウラヌス=天空の神=天駆ける竜の蹄の神・宝物=マリージョアの国宝
    と予想します。管理人さんは如何考えますか?

  19. 匿名

    当然世界貴族が作った物ではなく、天空の神を奪い所有する人という意味で我らこそ天竜人と自ら名乗った

  20. 匿名

    オペオペは、ポーネグリフの石材に密閉されたウラヌスを動かすにはシャンブルズが必要なため。というのもシャンブルズは医療行為とはかけ離れ異彩を放っている。ウラヌスのために設定された特別な技と予想します

  21. 匿名


    天駆ける竜の蹄の神って何?

  22. 匿名

    天竜人の神ってこと
    天空の神の元の人間ってことで天竜人と自称

  23. 匿名

    蹄のマークは奴隷につけられた刻印で、竜に踏みつけられた人=天竜人の奴隷・・・を表現していると考えられるので、ウラヌス=天空の神=天駆ける竜の神・宝=マリージョアの国宝
    ・・・ですね

  24. 匿名

    なるほど。オペオペは国宝を操作するための絶対条件なのか?と想像してました。
    単に封印から開放するためにシャンブルズを使うだけか!

  25. 匿名

    踏みつけられて奴隷
    ウラヌス=天空の神 
    ってなに?
    プライドの高い彼らが、それより上を認めるとは思えない
    自分を神と自称しているような奴らなんだが…
    オペオペにしても、そんなに重要なら政府はもっと欲してるはず
    海軍を簡単に動かせないのだとしても、そんなのルフィや四皇どころの話じゃない
    ルーキーの内に奪えるよう、必ず大軍を向かわせるはず
    いくらなんでも、シャンブルズがそんなに重要とは思えない

  26. 匿名

    古代兵器の名はギリシャ神話の神の名から取っている。ウラヌスは天空の神の名。。らしい
    天竜人の奴隷には竜の蹄の刻印がされている。竜に踏み付けられた人間=天竜人の奴隷って意味
    ではマリージョアの国宝とオペオペの関連はどう予想します?
    シャンブルズで場所移動は非常に単純な発想ですが、これ以上オペオペオペに究極奥義とか無いと思いまして

  27. 匿名

    すまん、焦って言葉足らずでした
    踏みつけられて奴隷  と  天空の神  の寒冷性が分からない、ってことです
    確かに元ネタは神で、名前しか出てないウラヌスは外に関係してる可能性はある
    けど、それでも天竜人の国宝が古代兵器の可能性は低すぎる
    持ってるなら、それを使って世界を支配すればいいだけの話だもの。大将に頼ってる彼らが力による支配を拒む理由がない
    持ってるのがバレたって、問題になるとは思えん。むしろ「だから古代兵器は我らのモノだ。現れたらよこせ」くらい言いそうだし
    オペオペがそこまで関与しているのも、微妙
    既に述べたように、それほど重要なら政府は絶対に動いていると思うから

  28. 匿名

    最初、天空の神=天駆ける龍の蹄の神・宝としたので
    蹄は関係がありませんでしたね。蹄は龍に踏みつけられた人間を象徴したマーク(奴隷の刻印)なので・・・という意味でした。判りにくくてすみません。
    国宝がウラウスであってもなくても、それが使えない・使えるようにするためにオペオペを必要としているのは明らかですよね。
    答えが出るのには10年かかると思いますが
    物語のクライマックスは
    海の神・ポセイドン⇒海(賊王)ルフィー
    冥界の神・プラトン⇒闇・ケルベロス 黒ひげ
    天井の神・ウラヌス⇒天竜人
    で戦うと予想しています

  29. 匿名

    古代兵器を武器にするのは、[プラトン]黒ひげだけでは?
    [ウラヌス]は麦わら・革命軍連合が世界政府・天竜人を倒し革命軍となったローが奪取する
    更に[ポセイドン]と黒ひげから奪った[プラトン]で世界をひっくり返す=革命=夢の果て
    と妄想するが、それではワンピースの役割は?・・・となってしまう
    私はワンピースは世界をひっくり返す(もとに戻す)為の指南書=リオポーネグリフそのものだと予想します。
    ルフィの夢の果てへと導く指南書ですね。
    夢の果てと革命がほぼ同一で、ワンピースがリオポーネグリフであるなら、ロビンを革命の灯と呼ぶ理由になります。
    皆さんは、ワンピース自体、またはワンピースと古代兵器の位置付け(=関係性)に関して、どう予想されます?

  30. 匿名

    既出ですが、
    プルトンは火力でレッドラインの一部を消し去り
    ウラヌスは気候操作でカームベルトを消し去り
    ポセイドンは海王類でノアを運ぶ
    その時、海王類を操るしらほし とウラヌスを操るナミ
    それ故、親近感湧いたんですよね?恐らく先祖も一緒!!
    プルトンは設計図を知るフランキーが担当ですね
    黒ひげが使いこなせなかった秘密の機能を発見するのでは?

135コメント

コメントを残す