最新ワンピース考察

【ワンピース】ゴッドバレーはどこに?隠蔽された古代兵器プルトンとの関係は

この記事は移動されました。

スリラーバークはゴッドバレー跡地か?その奇妙な共通点を考察|ワンピース1096話追記
スリラーバークはゴッドバレー跡地か?その奇妙な共通点を考察|ワンピース1096話追記
ゴッドバレー跡地はスリラーバークか?もしも消滅したとされる島が海賊船となっていたら…ゴッドバレーとスリラーバークのリンクから考察します。追記:ワンピース最新話ネタバレ注意。

【ワンピース】ついにマリージョア潜入!ドラゴン率いる革命軍の目的とこれまでの動き

世界政府を倒す勢力「革命軍」とはどんな組織か

まず、ワンピースにおける「革命軍」とはどんな組織であるかをおさらいしておきましょう。新世界編の最新情報も追加しています。

革命軍とは

革命軍とは、世界政府を直接倒そうと活動する組織であり、革命軍現リーダーはルフィの父「モンキー・D・ドラゴン」。これまで、白土の島「バルティゴ」を拠点としていたが、黒ひげ海賊団に壊滅させられ、カマバッカ王国に本部を移した。革命軍の思想は世界中に広がり、クーデターや反乱によって、いくつもの国を滅亡に追い込んでいる。

これまでにワンピースに登場した革命軍に関する情報は以下です。

革命軍についてわかっていること

  • 世界政府を直接倒そうとする力(45巻432話)
  • 世界政府の敵となる危険な思想を持つ(16巻142話)
  • リーダーであるドラゴンは「世界最悪の犯罪者」とされている(45巻432話)
  • 革命軍の思想により世界各国で反乱を招いている(45巻432話)
  • 白土の島「バルティゴ」を拠点としている(45巻440話)
  • 世界政府による差別とその隠蔽体制の打倒を目標とする(60巻587話)
  • 自由の為共に戦う意志のある者を募る(60巻587話)
  • 奴隷解放に携わる(56巻546話)
  • ニコ・ロビンを「革命の灯」として探していた(60巻593話)

以上をまとめると、ワンピースにおける革命軍の目的は自由な世界を目指し世界政府を打倒することであると考えられます。

変人揃い!革命軍メンバーまとめ

世界会議(レヴェリー)編に突入し、革命軍の軍隊長など新しい革命軍メンバーが登場しました。

現在判明している革命軍メンバー

  • 総司令官:モンキー・D・ドラゴン
  • 参謀総長:サボ
  • 幹部:エンポリオ・イワンコフ
  • 幹部:イナズマ
  • 幹部:コアラ
  • 東軍軍隊長:ベロ・ベティ
  • 西軍軍隊長:モーリー
  • 南軍軍隊長:リンドバーグ
  • 北軍軍隊長:カラス
  • 情報管制官:テリー・ギルテオ
  • 兵士:バニー・ジョー
  • 兵士:ハック
  • 元幹部:バーソロミュー・くま

革命軍メンバーについては、次の記事に詳しく考察しています。

【ワンピース考察】あの人も革命軍!? サボ コアラ トラファルガー・ローまで
【ワンピース考察】あの人も革命軍!? サボ コアラ トラファルガー・ローまで
ワンピースの物語終盤に大きな役割を果たすであろう革命軍。ここでは今後革命軍に加入するであろう人物サボ、コアラ、トラファルガー・ローについて現革命軍メンバーとの関係などを元に考察する。

革命軍のこれまでの動き

革命軍の拠点は「カマバッカ王国」へ

これまで、革命軍はグランドラインにある白土の島「バルティゴ」を拠点としていましたが、黒ひげ海賊団によって破壊されたため、「カマバッカ王国」に本部を移し、世界会議を前に幹部たちが集結しました。

革命軍幹部のマリージョア潜入

世界会議が開催される聖地「マリージョア」にサボらが潜入しました。いよいよ天竜人に宣戦布告するべく作戦を立てているようです。

天竜人の奴隷となった元革命軍幹部バーソロミュー・くまを奪還するため、海軍大将「緑牛」「藤虎」と革命軍軍隊長らが衝突しました。

現在更新中

【ワンピース907話】ロックス海賊団? 40年前にカイドウ&マムが所属した組織とは

ビッグ・マムとカイドウに関係する40年前の「ロックス」とは

まず、ワンピース907話「虚の玉座」で登場した「ロックス」に関するセリフを見ていきましょう。

ヒナ「でもガープ君……!! ビッグ・マムとカイドウと言えば あなたが海軍の『英雄』と呼ばれるゆえん」
ガープ「『ロックス』か……!! ヒナお前 若いのによう知っとるのう ロジャーの前は間違いなく奴らの時代じゃった!! しかしもう40年前の話 過去は過去じゃ!」
ヒナ「船長を失っても力は増してるわ ヒナ心配」
ガープ「心配などムダじゃ!! 復活すりゃ脅威じゃが事件は必ずわしらの想像を超えてゆく」
ワンピース907話

このセリフから「ロックス」はビッグ・マムとカイドウが関係していた組織であると分かります。海賊同盟とも考えられますが、「船長を失っても力は増してる」という部分から、その組織とは海賊団であり「ロックス海賊団」といったところでしょう。

40年前にガープがその船長(ロックス?)を倒し、海軍の英雄と呼ばれるようになったようです。

「英雄」とされるぐらいなので、ガープがその船長を倒したであろう戦いはかなり大規模なものと想像できます。

40年前とはいえ、後に四皇となるビッグ・マムとカイドウが所属し、ロジャーの前の時代を作ったとされていることからも「ロックス」がかなりの強大な勢力であったことは間違いありません。

少し前のワンピース903話でコビーは「ロッキーポート事件で市民を守った英雄」とされていました。海軍において「英雄」と呼ばれる条件が多くの市民を救う事であるとすると、ガープも「ロックス」との戦いで民間人を救ったのではないかと考えられます。

シャッキーは「ロックス海賊団」の一員か

「40年前」といえば、シャボンディ諸島でこんな会話がありました。

シャクヤク「昔 ガープに追いかけられた事があるわ」
ハチ「シャッキーは昔 海賊やってたんだ」
シャクヤク「もう40年も前に足を洗ったけどね」
ワンピース51巻498話

シャボンディ諸島のバーの店主シャッキーことシャクヤクですが、40年前の海賊時代にガープと関係することから「ロックス」のメンバーであった可能性があります。

→ 90巻SBSにて尾田先生が回答していました。

D:「海賊」「40年前」「ガープ」こう来たらシャッキーを連想せずにはいられません。シャッキーと”ロックス”には何か関わりがあるのですか?
O:う…!! 40巻も前なのになんでそんな事覚えてんの? し…知らないっすよ! フ…フュー♪ フュー♪
ワンピース90巻SBS

やはり、「ロックス」とシャッキーには何かしらの関係があるようです。

ワノ国で登場する「過去最大の敵」とは「ロックス」であるか

「ロックス」がビッグ・マム 、カイドウと関係していたのであれば、同世代の四皇のもう1人「白ひげ」との関係が気になります。

  • ビッグ・マム 68歳
  • カイドウ(不明)
  • 白ひげ 74歳(72歳没)
  • シャンクス(39歳)
  • 黒ひげ(40歳)

もしも、「ロックス」が白ひげと関係するならば、もう1つ気になる事があります。

「ジャンプフェスタ2018」での尾田先生の「重大発表」は以前取り上げましたが、以下のような意味深な内容となっていました。

さて、来年はいよいよワの国へ!!いくぜ!!!(わーっ!!キャー!!)←歓声 おめーそれ去年も言ってたよなという情報通もいるかもしれません。言いましたけど? いけると思ったんですもの。

では 更に今回は新しい情報も加えておきましょう。来年中には皆さんにONE PIECEの世界に潜む伝説を一つ紹介する事になるでしょう。それはルフィ達にとって過去最大の敵となって我々の前に立ちはだかって来る事になります。

白ひげが関係してくるかも知れません。あ、しゃべりすぎました。頂上戦争? アレがかわいく見えてくるなんて信じられますか?「ジャンプフェスタ2018」

このメッセージから以下の情報が読み取れます。

  • ONE PIECE世界に潜む伝説
  • 過去最大の敵
  • 白ひげと関係する
  • 頂上戦争を超える戦いになる

「ロックス」が白ひげと関係するならば、この「過去最大の敵」が「ロックス」である可能性は非常に高いと言えます。

【世界会議編】ついに革命軍が動く!!?レヴェリー編に張られた革命軍の伏線を考察

世界会議に革命軍は動くのか!?イリシア王国レヴェリー参加の意味

イリシア王国(イルシア王国)(西の海)

出席者:タラッサ・ルーカス(未確定)

イリシア王国とは、ドラム王国編で描かれた8年前のレヴェリーで革命家ドラゴンを危険視する発言をした国王タラッサ・ルーカスが治める国です(名前は「ONEPIECE YELLOW」より)。

ワンピース本編には国名や人物名は登場しませんでしたが、82巻823話にはレヴェリーへ向かう各国の船の中に「ILISIA」と描かれた船が登場しています。

イリシア王国から参加する人物はまだ確定していませんが、過去のレヴェリーで国王が革命家ドラゴンを危険視していたことから、今回のレヴェリーでも革命軍と関係してくる可能性が高いです。

8年前に開かれたレヴェリーの議題で危険視された革命家ドラゴンが、世界への影響力を増して、今回のレヴェリーで大きなうねりを起こすとしたら熱い展開です。やはり何かしらの形で革命軍は世界会議に関係してくると考えられます。

革命軍の現在と世界会議

現在、革命軍の総本部「バルティゴ」は黒ひげ海賊団によって壊滅させられ、総司令官ドラゴンと参謀総長サボ含む革命軍メンバーの居場所は不明です。死傷者の情報は出ていないというので、革命軍はどこかに拠点を移したのかもしれません。

直前までバルティゴにいたドラゴンはコアラに次のような命令を出していました。

ドラゴン「あいつらの力が必要だ 世界に散る革命軍全軍のリーダー達を収集しろ…!!!」ワンピース80巻803話

ドラゴンが革命軍全軍のリーダーを集める理由は今のところ判明していませんが、何かしらの行動を起こそうとしていることは間違いありません。

ステリー再登場!!世界会議で革命軍サボとの対面はあるのか!?

ゴア王国(東の海)

出席者:ステリー王 / 王妃サリー・ナントカネット

ゴア王国から出席するステリー王にも注目です。ステリーはゴア王国過去編で登場したサボの義弟です。将来を有望視され、養子としてサボの父親に引き取られました。

サボの両親は息子が王族の娘と結婚することを願っていたので、ステリーは両親の願い通りに王族の娘と結婚してゴア王国国王となったようです。

身分の低い者を「ゴミ」と呼ぶなど性格は幼少期から変わっていないステリー。貴族であることを恥じ、現在は革命軍となったサボとは当然相容れないでしょう。

ステリーはサボが天竜人に撃たれて死んだと考えているはずですが、サボとのレヴェリーでの再会はあるのでしょうか。サボがマリージョアを訪れるとすれば、革命軍の動きと関連しているはずです。

レヴェリーを機に革命軍は動くのでしょうか。

レヴェリーでついにワポルが動く!?サクラ王国ドルトンとの因縁は

サクラ王国(グランドライン)

出席者:国王ドルトン / くれは(船医)

因縁

悪ブラックドラム王国(南の海)

出席者:国王ワポル

世界会議にはサクラ王国(元ドラム王国)から国王ドルトンが参加します。

「サクラ王国」とはかつてワポルが治めていた元ドラム王国ですが、ワポルがルフィに敗れた後、国名を「サクラ王国」と改め、元ワポルの部下ドルトンが新しい国王になりました。

一方、国を追われたワポルは「悪ブラックドラム王国」を建設して国王の座に返り咲き、祖国の王となったドルトンを引きずり落とそうと企んでいます。

レヴェリー編にワポルとコブラと革命軍の因縁

ワポルとの因縁といえば、アラバスタの国王コブラもまた、ドラム王国編に描かれた8年前の世界会議で言い争いをするシーンがありました。

当時のレヴェリーでの議題は革命家ドラゴンに関するものでした。当時、ドラム王国の国王だったワポルは「革命家などに惑わされる様な国政はやっとらん」と言い放っていましたが、現在、悪ブラックドラム王国が革命軍によって反乱を起こしているなんて展開もあるかもしれません。

【解説】新世界突入!全てはここから始まった!パンクハザード編を理解する

ベガパンクの元実験施設「パンクハザード」とは

魚人島を出発した麦わらの一味は、パンクハザードからの緊急信号を受け、指針を無視してパンクハザードに到着しました。そこで、麦わらの一味は「パンクハザード偵察隊」と「サニー号チーム」に分かれます。

パンクハザードとは

政府の科学者ベガパンクの元実験施設であり、兵器や薬物の開発がされていた場所。4年前に化学兵器の実験失敗によって有毒物質が撒き散らされ封鎖された。事故から1年後、シーザーの能力により毒ガスは浄化され、現在はシーザーの研究施設となっている。

パンクハザードはもともとベガパンクの元実験施設でした。

ベガパンク

海軍科学班のトップであり「世界最大の頭脳を持つ男」と呼ばれる天才科学者。

– 対立 –

シーザー・クラウン

Dr.ベガパンクの元同僚であり、大量殺戮兵器製造の一人者。

さらに、パンクハザードは海軍本部大将赤犬と青雉の決闘の地でもあります。

赤犬と青キジの決闘

頂上戦争後、次期元帥の座に赤犬が就くことに青キジが反対したことで2人は対立し、パンクハザードで10日間に及ぶ決闘が行われた。その影響により、島は「燃えさかる炎の土地」と「凍てつく氷の土地」に二分されている。

【時系列】パンクハザードでの出来事

〜4年前 ベガパンクの実験施設
4年前 化学兵器の実験に失敗 パンクハザード封鎖
3年前 シーザーが住み着き毒を浄化
2年前 赤犬と青キジの決闘 気候の変化
2年前 茶ひげ上陸
数ヶ月前 トラファルガー・ロー上陸

さて、そんな「パンクハザード」に上陸した麦わらの一味の行動を振り返ってみましょう。

パンクハザードでの麦わらの一味の動き

「パンクハザード偵察隊」

緊急信号を出した人物を探しにパンクハザードへ上陸したルフィらは、火を噴くドラゴンに遭遇します。ゾロによって倒されたドラゴンの頭に刺さっていたワノ国の侍 錦えもん(下半身)を連れて島の反対側へ。

ワノ国の侍 錦えもん

「狐火の錦えもん」の異名を持つワノ国の侍。「ドロン」と唱えることで衣服を作り出す能力を持つ。行方不明の息子「モモの助」を探している。

ブルックからの連絡でサンジらが行方不明になったことを知り、目的を変更して仲間救出に向かいます。

途中、元海賊茶ひげに襲われるも、駆けつけたブルックに助けられ、ワニのケンタウロスである茶ひげに乗って研究所へ。

「サニー号チーム」

サニー号に残されたサンジ、ナミ、チョッパー、フランキー、ブルックは何者かの放った催眠ガスで眠らされ、研究所へ連行されます。その際、ブルックだけは連行されませんでした。

目を覚ましたサンジらはシーザーの研究所内で錦えもん(頭部)と出会いました。

研究所から脱走したサンジらは、脱走途中に出会った巨大な子供達に助けを求められました。子供達を連れ研究所を出た際、トラファルガー・ロー及びスモーカー率いる海軍G-5と出くわします。

ビスケットルームの子供たち

病気の治療のためと騙されてパンクハザードへ連行され、「人の巨大化」の実験台にされた子供達。巨人族並みの腕力を持つ。

スモーカー率いる海軍G-5支部

海賊を無慈悲に扱う無法者集団。緊急信号を盗聴しルフィを追ってパンクハザードへ。

一方、死体と間違われサニー号に残されたブルックはガスマスク姿をしたシーザーの部下を倒しました。この時、サニー号は島の反対側へ運ばれており、上陸したブルックはシーザーの研究所を発見します。

さらに、ブルックは錦えもん(胴体)と遭遇しています。

研究所入り口:ローのジャンブルズによる入れ替わり

研究所入り口ではトラファルガー・ローと海軍G-5が戦っていました。ローの「オペオペの実」の能力により、スモーカーは心臓を抜かれました。

オペオペの能力者トラファルガー・ロー

王下七武海、ハートの海賊団船長。超新星の一人としてシャボンディ諸島でルフィと共闘し、頂上戦争ではマリンフォードからルフィを保護して女ヶ島に送り届けた。「オペオペの実」の能力者であり、一定範囲にサークルを発生させ、その内部を手術室のように支配できる「改造自在人間」。

さらに、サンジらはローの「ジャンブルズ」によって精神を入れ替えられました。

そこへ到着したルフィら偵察隊チームとブルック。麦わらの一味は合流し、ローの指示で研究所の裏口の山へ。

シーザー・クラウン登場と殺戮兵器「シノクニ」公開実験

パンクハザード編中盤、主要敵キャラである「シーザー・クラウン」がようやく登場します。

シーザー・クラウン

大量殺戮兵器製造の第一人者。悪魔の実「ガスガスの実」の能力者で、体をガスに変化させたり、毒ガスなどを放出できる。かつてはDr.ベガパンクの同僚で、科学班のNo.2であった。4年前、パンクハザードで化学兵器暴発事故を起こし、政府に捕まるも監獄船から脱走した。

シーザー・クラウンはある計画を進めています。

殺戮兵器「シノクニ」公開実験

シーザー・クラウンは炎の土地から「スマイリー」という怪物を呼び起こしました。

スマイリー

シーザーのペットであり、「サラサラの実モデルアホロートル」を食べたゲル状有毒ガス。もとは4年前の事故で使われた毒ガス爆弾「H2Sガス(硫化水素)」であり、火をつけると爆発する。

スマイリー(H2Sガス)…毒が効いても動けるという問題点
殺戮兵器「シノクニ」…体に纏わりつき全身をマヒさせる

効力を追加するキャンディを与えられたスマイリーは毒ガスとなり、その場にいた作業員を襲い、次第に島中に広がっていきます。

兵器の公開実験

パンクハザードに麦わらの一味と海軍G-5が迷い込んできたことを機に、シーザーは兵器の公開実験を行うと宣言します。実験の様子を新世界各地の闇のブローカーに配信し、兵器の取引を持ちかけました。

トラファルガー・ローの策とは?海賊同盟と一味の動き

一方、海軍との戦闘後に再びルフィの前に現れたローはある提案をします。それが麦わらの一味とハートの海賊団との海賊同盟です。

麦わらの一味 -海賊同盟- ハートの海賊団

同盟の目的は四皇の一人を倒すことでした。標的となる人物の名前を聞き、同盟を結ぶことに承諾したルフィでしたが、ルフィは同盟を友達のようなものと捉えているようです。

トラファルガー・ローの策

ローは四皇の一人を倒すための策があると言い、順を追って進めればそのチャンスを見出せると考えています。

第一段階シーザーの誘拐
第二段階不明

最終目標四皇の一人を倒す

シーザー捕獲後の計画はここでは明かされていません。

ローと同盟を結んだ麦わらの一味は、再びチームに分かれて行動します。「侍探しチーム」「子供達の見張り」「シーザー誘拐班」「薬の情報調査班」です。以下、それぞれの行動を追います。

侍探しチーム @中間の湖

無事に錦えもんとその胴体を見つけた後、研究所へモモの助救出に向かう
ゾロ・サンジ・ブルック

子供達の見張り @研究所跡

シーザーに敗北。子供達は「空飛ぶガス風船」で連行されてしまいます。
ナミ・ウソップ

両チームともシノクニの毒ガスに追われ研究所へ走り、ギリギリ避難しました。

シーザー誘拐班

ルフィら「シーザー誘拐班」と子供達に投与された薬を調べに向かったローは、シーザーに捕まり、海楼石の錠をされて檻に入れられてしまいます。
ルフィ・フランキー・ロビン

「薬の情報調査班」のチョッパーだけは捕まらずに研究所内に隠れていました。

捉えられたメンバーはシーザーの行う公開実験の実験台にされ、檻ごと研究所の外へ放り出されます。

しかし、捕らえられたふりをしていたローの策でその場を脱出した面々は研究所内へ避難し、反撃を開始します。

それぞれの目的とパンクハザード脱出ルート

シノクニの毒ガスを逃れ無事に研究所内にたどり着いた麦わらの一味。研究所の外には既に毒ガスが立ち籠めています。

八方を毒ガスに囲まれた研究所から外気に触れずに直接海へ脱出できる通路が一本だけあるとローが説明します。

「R棟66番ゲート」 → 港のタンカーを奪ってパンクハザードを脱出

従って、麦わらの一味とロー、海軍G-5らはそれぞれの目的を達成しつつ、R-66の扉を目指すこととなります。

それぞれの目的

ルフィ
シーザー誘拐
ロー
SAD製造室の破壊(後述)
スモーカー
ヴェルゴとの対決
G-5&ナミ
誘拐された子供達を保護
錦えもん
息子「モモの助」の捜索
茶ひげ
元部下の救出

しかし、シーザーによって研究所の外壁は破壊されてしまいます。最終的にシーザーはR棟に全員を誘導し封鎖した後、毒ガスを送り込むことで「巨大ガス室」を作り、その映像をブローカ達に配信しようと目論んでいました。

ドフラミンゴとゾオン系人造悪魔の実「SMILE」

強気なシーザーですが、そのバックに王下七武海ドンキホーテ・ドフラミンゴが付いていることがわかりました。さらに、そのドフラミンゴが人造悪魔の実を製造しているという事実が明かされました。

ゾオン系人造悪魔の実「SMILE」とは

人造悪魔の実スマイルドフラミンゴの工場で作られる人造悪魔の実。シーザー・クラウンがパンクハザードで製造する薬品「SAD」が原料である。ドフラミンゴは新世界で「SMILE」を使って大物達と取引をしており、既に四皇の一人は「SMILE」を使い、何百人もの能力者軍団を組織しているという。

「SMILE」の原料である「SAD」を作れるのは、シーザー・クラウンただ一人です。そのため、ローはシーザー・クラウンの誘拐を企て、パンクハザードにある「SAD」の製造工場を破壊しました。

科学者シーザー・クラウン原料「SAD」を提供

ドンキホーテ・ドフラミンゴ

「SAD」を原料に人造悪魔の実「SMILE」を製造

「SMILE」を取引
四皇含む新世界の大物達

人造悪魔の実「SMILE」の製造を止め、ドフラミンゴのビジネスを邪魔をすれば、取引先である新世界の大物達が動き出し、世界がうねり始める。ローの最大の狙いがここにあります。

モモの助とベガパンクの人造悪魔の実

モネとの戦いで研究所地下のゴミ箱に落ちたルフィは錦えもんが探す「モモの助」と出会います。

モモの助

モモの助ドレスローザからパンクハザードに向かう船に誤って乗船し、誘拐された子供たちと一緒にパンクハザードへ渡る。研究所内の「秘密の部屋」にあったベガパンクの「人造悪魔の実(失敗作)」を口にしてしまい、龍の姿に変身した。その後、研究所地下のゴミ箱に落ちてしまい出られなくなってしまった。

モモの助の龍の能力で地上へと脱出したルフィはシーザーを倒しに向かいます。

シーザー・クラウン捕獲とパンクハザード脱出

シーザーと対峙したルフィは「お前の顔はもう見たくねェ」と、シーザーをR-66の扉ごと吹き飛ばします。その映像は闇のブローカー達にも配信されていました。

SADを運び出す為のトロッコに乗り「R棟66番ゲート」から港へ脱出したルフィら。ルフィの攻撃で飛ばされたシーザーも無事捕らえ、シーザー誘拐というローとの同盟の第一目標を達成します。その後のそれぞれの動きは以下です。

パンクハザード脱出後のそれぞれの動き

麦わらの一味
グリーンビットへ(ロー、錦えもん、モモの助も同行)
海軍G-5
誘拐された子供達を家まで送り届ける
茶ひげ
海軍に捕まり監獄へ

海軍交えた勝利の宴の後、麦わらの一味はパンクハザードを後にします。

ドフラミンゴ登場と青キジの覚悟

シーザーを連れた麦わらの一味を追い、ドンキホーテ・ドフラミンゴがパンクハザードに現れましたが、麦わらの一味は既に出港した後でした。

麦わらの一味を逃したスモーカーに迫るドフラミンゴ。間一髪のところで、青キジが止めに入ります。「お前と戦う気は無い」と言うドフラミンゴですが、気になるセリフを残します。

ドフラミンゴ「お前今…何者なんだ!!!クザン!!!いい評判は聞かねェぞ(中略)ただの放浪者と何かを決断した男の顔は違う…!!」出典:尾田栄一郎「ONE PIECE」70巻699話

赤犬との決闘に敗れ、海軍を去った青キジは現在何をしているのでしょうか。スモーカーは「闇」と通じているのではと疑っています。

パンクハザード編に残された謎

  1. パンクハザード入り口に海軍、世界政府のマークと共に描かれたマークの意味は(66巻565話)
  2. 巨人より大きい頭蓋骨の正体(66巻565話)
  3. ベガパンクが創り出した竜に天竜他人がつけた名前とは(67巻664話)

【ワンピース】ゾウ編が分からなくなったらここを読め!あらすじまとめ

パンクハザードを出港した麦わらの一味はナミが持つビブルカードを頼りに幻の島「ゾウ」に到着しました。 まず、ゾウ編で起こった出来事を時系列で追っていきましょう。ONE PIECE 80巻から82巻までのネタバレを含んでいるのでコミックス派の方はご注意ください。

ワンピースの伏線一覧

ひとつなぎの大秘宝の正体考察

ワンピース最大の伏線「Dの意志」考察

ワンピース「古代兵器」考察

ワンピース最大の謎「悪魔の実」考察

「空白の100年」に関する考察

ワンピース最終章「巨大な戦い」考察